野村證券

【野村証券IPOルールまとめ】野村証券のIPOは当たらない?必要資金や入金方法から当選する方法まで徹底解説

野村証券 IPO

野村証券は、実店舗がある総合証券ですが、ネット証券同様高い実力と人気を誇ります。

実は、そんな野村証券はIPO投資にとても強い事実を皆さんご存知でしょうか?

そこで今回は、野村証券のIPOルールを徹底解説していきます。

必要資金や入金方法から当選する方法まで皆さんの疑問を徹底解説いたします!

野村証券の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/nomurashoken-review/

IPOとは?IPOの基本を簡単に解説

最初に、IPOとは何か簡単に解説いたします。

IPO…Initial Public Offeringの略。(新規)株式公開と言われる。上場していない会社が株式市場に上場し、株式市場での売買を可能にすること。上場することで、投資家はこれまで非公開だった株を買うことができ、企業は株を買ってもらうことで事業資金を調達できるようになる

IPOの最大の魅力は、利益が簡単に出ることです。

新規上場する企業は資金がほしいため株が売れ残らないよう、公募価格を安めに設定します。よっぽどのことがない限り初値が公募価格を下回ることはないため、公募価格で購入し初値で売るだけで、利益を得ることができるのです。

知識がなくてもできるので、株初心者でも簡単に利益が出せるとして非常に人気の投資手法となっています。

人気が高い分、IPOを購入するには抽選に申し込んで当選することが必須となります。

当選することは非常に難しいため、当選確率を上げるには証券会社選びが非常に重要となるのです。

【野村証券のIPO情報】ルールと魅力を徹底解説

では、野村証券のIPOルールと魅力について詳しくご説明していきます。

野村證券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

野村証券におけるIPOの魅力は以下の3点です。

  1. 完全平等抽選方式
  2. 前受金がない
  3. 豊富な引き受け実数
  4. 主幹事を務めることが多いため当選しやすい

それぞれIPOルールと併せて詳しくご説明していきます。

野村証券のIPO抽選方式と取扱い数

店頭配分 あり
ネット配分 10%
抽選方式 1人1票の
完全平等抽選
IPO取扱い数 35件

野村証券のオンラインでの抽選方式は、「完全平等抽選方式」です。

他の証券会社だと資金や申し込み株数が多いほど優遇されることが多々ありますが、申し込み数や過去の取引実績、預かり資産状況に関係なく、申し込みしたすべての方に平等に当選の可能性があるのです!

実際に当たった声も多く見られます。

資金が十分にない株初心者にも嬉しい制度ですね。

野村証券のIPO取扱い実績(過去5年)

2019年 35
2018年 37
2017年 38
2016年 30
2015年 44

上記の表を見て分かるように、野村証券のIPO株の取り扱い数は大変多いです。

業界のなかでもトップクラスの取り扱い実績であると断言できます。

取扱い数が多いということはその分当選確率も高いということですから、IPO投資をしたい方には非常におすすめの証券会社であると言えるでしょう。

野村証券のIPOにかかる手数料をネットと対面で徹底比較

野村證券では、店頭取引の場合とオンラインでの取引において手数料が変わっています。

少額の投資の場合には、店頭での取引とオンラインでの取引の場合での差分は少ないものでもありますが、高額の取引になっていくと両者の差分は大きくなり、取引にあたっての手数料は大きくなっていきます。

以下2つのコースの取引手数料を比較したのでぜひ参考にしてください。

1回の注文金額が ネット取引 店頭取引
10万円 152円 2860円
30万円 330円 4290円
50万円 524円 7150円
100万円 1048円 12188円

野村証券のIPOは主幹事率が3割・幹事数が4割と高い

以下の表は、過去3年間におけるIPO実績です。

IPO株は主幹事の証券会社から応募したほうが当選確率が上がります。そのため、野村証券は主幹事は3割、幹事は4割と非常に多いので、その分当選する確率は高くなるのです!

2018年 2019年 2020年
主幹事数 23社 / 90社中
25.6%
17社 / 86社中
19.8%
9社 / 36社中
25%
幹事数 14社 / 90社中
15.6%
18社 / 86社中
20.9%
6社 / 36社中
16.7%
主幹事+幹事数 37社 / 90社中
41.1%
35社 / 86社中
40.7%
15社 / 36社中
41.7%

野村証券のIPO申し込み方法と必要資金を解説

野村証券は非常にIPO投資向きの証券会社だとご理解していただけたのではないでしょうか。ここからは、野村証券のIPO申し込み方法と必要資金を解説します!

野村証券のIPOに必要な資金と入金のタイミングは?

では、野村証券のIPOに必要な資金はいくらでしょうか?

前提として、IPO抽選に必要な資金は申し込みをするIPO株によって異なるので、はっきりと「〇円」とお伝えすることはできません。

しかし、一般的にはIPO株の申し込みには5万円~30万円程度の資金が必要です。

高いものでも50万円以下の金額で買うことができますので、30万円程度あれば、十分余裕を持ってIPO投資が行えると言えるでしょう。

また、野村におけるIPO株の入金のタイミングは、IPO株を買う「購入申し込み」を行った時点です。

このIPO申し込みの際の資金拘束のタイミングは、証券会社によって異なるのですが、今回ご紹介している野村証券場合、抽選に申し込む段階では資金は拘束されません。前受金制度がないということです。

つまり、野村証券からであれば、お金を準備せずに無料(0円)でIPO抽選を受けられるのです!

資金が十分にない方でも気軽に申し込むことができますね。

野村証券IPOの申し込み方法を徹底解説

必要資金と入金のタイミングが分かったところで、野村証券IPOの申し込み方法を解説していきます。

野村証券のIPOは以下の5Stepで簡単に申し込むことができます!

  1. IPOの銘柄を選ぶ
  2. IPO抽選に参加する
  3. 抽選結果を確認する
  4. 購入代金を入金する
  5. 購入申し込みする

それぞれ詳しくご説明していきます。

Step①IPOの銘柄を選ぶ

オンラインサービスにログインし、「取引」メニューから「IPO/PO銘柄一覧」画面へ進み、銘柄を選んでください。

Step②IPO抽選に参加する

銘柄一覧から、抽選申込受付中の銘柄に抽選申込をしてください。

Step③抽選結果を確認する

公募・売出価格決定日の18:00~21:00までに、当選、補欠当選、落選の抽選結果がオンラインサービス画面上で公表されるので、確認しましょう。

  • 「補欠当選」とは、当選した投資家から購入辞退もしくは権利の放棄があった場合、補欠当選した顧客で購入申込を行った方が機械的処理により順次購入が確定する権利です。なお、確定数は当該購入の辞退等のあった当選者数を上限とします。

Step④購入代金を入金する

「当せん」または「補欠当せん」の場合は、購入申込の前にあらかじめ購入代金を入金してください。

オンラインサービスからの入金のほか、ATMや銀行振り込みなどいくつかの入金方法から選べます。

Step⑤購入申し込みする

購入申込期間になったら、購入を申し込みます。

仮に当選しても購入申込を行わない場合は、購入の権利を放棄したとみなされ無効になってしまうため、注意が必要です。

当選メールは来ないため、気を付けてください。

野村証券でIPO抽選の当選確率を上げる方法をご紹介

IPOは簡単に利益を上げられる魅力な投資手法ですが、その分倍率も高く当選確率も低いです。そこでここからは、野村証券でIPO抽選の当選確率を上げる方法をご紹介していきます。

①資金を多く用意する

IPOの当選確率を上げる方法1つ目は、資金を多く用意することです。

IPO株に抽選するには資金はいりませんが、もしIPO株に当選したら当選分の株を買う資金は必要となります。

過去の統計から、約50万円もあれば大抵のIPO銘柄は購入できると考えることができます。

同時に複数IPO抽選がある場合もあるため、資金は多ければ多いほど抽選に参加でき、当選確率を上げることができのです。

②複数の証券会社で口座を開設して応募する

IPOの当選方法を上げる方法2つ目は、複数の証券会社で口座を開設することです。

IPO株は証券会社によって取り扱っている銘柄が異なるからです。

そのため、できるだけ多くのIPO株に当選するには、できるだけ多くの証券口座を開設するのが最も良い方法です。

のちほどIPO株に適した証券会社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

③主幹事の証券会社から応募する

IPOの当選方法を上げる方法3つ目は、主幹事の証券会社の口座から応募することです。

先程、資金は多ければ多いほどいいとお伝えしましたが、実際そこまでの資金はなかなか用意できないですよね。

そこで、効率よく当選確率を上げる方法が、主幹事の証券会社からIPOに抽選することです。

野村証券の場合、主幹事を務めることが圧倒的に多いです。

IPOで売り出される株数は、各証券会社によって異なるのですが、最も多くIPO株を売り出しているのが主幹事なため、そこからIPO抽選には参加すれば当選数が多い分、当選確率を上げることができるのです。

④野村証券でIPO当選を狙うには地方支店に口座開設する

IPOの当選確率を上げる方法4つ目は、地方支店で口座を開設することです。

野村證券だけでなく、大手証券では有効な方法であると言えます。

首都圏では資産家が多いため、数百万円程度の資産では相手にされないことが多く当選しない確率が高くなってしまうのです。

そこで人口密度が低い地方に口座を開設することでIPO当選確率を引き上げることができるのです!

株初心者こそ野村証券でIPO投資を始めるべき!

いかがでしたでしょうか。

野村証券は、IPO投資において主幹事を務めることも取扱い数も多く、当選確率は高いと言えるでしょう。

また、取り扱い実績や国内シェアもナンバー1です。

株初心者がIPO投資を始めるにはうってつけの証券会社です!

ぜひ野村証券でIPO投資を始めてみてはいかがでしょうか?

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力