DMM株

【保存版】DDM.com証券の口座開設の流れをどこよりも丁寧に解説

DMM.com証券

DDM.com証券は「FX」や「CFD」などのサービスを中心に提供していましたが、2018年4月より「DMM株」というサービスも開始しており、国内株式も取り扱っています。

国内株式を取り扱うようになってから多くの投資家から人気を集めており、DDM.com証券で口座開設しようと考えている人も多いと思います。

しかし、「口座開設の流れがわからない」「何が必要になるの?」と口座開設に対する悩みを抱えており、なかなかDDM.com証券で口座開設できていない人が多いと思いますので、

この記事ではDDM.com証券の口座開設の流れや必要なものについてご紹介します。

DMM株の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/dmm-com-reviwe/

DDM.com証券の口座開設に必要なもの

口座開設するためにはいくつか必要なものがあり、DDM.com証券でもいくつか用意しなくてはいけないものがあります。

DDM.com証券で必要になるものは「マイナンバー」と「本人確認書類」になります。

しかし、必要になるものはいくつかの組み合わせによって異なりますので、下記の組み合わせを参考にしてください。

  1. 「マイナンバー(個人番号カード)」のみ
  2. 「マイナンバー通知カード」もしくは「マイナンバー記載の住民票の写し+「顔写真付きの本人確認書類1点」
  3. 「マイナンバー通知カード」+「顔写真なしの本人確認書類2点」
  4. 「マイナンバー記載の住民票の写し」+「顔写真なしの本人確認書類1点」

以上の組み合わせ1つ提出する必要があるのですが、「マイナンバー(個人番号カード」を用意した場合は1つだけで済みますので、「マイナンバー(個人番号カード」を用意できる方は事前に用意しておきましょう。

DDM.com証券で利用できる本人確認書類は下記の通りです。

『顔写真付きの本人確認書類』

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 個人番号カード

『顔写真なし本人確認書類』

  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

DDM.com証券の口座開設に必要になるものは以上になるため、比較的少ないです。

事前に用意できているとスムーズに口座開設することができるため、事前に準備しておくことをおすすめします。

DDM.com証券の口座開設の流れ

DDM.com証券ではインターネット上で口座開設が完了します。

「インターネットでの口座開設」といくと一見難しいそうですが、DDM.com証券での口座開設の流れは至ってシンプルになりますので、簡単に完了します。

口座開設する前に流れを把握しておくと、スムーズに口座開設することができますので、DDM.com証券の口座開設の流れを詳しくご紹介します。

①申し込みフォームから基本情報入力

まずは、DDM.com証券の公式サイトより「口座開設フォーム」をクリックするのですが、FX・CFD・BANUSYの口座もまとめて開設したい方は「まとめて口座開設フォーム」をクリックしましょう。

クリックしますと「申し込みフォーム」画面に移り、名前や性別、住所、職業などを入力していきます。財務情報や投資目的も必須項目としてありますので、事前にある程度決めておきましょう。

申し込みフォームで入力する必須項目は「33項目」ありますが、選択形式の項目も多いため、3分〜5分程度で入力が完了すると思います。

こちらで入力する住所と本人確認書類に記載されている住所は同一である必要がありますので、注意してください。

②本人確認書類の提出

申し込みフォームの入力が完了しますと、本人確認書類の提出になります。

DDM.com証券で使用できる本人確認書類や提出する組み合わせなどは上記でご紹介していますので、参考にしてみてください。

DDM.com証券の本人確認書類の提出方法は「スマホでスピード本人確認」「アップロード」「メール」「FAX」「郵送」の5つがあります。

この記事では利用頻度が高い「スマホでスピード本人確認」「アップロード」「郵送」3つの提出方法について詳しくご紹介します。

『スマホでスピード本人確認』

  1. 口座開設申込後、DDM.com証券から送られてくるメールに記載されている専用URLにアクセスします。
  2. 提出する確認書類の組み合わせを選択します。
  3. 画面に指示に従って、本人確認書類とマイナンバーを撮影します。
  4. 「送信」をクリックして提出完了です。

※撮影した書類が不鮮明な場合は再度申し込みする必要がありますので、注意してください。

『アップロード』

  1. 提出する書類をデジカメやスマホで撮影して、ファイル化します。
  2. 「アップロードする」をクリックしてファイル化した画像を選択します。
  3. 「アップロード」をクリックして提出完了です。

※保存形式は「png,bmp,gif,tif,tiff,jpg,jpeg,pdf」で合計25MB未満になりますので、注意してください。

『郵送』

  1. 提出する書類をDDM.com証券に郵送する
  2. 提出完了です。

「スマホでスピード本人確認」で提出した場合は、郵送書類を受け取る必要がなく口座開設後、すぐにお取引が可能になりますのでおすすめです。

③DDM.com証券の口座開設完了

基本情報の入力と本人確認書類の提出が完了しますと、DDM.com証券で口座開設の審査が行われます。無事審査に通ることができますと、口座開設が完了します。

「スマホでスピード本人確認」で必要書類を提出された方は、口座開設完了後すぐに取引を開始することができます。

「アップロード・メール・FAX・郵送」で必要書類を提出された方の場合は、口座開設完了後、登録住所宛てにログインID・初期パスワードが記載された「口座開設通知書類」を簡易書留で送られてきますので、通知書類を受け取り次第、取引を開始することができます。

以上がDDM.com証券の口座開設の流れになるのですが、難しい項目はないと思います。

必要書類の提出だけ少し複雑になるため、難しいと感じられた方は「郵送」で送りましょう。

必要書類の提出方法によって審査結果に影響は出ませんので、あなたが提出しやすい方法で提出しましょう。

DDM.com証券の魅力

DDM.com証券はネット証券の中でも高い知名度と人気を誇っている証券会社になっており、「DMM FX」口座開設数は国内トップクラスの数字になっています。

そんなDDM.com証券の魅力は「手数料の安さ」と「ポイント制度」です。

DDM.com証券の手数料は業界最安値水準になっており、1約定代金が5万円以下の場合は「50円」、10万円以下の場合は「80円」、20万円以下の場合は「97円」になります。

1約定ごとの手数料は大手ネット証券「SBI証券」や「楽天証券」よりも安い手数料になっています。さらに、信用取引の手数料も業界最安値水準に設定されており、300万円以下の場合は「80円」、300万円以上の場合は「0円」と手数料形態もシンプルです。

そして、DDM.com証券では株式取引で「DMMポイント」が貯まります。

取引手数料の1%がDMM株ポイントとして貯まる仕組みになっており、貯まったポイントは「1ポイント=1円」として、1,000ポイント以上から現金に交換することができます。

交換したポイントは口座に入金され、株式取引に利用、または出金して使うことが可能です。

その他にもDDM.com証券には様々な魅力があるため、多くの投資家から人気を集めていると考えることができます。

DDM.com証券で口座開設してみよう

この記事では、DDM.com証券の口座開設の流れをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

インターネットでの口座開設と聞くと一見難しいそうと思いますが、実際の流れは至って簡単になりますので、初めて口座開設する方でも安心です。

さらに、DDM.com証券の口座開設を「スマホでスピード本人確認」を利用して行いますと、口座開設完了後すぐに取引を開始することが可能なため、すぐに取引したい方にもおすすめの証券会社です。

是非ご紹介した内容を参考にして、DDM.com証券で口座開設してみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力