auカブコム証券

プチ株は手数料負けするのがデメリット?手数料無料サービス内容や利用する時の注意点を解説

プチ株のデメリットを解説

プチ株はauカブコム証券が提供している単元未満株の一種で、通常の株式投資により少額で株式を購入することができます。

プチ株は1株単位で銘柄を購入するので、株価の安い銘柄を購入すると500円から投資をはじめられます。

現金を取り扱うことになれていない初心者に最適のサービス内容となっていますが、今回はプチ株のデメリットを詳しく解説します。

プチ株は少額投資可能で魅力的なサービス内容です。

しかし利用方法を間違ったり、投資スタイルによって上手く噛み合わなかったりするので注意する必要があります。

これからプチ株をはじめようと考えている人や、プチ株に興味があるけどデメリットが気になるという人は参考にしてください。

カブドットコム証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

株式投資におすすめの証券会社【2022年07月最新】
auカブコム証券
  • Pontaポイントが貯まる!
  • 25際以下の方は国内株式(現物取引)の手数料0円
  • 100円から投資できる!
手数料(1注文5万円まで) 55円(税込)
手数料(1注文10万円まで) 99円(税込)
取扱商品 NISA、IPO、投資信託
5,000,000Pomtaポイントが貯まるキャンペーン実施中!

auカブコム証券「プチ株」の特徴

auカブコム証券「プチ株」の基本情報は以下の通りです。

auカブコム証券「プチ株」の基本情報
注文受付時間 24時間
取扱銘柄
  • 東証1部・2部
  • マザーズ
  • ジャスダック
  • 名証1部・2部
  • セントレックス
  • 福証・Q-Board
  • 札証
  • アンビシャス
  • (福証、札証は売却のみ)
  • ※ただし、以下の銘柄を除く
取引方法 成行注文
手数料
  • プレミアム積立®(プチ株®)手数料無料
  • プチ株®取引手数料(税込)約定代金の0.5%※最低手数料は52円
  • ※売り約定代金が110円以下の場合は手数料無料

プチ株の取引手数料は約定代金の0.5%となっており、業界最安水準の価格になっています。

約定代金9000円以下の場合、最低手数料52円が適応されます。

プチ株は1株から取引できるサービス

プチ株は冒頭でも説明しましたが、1株から取引できるサービスです。

例えば、ゲーム業界で有名のコナミの株を購入するとします。

コナミの株価は6500円(2021/04/26時点)になっており、単元株(100株)で購入すると650000円必要になります。

一方1株は上記の価格の1/100で購入できるので、6500円で取引をはじめられます。

有名企業の銘柄でも1万円以下で取引可能なので、初心者も手軽に投資練習をおこなえます。

1株で配当や株主優待をもらって利益を増やすこともできるので、色々な手法を駆使してコツコツ利益を増やしていきましょう。

プレミアム積立は手数料が無料

プレミアム積立はプチ株を積立するサービスで、最低500円から毎月積み立てられます。

対象銘柄が3000以上と多く、積立資金も銀行から自動で引き落としする機能もあります。

2019年の12月までプレミアム積立は手数料が発生していましたが、2021年現時点では無料です。

取引コストをかけることなく積立できるので、少額で運用したい人におすすめです。

auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の手数料は?驚異の割引率が特徴!

プチ株のデメリット

プチ株の特徴や魅力を伝えてきましたが、当然デメリットも存在します。

プチ株のデメリット

  • 利益が少ない
  • 取り扱い銘柄が少ない
  • 株主優待目的に投資する人に不利

プチ株は少額投資でコツコツ利益を貯められるのがメリットですが、通常の取引と比べて利益が少なくなってしまいます

資金が少ない状態での投資は、比例して利益も少なくなってしまうので事前把握しておきましょう。

利益が少ない

プチ株は単元未満株の1種なので、株価が上がっても通常取引より稼げません。

例えば、100株購入したAさんと1株購入したBさんが居るとして、株価が1000円上がったとします。

Aさんは100000円儲けられますがBさんは1000円しか利益になりません。

利益の大小は資金額の大きさによって比例しますし、リクスの大小も利益と比例しています

プチ株のような単元未満株で資産運用をしようと考えている人は、稼ぎたい金額と手法が適切か事前確認しておきましょう。

ミニ株・単元未満株のメリット・デメリットは?取引するときの注意点やおすすめの証券会社を解説

取り扱い銘柄が限定されている

プチ株のような単元未満株は、1株取引できる企業の銘柄しか購入することができません

元の単元が1株の銘柄であれば、プチ株購入することが不可能なので注意しましょう。

他の証券会社でも1株取引できる銘柄は限られています。

より柔軟な取引を求めている人は100株単位で購入することをおすすめします。

株主優待目的の投資が難しい

株主優待は株を持っている人たちに対して企業が年に数回、サービスや商品を提供して利益を還元する制度です。

株主優待は株の保有数によって提供される商品が異なるので、規定の株数以上持っていない場合対象外になる恐れがあります。

1株から株主優待を受けられる企業も存在しますが、殆どの企業が100株以上から株主優待を実施しているので、株主優待目的で投資をはじめようと考えている人にプチ株投資はおすすめできません。

ミニ株・単元未満株は株主優待を受け取れる?1株投資でも株主優待をもらえる銘柄や注意点を解説

プチ株で取引している人たちの口コミ・評判

実際にauカブコム証券「プチ株」を利用している人たちの口コミをまとめました。

手数料が無料なので他社サービスに比べてお得と感じている人が多く、取引コストをしっかり抑えられることがわかります。

今後プチ株で投資をはじめようとしている人は、実際に利用している人たちの口コミを見て口座開設を検討してください。

口コミ1.少額投資でも大きな変動があると焦る

口コミ2.auカブコム証券のプチ株は積立設定できるからお気に入り

口コミ3.プチ株の注文受付時間過ぎたら注文取り消せない

口コミ4.貯金よりお金を増やせるようにプチ株投資した

口コミ5.プチ株でも配当金がでる銘柄がある

auカブコム証券のプチ株で取引する時の注意点

auカブコム証券のプチ株を利用する時に注意する点がいくつかあります。

auカブコム証券のプチ株を利用する時に注意するポイント

  • 運用目標とサービスが適しているか確認しよう
  • 少額運用で大きな利益は狙えないと把握しておこう
  • 投資したい銘柄がある人は事前に取り扱っているか確認しよう

プチ株は少額投資サービスとしてメリットが多く、株式投資初心者でも手軽に始められるサービスです。

しかし、少額投資ならではの注意すべき点もいくつかあるので、プチ株投資をはじめる際は事前に把握して口座開設しましょう。

少額投資だからといって適当に取引しない

少額投資は、一般的な資産運用に比べて損失・利益が少なくなるので、途中から適当になってしまう人がいます。

ある程度緊張感をもって投資をはじめないと、挫折してしまう原因になるので注意しましょう。

自分で売買判断をして細かく取引をコントロールするのが苦手という人は、プレミアム積立がおすすめです。

銀行から自動引き落とししてくれる制度を利用すれば、勝手に毎月積み立ててくれるのでじっくり資産運用していけます。

少額投資は意味がないって本当?稼げない理由や少額向きの投資手法を徹底解説

プチ株は少額投資目的に最適!初心者におすすめできるサービス

プチ株は少額投資に最適のサービスですが、少額投資でのデメリットを把握しておく必要があることがわかりました。

手数料が業界最安値なので、取引コストを抑えて利益をしっかりだせるプチ株は1株から投資できるサービスの中でもおすすめです。

現金損失が怖い人やいきなり数十万投資するより練習したいという人は、プチ株で投資することを検討してみましょう

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力