株式投資

QDレーザの株価が下落している理由は?これまでの業績と今後の成長を徹底分析

QDレーザの株価が下落している理由は? これまでの業績や今後の成長を徹底分析

QDレーザは2020年12月28日東京証券取引所に上場承認され、2021年2月5日にIPO(新規上場)することが決定した電気機器企業です。

光通信用量子ドットレーザ(=Quantum Dot LASER)の量産化に世界で初めて成功した企業なので、当初は人気がありました。

ですが2022年3月現在、株価は下落を続けています。

一時期終値が1500円を越えていましたが、現在は500円程度まで落ち込んでいる状況です。

この記事ではQDレーザの株価が下落を続けている理由を詳しく解説していきます。

米国株の始め方は?特徴や買い方を初心者向けにわかりやすく解説

QDレーザの株価が下落した理由

QDレーザの株価が下落した理由

QDレーザの株価は、2021年の7月半ばを目途に下落を続けています。

  • ご祝儀買いによる初値上昇
  • 業績悪化
  • 新型コロナウイルスの影響

QDレーザの業績は初めから赤字スタートだったので元々業績は悪かったですが、半導体レーザ技術のスタートアップ企業として注目を集めていました。

ですが現在は以上の理由により株価が下落しています。

主な理由をそれぞれ以下に解説していきます。

ご祝儀買いによる初値上昇

QDレーザの株価が下落している理由として、QDレーザの上場に注目が集まり過ぎていたためにご祝儀買いによる初値上昇が起こったことが挙げられます。

QDレーザは2021年2月5日にIPO(新規上場)することが決定したため、株購入予定期間は1月中でした。

そのため株購入者にとっては2021年初IPOになるので、半導体レーザ技術のスタートアップ企業であるQDレーザの株をご祝儀買いする人が多かったです。

元々QDレーザの業績は赤字で、公開規模もマザーズ上場にはやや足りていないくらいの水準だったので、徐々に株価が下がってきたと予測されます。

新規上場企業の株式は値動きしやすく、期待を込めて購入する人が多いので初値が高くなっています。

業績悪化

前述している通り、QDレーザの業績は赤字推移です。

上場する前の2020年3月期から徐々に業績は回復していますが、2022年3月期の売上高が10億9700万円、経常損益が5億4900万円と予想されています。

慢性的な業績不振は投資家からの信頼を下げるため、初めに株式を購入していた人が手放してもおかしくありません。

短期投資におすすめの投資手法・銘柄はある?長期投資との違いやメリット・デメリットを解説

QDレーザの業績

QDレーザの業績は、次の通りです。

2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期
売上高(百万円) 664 961 757
経常利益(百万円) △1,075 △996 △1,226
当期純利益(百万円) △1,129 △1,041 △1,240
純資産額 (百万円) 246 2,131 1,730
1株あたりの純資産額(円) △83,373 △4,915 69
1株あたりの純利益(円) △18,691 △851 △72
自己資本比率(%) 20.5 71.1 59.3

売上高は一定水準を保っていますが、純利益は常に赤字です。

1株当たりの純利益もマイナス水準を移行しているので、かなり厳しい業績であることが分かります。

2021年5月の決算発表で株価が下落

2021年5月の決算発表を経て、業績の内容が公表されました。

内容としては来期売上高41%増見込みと大幅な増加を発表しながらも、今期の売上進捗が92%と未達だったこと2つがキーポイントです。

大幅な増収が見込めるならば株価も上がりやすく成長見込みがある一方、売上進捗が目標に達していないならば本当に成長できるのかわからない、ということになります。

この結果を受けて、株を手放した人が多く、一気に株価が下がりました。

2021年6月に一時回復

2021年5月の決算報告を経て株価は下がりましたが、下がり過ぎたおかげで逆に購入した投資家がかなりいました。

株価が下がっている場合、今後の回復によっては得するケースが多いからです。

そのため6月になってから一時的に株価は上昇しました。

しかし、その後は徐々に株価が下がっていっています。

ETFとは?仕組みや投資信託との違いを解説

QDレーザの配当は無配

QDレーザの配当金は無配(0%)となっています。

これは業績が悪いから、というわけではなく、新興企業の配当金は企業の成長のために使われることが多く、QDレーザも踏襲しています。

IPOで得た資金は、事業拡大にともなう量産のための製造費用に充てる予定と発表があるので、今後業績が変動してから配当金が配られるでしょう。

IPO株は初値で売るのが基本

IPO株は初値で売るのが基本

「IPO投資」では公開価格で購入して、上場日の初値で売却するのが一般的とされています。

QDレーザもその例外に漏れず、初値はかなり高い数字になっていましたが、初値よりは株価が下がっています。

2021年のIPO投資で言えば、12月の株価と比べた場合、初値で売却したとき株価が高かったケースが87社、初値よりも株価が上がったケースが10社、同等の場合が1社という結果が出ています。

2021年は他の年に比べて初値売却の勝率がかなり高いですが、平均的に見ても80%以上の勝率を誇ります。

初値で売ると必ずしも勝てるわけではない

ですが初値で売れば高い確率で利益を出せると考えるのは非常に危険です。

例えばリーマンショック時の2008年は、この年のIPO投資の勝率は40%と非常にひっくい数字になっています。

またリーマンショックほどではありませんが、コロナショックを受けた2020年は75%と少し勝率が下がっています。

理由は市場の勢いが低下すると、新興市場に上場するIPO株に向かう資金が枯渇して、あまり公開価格で購入する人がいないため、公開価格が最大値になりづらくなります。

そのためIPO投資そのものを控えたほうがよい場合もあるので注意しましょう。

おすすめの米国株!高配当株・成長株や米国株投資におすすめの証券会社を紹介

QDレーザのようなIPO株の買い方

IPO株を購入する方法は、次の手順になります。

  1. 証券会社で口座開設する
  2. IPO株の抽選に応募する
  3. 当選したIPO株を購入する
  4. IPO株が上場されたら売買する

IPO株は必ず購入できるわけではなく、抽選に当たらなければ購入することはできません。

当選確率は大型のIPO株で5~10%、小型のIPO株で0.1%程度と言われています。

以下にそれぞれのステップごとに解説していきます。

証券会社で口座開設する

まずはIPO株を購入するために、証券会社で口座開設します。

IPO株は証券会社ごとに配分が決まっているので、IPO株が割り当てられる証券会社で口座開設をする必要があります。

適当な証券会社だと抽選に参加することができないので、きちんと証券会社を選びましょう。

IPO株の抽選に応募する

口座開設ができれば、IPOを選定して抽選に応募しましょう。

国内株式や外国株式とは違い、IPO株は常に購入できるわけではありません。

年間で株式市場に上場するのは50~100社程度で、IPO株の抽選が実施されるかどうかは企業の上場タイミングによって決まります。

ネット証券ではIPO株の平等抽選の割合が多く、抽選に当たりやすくなっています。

購入前に抽選に応募できますが、口座内にお金がなければ抽選には参加できないことがほとんどです。

当選したIPO株を購入する

抽選に当たった場合、IPO株を実際に購入することになります。

補欠当選もあり、当選者に購入辞退が出た場合、繰り上げ当選となればIPO株の購入権利が得られます。

当選していた時は「購入」を選択しましょう。

購入意思の表明をしていないか「辞退」を選んだ場合は当選が無効となってしまうため注意してください。

IPO株が上場されたら売買する

IPO株が上場されたら売買しましょう

購入したIPO株は上場後も保有し続けることが可能ですが、IPO株は上場後の初値が発行価格よりも高くなりやすいのですぐに売却する方がお得になります。

上場日の朝に売り注文を出すことで利益が出る可能性が高いです。

実際に2017年から2021年までの5年間に売られたIPO株は、初値売却で利益が出る確率が平均80%を超えています。

QDレーザの株価は下落中だが、IPO企業のため成長の余地がある

QDレーザの株価は下落中ですが、基本的にIPO企業の株価は初値が最大値になります。

実際に売上高は成長しているため、今後の成長度合いによっては株価が上昇していくことが予想されます。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力