DMM株

DMM.com証券の手数料は業界最安値水準!手数料や他社との比較など徹底解説

DMM.com証券は、5大ネット証券の1つとされている証券会社になっており、SBI証券や楽天証券と肩を並べる規模と知名度を誇っております。

そんなDMM.com証券の1番の魅力は「手数料」です。

株式取引には「手数料」が必ず必要になってきますので、手数料は証券会社を選ぶうえで大切な項目になります。この記事では、DMM.com証券の手数料についてご紹介します。

DMM株の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/dmm-com-reviwe/

DMM.com証券の手数料は業界トップクラスの安さ!手数料一覧

上記でもご紹介しましたが、手数料はDMM.com証券の魅力の1つです。

業界でもトップクラスの安さを誇っているDMM.com証券の手数料プランについてご紹介します。

【1約定ごと】現物取引

5万円まで 50円(税込55円)
10万円まで 80円(税込88円)
20万円まで 97円(税込106円)
50万円まで 180円(税込198円)
100万円まで 340円(税込374円)
150万円まで 400円(税込440円)
300万円まで 600円(税込660円)
300万円超 800円(税込880円)

DMM.com証券の現物取引「1約定ごと」の手数料は、業界最安値水準になっております。

とにかく手数料安いことが、DMM.com証券魅力です

5万円までの手数料が業界最安値になっており、300万円までの手数料は一律「800円」になっておりますので、高額の取引をした場合でも手数料は「800円」になります。

5万までと10万円までの手数料が区別されていることは、余計な支払いをしない上で大切なポイントになります。

【1約定ごと】信用取引

300万円まで 80円(税込88円)
300万円超 0円

DMM.com証券の信用取引「1約定ごと」の手数料は、300万円までは「80円」、300万円を超えた場合には手数料が「無料」になります。

約定代金が増えれば増えるほど、手数料は高くなるのが一般的な手数料プランなのですが、DMM.com証券は違います。

信用取引の手数料も業界最安値水準になっておりますので、DMM.com証券で取引をすると手数料がお得になります。

【1日定額】プラン

DMM.com証券には、1約定ごとの手数料プランしか存在せず、1日定額の手数料はプランは存在しません。

「1約定ごとの手数料プランが安いから問題ないんじゃないの?」と思われた方は多いと思いますが、1日定額プランが存在しないことは、デメリットなことでもあります。

取引回数が多くない投資家にとっては「1約定ごとの手数料プラン」でお得に取引することができるのですが、1日の取引回数が多い投資家にとってはお得とは言えません。

しかし、DMM.com証券の1約定ごとの手数料プランが、業界最安値水準になっていることに変わりはありませんので、自分の投資スタイルを考えることが大切になります。

DMM.com証券の手数料は業界最安値!他社との徹底比較

DMM.com証券の手数料についてご紹介しましたが、DMM.com証券の手数料が安いことがよりわかるように他者の手数料と比較してご紹介します。

「SBI証券」「楽天証券」「松井証券」「ライブスター証券」「GMOクリック証券」の計6社で比較していきます。

※下記で比較している表で表示されている手数料は税抜き価格になります

【現物取引】1約定ごと手数料を徹底比較

証券会社名 一回の注文金額が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
DMM.com証券 50円 80円 97円 180円 340円
SBI証券 50円 90円 105円 250円 487円
楽天証券 50円 90円 105円 250円 487円
松井証券 1約定ごとの手数料プランなし
ライブスター証券 80円 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 88円 98円 241円 436円

DMM.com証券の現物取引「1約定ごと」手数料を他者と比較してみましたが、業界最安値になっております。

ライブスター証券とは手数料が同じに思えますが、5万円までの手数料がDMM.com証券の方が安くなっておりますので、最も手数料が安い証券会社といえるでしょう。

【現物取引】1日定額手数料を徹底比較

証券会社名 1日の合計注文金額が
10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
DMM.com証券 1日定額手数料プランなし
SBI証券 0円 0円 0円 477円
楽天証券 0円 0円 0円 858円
松井証券 0円 0円 0円 1000円
ライブスター証券 400円 400円 400円 600円
GMOクリック証券 213円 213円 399円 797円

DMM.com証券には、1日定額プランはありません。

そのため、投資家の投資スタイルによってDMM.com証券がお得か、他社の証券会社が得か決まりますので、まずは自分の投資スタイルを考えましょう。

【信用取引】手数料(1約定ごと)を徹底比較

証券会社名 1回の注文額が
10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
DMM.com証券 80円 80円 80円 80円
SBI証券 90円 135円 180円 350円
楽天証券 90円 135円 180円 350円
松井証券 1約定ごとの手数料プランなし。
ライブスター証券 80円 80円 80円 80円
GMOクリック証券 89円 130円 170円 240円

DMM.com証券の信用取引「1約定ごと」手数料を他者と比較してみましたが、10万円までの取引の場合は、他社の方が安くなります。しかし、約定代金が増えれば増えるほど、DMM.com証券の手数料プランの方がお得になります。

10万円以上の取引の場合は、DMM.com証券の方がお得になりますので、取引する代金を考えて証券会社を選ぶ必要があります。

お得さで選ぶならDMM.com証券!おすすめポイントをご紹介

上記でご紹介した通常の手数料以外にも、DMM.com証券の手数料にはおすすめできるポイントが3つあります。1つ1つ詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

おすすめポイント①貯まったポイントを現金でキャッシュバックできる!

DMM.com証券では、売買手数料の「1%」がDMM株ポイントとして付与されるサービスを展開しており、貯まったDMM株ポイントは1ポイントにつき1円で換算されて、1000ポイント貯めることができれば現金でキャッシュバックすることが可能です。

DMM.com証券の手数料は格安なうえに、手数料にポイント付与されるサービスがあるため、手数料が非常にお得になります。

しかし、ポイントの有効期限は1年間になるため、1年間で売買手数料が「10万円」以上必要になりますので、注意してください。

おすすめポイント②約1ヶ月間手数料が完全無料

DMM.com証券では、口座開設をして世帯主・内部者関連登録が完了した日から、1ヶ月間は手数料が無料になるサービスを展開しております。対象になるのは「国内株式取引手数料」です。

例えば、6月1日に「世帯主・内部者関連登録」の入力が完了しますと、6月1日〜6月30日までが手数料無料期間となります。

手数料が無料になる特典は、予告なく変更する可能性がありますので、DMM.com証券の口座開設をお考えの方はいち早く口座開設することをおすすめします。

おすすめポイント③米国株式手数料も安い

DMM.com証券の手数料は国内株式だけではなく、米国株式手数料も安くなっており、米国株式手数料は「0円」無料になっております。

米国株式をメインの株式投資に考えていなくても、分散投資として利用する可能性が高いため、米国株式の手数料が安いに越したことはありません。

DMM.com証券の格安手数料でお得に株式投資しよう

この記事では、DMM.com証券の手数料についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

DMM.com証券の魅力は「手数料の安さ」の通り、他者と比較してもDMM.com証券が業界最安値になっております。さらに、キャッシュバック特典や1ヶ月無料特典などもありますので、DMM.com証券で口座開設をすることによりお得に株式取引を行うことができます。

是非、格安手数料のDMM.com証券で口座開設をしてみてはいかがでしょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力