岡三オンライン証券

【岡三オンライン証券IPOルールまとめ】資金や抽選方法、入金のタイミングを徹底解説

岡三オンライン証券 IPO

岡三オンライン証券は50万円までの取引では手数料が無料になることで人気を集めている証券会社なのですが、IPO投資でも人気を集めている証券会社だとご存じだったでしょうか?

今回は岡三オンライン証券におけるIPO投資の抽選申込方法や抽選制度、必要資金について徹底解説していくので、岡三オンライン証券でIPO投資しようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

IPOとは?IPOの基本を簡単に解説

岡三オンライン証券のIPOについて解説するまえに、そもそもIPOとは何か簡単に解説していきます。

IPOについて簡単にまとめましたので、IPOの基本を確認したい方はぜひ参考にしてください。

IPO…Initial Public Offeringの略。(新規)株式公開と言われる。上場していない会社が株式市場に上場し、株式市場での売買を可能にすること。上場することで、投資家はこれまで非公開だった株を買うことができ、企業は株を買ってもらうことで事業資金を調達できるようになる

IPOの最大の魅力は、利益が簡単に出ることです。

新規上場する企業は資金がほしいため株が売れ残らないよう、公募価格を安めに設定します。よっぽどのことがない限り初値が公募価格を下回ることはないため、公募価格で購入し初値で売るだけで、利益を得ることができるのです。

知識がなくてもできるので、株初心者でも簡単に利益が出せるとして非常に人気の投資手法となっています。

人気が高い分、IPOを購入するには抽選に申し込んで当選することが必須となります。

当選することは非常に難しいため、当選確率を上げるには証券会社選びが非常に重要となるのです。

【IPO情報】岡三オンライン証券の魅力や抽選方法は?

岡三オンライン証券

https://mane-toku.com/kabu/okasan-online-review/

 

では、ここからは岡三オンライン証券のIPO情報を詳しく解説していきます!

岡三オンライン証券におけるIPOの魅力は下記の3点です。

  1. 1人1票の完全平等抽選
  2. 事前入金不要
  3. 申込・購入手数料が無料

岡三オンライン証券では、事前入金が不要で完全平等抽選制度を設けているため、資金が少なく株式投資経験がない方でも当選する確率を上げられます。

さらに岡三オンライン証券は現物取引の手数料も50万円まで無料に設定されているため、IPO以外においても魅力的な証券会社になっています。

岡三オンライン証券のIPO情報について詳しく解説していきます。

岡三オンライン証券の取り扱い実績

岡三オンライン証券の取り扱い実績は下記の通りです。

2019年 34
2018年 46
2017年 23
2016年 6
2015年 9

岡三オンライン証券のIPO取り扱い実績は2019年で「34件」です。

34件は、数ある証券会社のなかでもトップクラスです。

さらに岡三オンライン証券は2013年からIPOの取り扱いを開始したため、年々IPOの取扱件数が増えると推測できます。

岡三オンライン証券の抽選方法

店頭配分 なし
ネット配分 100%
抽選方式 1人1票の
完全平等抽選
IPO取扱い数 34件

岡三オンライン証券の抽選方法は、完全平等抽選方式です。

ただし、岡三オンライン証券ではステージ制度を設けていて、投資実績に応じては抽選を3回行うことができます。

第一抽選・第二抽選・第三抽選とIPO抽選を計3回行い、「ステージS」の場合は3回、「ステージA」の場合は2回、「ステージB」の場合は1回です。

ステージS 判定期間中の手数料合計が100万円以上
ステージA 判定期間中の手数料合計が10万円以上100万円未満
ステージB 判定期間中の手数料合計が10万円未満

判定期間は下記の通りです。

  • 1月1日~3月末日
  • 4月1日~6月末日
  • 7月1日~9月末日
  • 10月1日~12月末日

ステージによっては3回抽選に申し込むことができるのですが、ステージが変わっても1人1票の完全平等抽選になります。

抽選できる回数は変わりますが、ステージごとの当選確率は投資実績が関係ありません。

そのため、株式投資初心者でもIPOに当選する可能性が大いにあります。

申込・購入手数料は無料

岡三オンライン証券では、IPOの申込手数料も購入手数料も「0円」無料になっています。

他社の場合は通常の取引手数料がかかる場合が多いため、申込・購入手数料が無料になっていることは岡三オンライン証券の大きなメリットでしょう。

ただし、IPOを売る場合には手数料がかかるので注意してください。

岡三オンライン証券のIPOの申し込み方法と必要資金

岡三オンライン証券におけるIPOの魅力や抽選方法はご理解していただけたのではないでしょうか。

続いて、岡三オンライン証券におけるIPOの申し込み方法と必要資金について解説していきます。

岡三オンライン証券では事前資金が不要

上記でもお伝えしましたが岡三オンライン証券では、事前入金が不要です。

多くの証券会社が「完全前受制」を設けているのですが、岡三オンライン証券はIPOに当選してから入金すれば問題ありません。

そのため、IPOの抽選に申し込むために他の取引を止める必要がなく、取引を続けながらIPOの抽選にも申し込むことができます。

IPOの申し込み方法

岡三オンライン証券 IPOの申し込み方法は大きく4つのステップに分けることができます。

①IPO/PO取引をクリック

まずは岡三オンライン証券にログインしてください。

ログインした先の画面上部にある「取引」クリックして左メニューにある「IPO/PO」をクリックしてください。

②抽選申込を行う銘柄を選択

「IPO/PO」をクリックすると岡三オンライン証券が取り扱っている銘柄が表示されるので、抽選申込を行う銘柄を決めてください。

銘柄を決めたら「抽選申込へ」をクリックしてください。

③数量・価格を指定する

抽選申込へをクリックし、数量と価格を指定します。

インサイダーに関する内容を確認して「抽選申込確認画面へ」をクリックしてください。

④取引パスワードを入力する

申込内容に間違いがないことを確認すると取引パスワードを入力して「抽選申込」をクリックしてください。

「受付メッセージ」と「抽選申込日時」が表示されると、岡三オンライン証券IPOの抽選申込完了です。

岡三オンライン証券では事前入金は不要になるため、入金しなくても申し込みが完了します。

ただし「受付メッセージ」と「抽選申込日時」が表示されなければIPO抽選申込は完了していないので、注意してください。

初心者必見!IPO抽選の当選確率を上げる方法

上記でもお伝えしているようにIPO株は簡単に利益を出すことができる投資手法なのですが、その分人気があるため当選する確率は低いです。

ただしIPO抽選の当選確率を上げる方法があります。

IPOの当選確率は上げる方法は以下の3点です。

①資金を多く用意する

IPOの当選確率を上げる方法1つ目は、資金を多く用意することです。

IPO株に抽選するには資金はいりませんが、もしIPO株に当選したら当選分の株を買う資金は必要となります。

過去の統計から、約50万円もあれば大抵のIPO銘柄は購入できると考えることができます。

同時に複数IPO抽選がある場合もあるため、資金は多ければ多いほど抽選に参加でき、当選確率を上げることができのです。

②複数の証券会社で口座を開設して応募する

IPOの当選方法を上げる方法2つ目は、複数の証券会社で口座を開設することです。

IPO株は証券会社によって取り扱っている銘柄が異なるからです。

そのため、できるだけ多くのIPO株に当選するには、できるだけ多くの証券口座を開設するのが最も良い方法です。

のちほどIPO株に適した証券会社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

③主幹事の証券会社から応募する

IPOの当選方法を上げる方法3つ目は、主幹事の証券会社の口座から応募することです。

先程、資金は多ければ多いほどいいとお伝えしましたが、実際そこまでの資金はなかなか用意できないですよね。

そこで、効率よく当選確率を上げる方法が、主幹事の証券会社からIPOに抽選することです。

主幹事の証券会社を見つけるには Yahoo!ファイナンスの新規上場銘柄一覧「引受証券」を確認してみてください。

IPOを取り扱う証券会社と割当比率が表示されるので、この割当比率が他より高い証券会社が、そのIPOの主幹事証券会社ということです。

IPOで売り出される株数は、各証券会社によって異なるのですが、最も多くIPO株を売り出しているのが主幹事なため、そこからIPO抽選には参加すれば当選数が多い分、当選確率を上げることができるのです。

岡三オンライン証券でIPO投資を始めよう

いかがだったでしょうか?

岡三オンライン証券は事前入金が不要なため、株式投資初心者の証券会社でしょう。

さらに1人1票の完全平等抽選制度を設けていて手数料も無料です。

岡三オンライン証券のIPOは株式投資初心者にもベテラン投資家にもおすすめできるので、ぜひ岡三オンライン証券でIPO投資を始めてみましょう。