株主優待

Amazonに株主優待は無い?優待制度がなくてもAmazonギフト券を入手する方法を解説

Amazonに株主優待は無いのか解説

Amazonは世界各国で利用されているネットショッピングを運営している企業で、知らない日本人は居ないでしょう。

国内のネットショッピングを見ても、Amazonはずば抜けて利用率が高く幅広い層から支持されています。

Amazonは近年ネットショッピングだけでなく、映像関連のサブスクリプションを提供しているので今後の企業成長も期待できます。

今回はAmazonの株主優待について詳しく解説します。

Amazonは日本でも親しみのある企業ですが、本社が海外にあるので国内株式には上場していません。

Amazonギフト券を株主優待で手に入れる方法を紹介するので、Amazonの株主優待について知りたい人は参考にしてください。

Amazonは米国企業なので株主優待制度はない

Amazon

Amazonの本社はアメリカで、株式上場もアメリカ市場で上場しているので株主優待制度はありません。

よってAmazonの株主優待を受けることはできません

外資企業は一般的に株主優待制度が無く、稀にスターバックスコーヒーのように実施することころもありますがかなり稀な事例です。

株主優待は日本独特の制度

株主優待制度は日本独特の制度であって世界共通の配当ではありません

アメリカ市場の場合、企業は配当金を年に4回配り配当利回りも国内株式の数倍あります。

株主優待が無い代わり、他の部分で還元しているので国内株式が得をしている訳ではありません。

Amazonジャパンが株式上場すれば株主優待が新設される可能性がある

Amazonジャパン合同会社が国内で株式上場すれば、株主優待を新設する可能性があります。

しかしAmazonジャパンは株式会社でなく、合同会社なのでまず株式上場する可能性がありません。

Amazonジャパンが株式会社に変わると上場する可能性はでてきますが、本社の経営方針が変わらない限り株式会社になることはありません

Amazonに株主優待がなくてもAmazonギフト券は入手できる?

Amazonの株主優待は無いと説明しましたが、Amazonが国内株式上場していなくてもAmazonギフト券を入手することは可能です。

Amazonギフト券は株主優待特典の商品券ジャンルに入っており、優待特典としてAmazonギフト券を提供している会社があります。

Amazonサービスを割引以外でお得に利用する制度などは受けることができませんが、Amazonギフト券は貰えるのでおすすめです。

他の企業が株主優待としてAmazonギフト券を提供している

各企業によって株主優待内容は異なりますが、商品券を提供しているところは比較的多いです。

Amazonギフト券も商品券の1種で、株主は好きな商品をお得に利用することができるので、Amazonギフト券が貰える銘柄は人気が高くなっています。

株主優待でAmazonギフト券を提供している銘柄を紹介

株主優待でAmazonギフト券を提供している銘柄を紹介します。

Amazonギフト券以外も利用できる優待内容もあるので必見です。

Amazonに投資して、株主優待でAmazonサービスを有効的に利用したいと考えていた人は購入を検討してみてください。

今回は株主優待内容だけでなく、投資するリスクに関しても説明しています。

どのような投資でもリスクは伴うので、Amazonギフト券の為に資産を大きく損失させないように注意してください。

日本アジアグループ(3751)

日本アジアグループ株式会社

日本アジアグループは空間情報事業を展開している持ち株会社です。

色々な環境問題に取り組み、安心で安遠な地域まちづくりの実現を目指しています。

日本アジアグループの株主優待内容は以下の通りです。

日本アジアグループの株主優待内容

  • 1000株以上:Amazonギフト券1000円分
  • 2000株以上:Amazonギフト券2000円分
  • ※3年以上継続保有者は1000株以上で25000円分・2000株以上で5000円分に変更

日本アジアグループは1000株以上の保有で株主優待の対象となっています。

1000株以上の保有は初心者にハードルが高いので、ある程度資産に余裕のある人におすすめできる銘柄です。

日本アジアグループの株主優待を受け取る為に必要な資金
株価 1006
1000株 1006000円

日本アジアグループの株主優待を受けようと考えると、初期投資が100万円以上かかります。

少額投資で株主優待を得ようと考えている人には難しい銘柄なので、10万円以内に済ませたいという人は株価が安く1株・100株以上で株主優待を受けられる銘柄を購入しましょう。

日本アジアグループへ投資するリスク

日本アジアグループは投資ファンドの米カーライル・グループと実施中のMBOに関するTOB価格を引き上げると2021年1月頃に発表してから株価は上昇傾向にあります。

旧村上ファンドもTOBを実施すると考えており、当社株の争奪戦によって株価が急上昇している状態です。

5年間の株価推移を見ると、2021年になってから高騰している状態になっているので、TOB争奪戦が落ち着く時期をみてから投資を考えるのも一つの手段です。

CARTA HOLDINGS(3688)

CARTA HOLDINGS

CARTA HOLDINGSはメディア関連事業やアドテクノロジー関連事業を展開している企業です。
CARTA HOLDINGSはネット媒体に強い企業ということもあり、株主優待もデジタルギフトとなっています。

CARTA HOLDINGSの株主優待内容

  • 100株以上:1000円分のデジタルギフト「デジコ」ギフトカード
  • ※Amazonギフト券、App Store&iTunesコードなど交換可能

CARTA HOLDINGSの株主優待はデジタルギフトとなっているので、Amazonギフト券の他にアイチューンズカードに交換することもできます

Amaonギフト券以外の選択肢もあるので、電子マネー系の株主優待がほしいという人に最適の銘柄です。

CARTA HOLDINGの株主優待は100株以上からとなっているので、最初に紹介した日本アジアグループより購入しやすい価格となっています。

CARTA HOLDINGSの株主優待を受ける為に必要な資金
株価 1550
100株 155000円

約16万円で株主優待を受けられるので、初心者も手軽に購入できます。

10万円以下の投資目的の人には厳しいですが、お手頃な値段で1000円分のAmazonギフトを入手できるのでおすすめです。

CARTA HOLDINGS へ投資するリスク

CARTA HOLDINGSは2017年から2018年にかけて高騰し2020年には最安値を叩き出していましたが、除々に上昇している傾向にあります。

コロナショックでインターネットを利用する人たちが増加し、CARTA HOLDINGSの業績にも良い影響を与えています。

株価変動は安定している状態なので、Amazonギフト券目的に株を購入しても良いでしょう

株主優待は商品券やギフト券を配布している企業が多い

株主優待は商品券やギフト券を配布している企業が多数存在します。

Amazonギフト券に限定すると、提供している企業は少なくなりますが種類を限定しない場合は色々な銘柄から選ぶことができます。

他の商品券でもAmazonで買える商品を割引することはできるので、自分がなんの商品を購入する為に必要なのか考えておくと有効的に銘柄を厳選できます。

【2021年最新】株主優待おすすめランキングTOP10

Amazonギフト券以外のギフト券もチェックしよう

Amazonギフト券以外にも商品を割引する優待券はあります

百貨店の優待券や家電量販店の優待券は、各店舗で利用できるので購入したい商品によっては、Amazonギフト券を入手するより安く購入できる可能性があります。

食品系をギフト券で購入しようと考えている人はおこめ券を配布している銘柄がおすすめ

食品系の購入でAmazonギフト券を探している人は、おこめ券がおすすめです。

おこめ券は、名前の通り「おこめと交換できる券」で生活必需品であるお米を入手することができます。

1000円分のAmazonギフト券より優待利回りが高いので、食品購入を考えている人はおこめ券を提供している企業をチェックしてみましょう。

Amazonに株主優待制度はないが他の企業が株主優待でAmazonギフトを提供している

Amazonに株主優待はありませんが、Amazonギフト券を株主優待として提供している会社はあるということがわかりました。

しかしAmazonギフト券より有効的に利用できる商品券を提供しているところがあるので、優待券で商品購入を考えている人は購入する予定の商品を考えて銘柄を選ぶことをおすすめします。

投資初心者は株価変動による損失に注意しよう

株主優待は株を保有することによって特典が貰えますが、株価の変動によって資産を損失させる恐れがあります。

初心者は、初期投資をなるべく抑えて損失した時も少なく抑えられる状態で投資を始めましょう

最初から100万円以上の投資を始めると、失敗した時に取り返しのつかないことになる場合があります。

株式投資で失敗する原因は?失敗する人の特徴と成功するためのポイント

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力