株主優待

ANA株主優待券で予約した航空券をキャンセルするとどうなる?キャンセル手数料や再度利用できるのか解説

ANA株主優待券で購入した航空チケットをキャンセルするとどうなるのか解説

ANA株主優待券はANA航空チケットを半額で購入できる優れもので、株主優待で高い人気を得ている特典です。

しかしフライトを半額で購入しても、急な予定でキャンセルしてしまうこともあります。

通常であればキャンセル料が発生しますし、半額で購入したチケットも無駄になってしまいます。

そこで今回は、ANA株主優待券で予約した航空券をキャンセルするとどうなるのか詳しく解説していきます。

ANA株主優待券で購入した航空チケットは通常購入と違う扱いになっており、仕事などでキャンセルの多い人に最適の条件となっているので必見です。

今後ANA株主優待券で航空チケットを購入しようと考えている人や、キャンセルしたいけどどうなるのか知りたいという人は参考にしてください。

ANA株主優待券で予約していればキャンセル料がかからない

ANA株主優待券で航空チケットを予約した場合、出発時刻前であればキャンセル料が無料になります。

払戻手数料が430円かかりますが運賃額100%戻ってくるので、ほぼ損をすることがありません。

通常チケットの場合、キャンセル料が場合によって100%取られてしまうので、ANA株主優待券での航空チケット購入は非常にお得な内容となっています。

出発時刻以降でも運賃額の20%で済む

購入した航空チケットの出発時刻を過ぎた場合、通常であれば100%キャンセル料が発生しますが、ANA株主優待券での購入だと運賃額20%の支払いで済みます

同じく払戻手数料の430円はかかりますが出発後も返金制度があるので、急な用事で乗れなかった場合も通常よりお得になります。

せっかく半額で買ったのに無駄に支払ってしまうということを極力無くす制度となっています。

通常の航空チケットだとフライトの55日前までにキャンセルする必要がある

通常の航空チケットでキャンセル料を無料にしたい場合、チケット購入から55日前までにキャンセルする必要があります。

直近での予約変更はキャンセル料を支払う必要があるので、損した気持ちになってしまいます。

出発時刻後のキャンセルは100%支払う必要があるので、払い戻しは発生しません。

ANA株主優待券で予約していない場合のキャンセル手数料が発生する仕組み

特徴

ANA株主優待券で予約していない場合、キャンセル手数料がどのように発生するのか説明します。

通常の航空チケットでのキャンセル料
キャンセル時期 キャンセル手数料
45日前まで 30%
28日前まで 40%
14日前まで 50%
出発時刻前まで 60%
出発時刻以降 100%

ANA株主優待券を利用せずに購入した航空チケットは、搭乗日が近づくにつれてキャンセル料を多く支払わなければなりません

約2周間前までにキャンセルできれば半分は返ってきますが、直近での急なキャンセルは損失が大きくなってしまいます。

出発時刻以降のキャンセル料は100%なので、ANA株主優待券を利用している人はなるべく出発時刻前にキャンセルするか決めなければなりません。

出発後はキャンセル手数料が100%になる

出発後のキャンセル手数料は100%となっている為、購入代金を無駄にしてしまいます。

株主優待券での購入は80%料金が返ってきますが、通常チケットでは返金できないので注意する必要があります。

通常チケットのキャンセル手数料とANA株主優待券でのキャンセル手数料を見比べると、ANA株主優待券で購入するほうがチケット代金以外の観点から見てもお得とわかります。

当日の出発時刻前の場合キャンセル手数料は60%

当日の出発時刻前のキャンセルは、キャンセル手数料が60%となっています。

全額返金はできませんが4割程度は払戻しできるので、当日キャンセルする必要のある場合、出発時刻前に必ずキャンセルするようにしましょう。

1分でも出発時刻を過ぎてしまうと、全額返金されない状態になるので注意が必要です。

ANA株主優待券で購入した航空チケットをキャンセル後再利用することは可能?

航空チケット

ANA株主優待券で購入した航空チケットはキャンセル手数料が無料とわかったけど、再利用できるの?と疑問に持つ人が居ます。

チケット代金が返ってきても次回利用するときANA株主優待券を利用できないとなると、再度入手する必要があるので損した気持ちになってしまいます。

これからANA株主優待券は再利用できるのか詳しく解説します。

結論から言うと、ANA株主優待券は再利用できます

しかしいくつか条件があるので、しっかり把握しておきましょう。

予約便を取消して新しい航空券を購入できる

ANA株主優待券は航空チケットをキャンセルした場合、再度利用することができます。

当たり前のことですが、ANA株主優待券の有効期限内であることが条件となっています。

次回搭乗予定があるが、利用する便が決まっていない人はオープン航空券に変更することができます。

オープン航空券の有効期限内で株主優待券の有効期限内であればどの日程でも予約できるので便利です。

搭乗者と区間の変更はできないので注意

オープン航空券は、搭乗者と区間の変更はできないので注意しましょう。

搭乗者や区間を変更したいという人は、オープン航空券ではなく一度払戻しすることをおすすめします。

オープン航空券の有効期限は1年となっているので、予定変更する人(搭乗者・区間が同じ)はオープン航空券のほうがスムーズに予約できることを把握しておきましょう。

航空券の有効期限内に搭乗予定がない場合は払い戻しできる

オープン航空券に変更しても有効期限があるので、有効期限内に乗る予定がない人は損をしてしまいます。

ANAは搭乗予定のない人に、払戻できる制度を設けています。

株主優待番号の有効期限内であれば登録済みの株主優待券は再度利用することができます。

一度キャンセルしてしまった株主優待券を有効期限内であれば、違う機会に利用できるので安心してください

ANA株主優待券が有効期限内であれば再度利用することができる

ANA株主優待券はキャンセルしても有効期限内であれば再度利用することができます。

急な用事でキャンセルになっても株主優待券を無駄にすることがないので、キャンセル料の観点からみても株主優待券で購入することをおすすめします。

ANA株主優待券は株主でなくても金券ショップなどで購入することができます。

航空チケットを半額で購入できる上に、キャンセル料もお得になるので、仕事で飛行機を頻繁に利用する人は検討してみてください。

ANAホールディングス(9202)の株主優待内容とANAの株の買い方を徹底解説

ANA株主優待券はキャンセル料がお得?JAL株主優待券と比較

信用取引 無職

航空系の株主優待券はANA以外にもあります。

各航空株主優待券によってキャンセル料の制度が異なるので比較してみました。

ANA株主優待券のキャンセル料や再利用制度がどれだけお得なのか分かるので必見です。

JALは株主優待券の予約であっても支戻手数料は440円発生する

JAL株主優待券はANA株主優待券と同じで、株主優待券の場合キャンセル料が無料になっています。

出発時刻前であれば運賃を100%払戻しすることができますが、払戻手数料がかかります。

ANA株主優待券の場合、払戻手数料は430円ですがJAL株主優待券では440円となっています。

10円程度の差ですが、ANA株主優待の方が安くなります。

JALは出発後のキャンセルに運賃額の20%と440円の払戻手数料が発生する

出発後のキャンセルに関してもJALはANAと同じ対応をおこなっています。

上記と同じく払戻手数料が10円違うだけで、ほとんど中身は同じです。

ANA株主優待券での航空チケットキャンセルのほうが10円お得になる程度に考えておきましょう。

ANA株主優待券とJAL株主優待券は再度利用できる

株主優待券の再利用ですが、JAL株主優待券も再利用することができます。

ANA株主優待と同じで、払戻しすることもできるのでキャンセルに関する大きな差はありません

払戻手数料の差額10円のみ違うので、10円でもお得に済ませたいという人はANA株主優待券をおすすめします。

ANA株主優待券はキャンセル料が基本無料で再利用できるからおすすめ

ANA株主優待券はキャンセル料が発生せず、再利用できることがわかりました。

出発時刻前であれば払戻しが100%となっているので、キャンセルすることになった人はなるべく出発前にキャンセルしましょう。

航空チケットをキャンセルしてもANA株主優待券は再度利用することができるので、別の機会に使うことがあれば再利用しましょう。

ANA株主優待券を往復で利用する時どうすれば良い?使い方や注意するポイントを解説

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力