サクソバンク証券

サクソバンク証券の評判・口コミはどう?ETF・米国株サービスの評価や取引手数料も解説

サクソバンク証券が外資系の証券会社で、取扱商品が多いことで高い評価を得ています。

しかし「実際サクソバンク証券って良いの?」と疑問に思う人も居ますよね。

今回は、サクソバンク証券の評判・口コミを紹介します。

サクソバンク証券のサービス内容や手数料も詳しく解説するので、必見です。

株式投資だけでなくFXやCFDのサービス内容も分かりやすく紐解いて行くので、サクソバンク証券で資産運用を考えている人は参考にしてください。

【2021年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

サクソバンク証券の基本情報

サクソバンク証券の基本情報をまとめました。

サクソバンク証券は外国株式の取扱が豊富で有名ですが、他の金融商品も有名です。

各サービス内容を初心者でも分かりやすく解説しているので、これから口座開設しようか迷っている人はチェックしておきましょう。

手数料

サクソバンク証券の手数料についてまとめました。

  • 外国株式
  • CFD
  • 先物
  • FX
  • ETF/ETN

上記の金融商品の手数料を紹介していきます。

サクソバンク証券の手数料は業界最安値で取扱銘柄は業界最多!他社との徹底比較も!

外国株式の手数料

サクソバンク証券の外国株式手数料は下記の通りです。

取引所 取引手数料
(1注文あたり)
最低取引手数料
(1注文あたり)
上限取引手数料
(1注文あたり)
NASDAQ 取引金額×0.2% 5.0米ドル 15.0米ドル
ニューヨーク証券引所 取引金額×0.2% 5.0米ドル 15.0米ドル
NYSE American 取引金額×0.2% 5.0米ドル 15.0米ドル
ドイツ取引所(XETRA) 取引金額×0.5% 12.0ユーロ
ロンドン証券取引所 取引金額×0.5% 8.0ポンド
NYSEユーロネクスト・パリ 取引金額×0.5% 12.0ユーロ
ストックコネクト
(上海・深セン)
取引金額×0.2% 40.0オフショア人民元 350オフショア人民元
香港取引所 取引金額×0.2% 40.0香港ドル 450香港ドル

各銘柄の取り扱い取引所によって利用する為替が異なるので、為替レート変動に注意しながら運用コストのバランスを考慮しましょう。

大手ネット証券のSBI証券より取引手数料や上限手数料が安く抑えられるので、外国株式をメインに運用していきたい人におすすめです。

しかしNISA口座を利用した場合、別途手数料が発生するので人によっては割高になってしまうケースもあります。

CFDの手数料

サクソバンク証券のCFDにかかる手数料は下記の通りです。

  • 株価指数CFD/日本株式CFD/商品CFD…無料

サクソバンク証券はほとんどのCFD商品の手数料を無料にしています。

外国株式・ETF/ETNCFDのみ取引手数料が各取引所によって異なるので注意しましょう。

先物の手数料

サクソバンク証券の先物にかかる手数料は下記の通りです。

決済通貨 1ロットあたり
豪ドル 10.0豪ドル
ユーロ 6.0ユーロ
英ポンド 5.0英ポンド
米ドル 6.0米ドル

先物にかかる手数料は決済通貨によって設定が異なり、サクソバンク証券の提示レートで円転されるので、為替変動に注意しましょう。

また、手数料は全て税込み表示となっています。

FX

サクソバンク証券のFXは手数料がすべて無料で発生するコストはスプレッドのみです。

主要通貨ペア スプレッド(2021/11/11時点)
米ドル円 0.3銭
ユーロ円 0.5銭
ポンド円 1.2銭
豪ドル円 0.5銭

サクソバンク証券のスプレッドは変動性であるため、レートの変動によって上記スプレッドで取引できないケースもあります。

また、インターバンク直結コースの人は手数料が別途発生するので気をつけましょう。

ETF/ETN

サクソバンク証券のETF・ETNにかかる手数料は下記の通りです。

取引所 取引手数料
(1注文あたり)
最低取引手数料
(1注文あたり)
上限取引手数料
(1注文あたり)
NASDAQ 取引金額×0.2% 5.0米ドル 15.0米ドル
ニューヨーク証券取引所 取引金額×0.2% 5.0米ドル 15.0米ドル
NYSE American 取引金額×0.2% 5.0米ドル 15.0米ドル
ドイツ取引所(XETRA) 取引金額×0.10% 12.0ユーロ
ロンドン証券取引所 取引金額×0.10% 8.0ポンド
NYSEユーロネクスト・パリ 取引金額×0.10% 12.0ユーロ
香港取引所 取引金額×0.25% 40.0香港ドル

サクソバンク証券のETF/ETNは基本的に外国株式に発生する手数料と同じです。

外国株式同様、取引手数料はサクソバンク証券の提示レートで円転されるので、為替変動に注意しましょう。

取扱商品

サクソバンク証券が取り扱っている商品は下記の通りです。

取扱商品 銘柄・通貨ペア数
FX 150種類以上
CFD 9,000銘柄以上
外国株式 12,000銘柄以上
先物 300種類以上
外国株式オプション
FX・貴金属オプション 45種類
ETF/ETN

取扱金融商品が7種類と豊富な上に、取り扱っている通貨ペアや銘柄数も種類豊富です。

幅広い投資戦略を試せる環境が整っているので、メイン口座として開設するのもおすすめです。

外国株式に関しては国内トップレベルの銘柄を取り扱っているので、外国株式で投資を考えている人は口座開設を検討してみましょう。

取引ツール

サクソバンク証券の取引ツール

サクソバンク証券が取り扱っている取引ツールは下記の通りです。

  • SaxoTraderGO
  • SaxoTraderPRO

また、サクソバンク証券では外部取引ツールも利用可能です。

  • OpenAPI for Excel…全商品( FXオプション・貴金属オプションを除く)
  • マルチチャート… FX/CFD
  • TradingView…FX/株式CFD/外国株式
  • MT4…FX

世界的に愛用者の多いMT4の搭載や、ポートフォリオを充実させることができるツールも搭載されているので、初心者から上級者まで充実した取引が可能です。

また自社開発のSaxoTraderGOでは「オートチャーティスト」という取引支援ツールを利用できます。

オートチャーティストは最新のアルゴリズムがFX/CFD・外国株式などの複数銘柄の値動きを常時モニターしチャートパターンのテクニカル分析を行ってくれるツールです。

最適の取引タイミングを取引シグナルとしてアラート通知してくれるので、初心者でも有効活用できます。

取引ツールのバリエーションが豊かで、様々な商品を最新機能で運用できる点は他の証券会社には無い魅力的なメリットです。

実施中のキャンペーン

実施中のキャンペーン

サクソバンク証券は紹介プログラムキャンペーンを実施しています。

家族や友人にサクソバンク証券を紹介して初回入金後30日以内に3回以上取引し場合、紹介した人に5,000円紹介された人に4,000円プレゼントされます。

手続方法も簡単で紹介プログラム専用URLを取得し、口座開設後条件クリアで特典がプレゼントされます。

知り合いにサクソバンク口座を持っている人がいる場合、上手く活用すればお得に現金を貰えるので利用してみましょう。

サクソバンク証券のメリット

サクソバンク証券のメリットをまとめました。

初心者から上級者までプラスになるメリットがあるので、口座開設を検討している人はチェックしましょう。

取扱金融商品が豊富

サクソバンク証券は、金融商品の取り扱いが豊富で銘柄・通貨ペアの種類も業界トップクラスです。

幅広く投資することができるので、メイン口座として活用することができます。

各商品の手数料も安めに設定されており、初心者が少額運用から初めてもコツコツ利益を積み重ねることができるのでおすすめです。

また、高機能な取引ツールが揃っている為、各金融商品の取引を万全におこなうことができます

デモ口座に対応している

サクソバンク証券はデモ口座に対応している証券なので、口座開設前に取引ツールの操作性を学ぶことができます。

また資金を利用することなく投資練習を行えるので、初心者も安心して投資スキルを向上させられます。

国内の証券では、FX取引においてデモ口座を提供していますがその他の商品に対応していないことが多く、サクソバンク証券のように様々な商品をデモ口座で取引できる所は少ないです。

デモ口座で資金を使わず様々な商品で投資をやってみたい人におすすめです。

FXで月曜の午前3時から取引ができる

FX取引は基本的に24時間いつでも可能ではありますが、土日は一切取引をしていません。

したがって取引開始は週明け月曜日の朝からとなります。月曜日の朝は週末に起きた事件などが一気に反映されることもあって、為替レートが金曜日の晩と比べると大きく変動していることもしばしばあります。

そのため月曜日の早朝は大きく儲けるチャンスなのですが、ほとんどの証券会社は月曜7時ごろから取引が始まるという事もあり、そのころにはすっかり値動きが収まってせっかくの大儲けのチャンスを逃すという事も多いです。

ところがサクソバンク証券は月曜午前3時から取引をおこなうことができるので、大幅な値動きを起こす銘柄に対していち早く対応することが可能となっています。

サクソバンク証券のデメリット

魅力的なメリットの多いサクソバンク証券ですが、デメリットも存在します。

投資家によっては相性の良くない要素もあるので、デメリットを確認して本当に口座開設するべきか判断しましょう。

マーケット情報が英語

サクソバンク証券は外資系の証券である為、マーケット情報が英語で明記されているものもあります

英語を理解できる投資家であれば問題ありませんが、英語が苦手な人だと手間がかかってしまいます。

またサクソバンク証券が提供している情報は他の主要ネット証券に比べて少なめなので、証券で情報収集をしたい人にとって物足りなさを感じてしまいます。

取扱商品が多すぎて選べない

取扱している商品が多いのはメリットとして挙げられますが、デメリットとして作用する場合もあります。

初心者の場合、投資先のスクリーニングができない人もいるのでシンプルに運用したいという人は複雑に感じてしまいます。

サクソバンク証券はマーケット情報も少なく、初心者は銘柄選びに苦戦してしまう場合があるので注意しましょう。

FXは5,000通貨単位での取引から

サクソバンク証券が提供しているFXは、5,000通貨単位からの取引になっています。

通常国内の業者・証券であれば1,000通貨単位・10,000通貨単位から取引できるので、設定が他と異なり困惑してしまいます。

また1,000通貨単位から取引できる証券より少額運用できない設定になっているので、FXで少額運用したい人は他の証券・FX業者をおすすめします。

サクソバンク証券のひと目で分かるみんなの評価

手数料
取扱商品
サポート
情報量
IPO
スマホ対応
注文方法
人気

サクソバンク証券の評判・口コミ

評判1.通貨ペアの多さは魅力的

年齢 43歳
性別 男性

サクソバンクという名前は一般の人にはあまりなじみがない会社かもしれませんが、ヨーロッパではとても実績がある会社なので安心して利用して大丈夫だと思います。

私は実際に利用していますがとくに取引している最中にトラブルに遭遇することもなくこれまで使い続けることができています。

サクソバンクの最大の魅力は何といっても通貨ペアの種類の多さではないでしょうか。ほかのFX証券会社では取り扱っていないような通貨で取引することができるので思わぬ掘り出し物が見つかることがあります。

ただほかの証券会社と比べると小回りが利きにくい印象があるので、中長期的なトレードを楽しみたいという人に向いている証券会社だと思います。

評判2.デザインがわかりやすい

年齢 36歳
性別 女性

外資系の証券会社なので最初はサイトのデザインや内容が分かりにくいのではと不安もありましたが、実際に使ってみるとデザインがすっきりしているからかとても分かりやすく使い勝手も抜群です。

必要な情報が必要なだけ記載されているので迷わずに自分がしたい取引をおこなうことができます。また以前利用していた証券会社のサイトはとにかくサーバーが安定せず、それによって取引をしたいと思ったときにアクセスが集中してサーバーがパンクし、せっかくのチャンスを逃してしまうという事が多々ありました。

サクソバンク証券を利用してからはそのようなこともなく、安定した取引ができています。

評判3.週明け早朝に取引できる点が良い

年齢 45歳
性別 男性

大口の注文でも取引が無効になることなく、しっかりと通してくれるのはとてもいいと思います。資産運用をする際には約定力があるかどうかは結構大事だったりするのですが、サクソバンクで取引をしているときは取引が通らなかったという経験がありません。

約定力に関しては抜群の安定感がある証券会社です。そしてほかの人があまり指摘していないようですが、サクソバンクでは週明けの月曜日、夜中の3時から取引を受け付けています。

なかなかこの時間に起きている人も少ないかもしれませんが週明けのトレードというのは実はいろいろとチャンスがあり、その取引をいち早く行えるのはかなり魅力的です。

評判4.初心者でも使いやすい証券会社

年齢 33歳
性別 男性

サクソバンクという名前は聞いたことがないという人も多いと思います。証券会社としての知名度に関してはテレビコマーシャルを放送している「DMM証券」などのほうが有名でしょう。

しかしサクソバンク証券は実際に使ってみるとサイトには余計な情報が掲載されていないので自分のしたい取引をスムーズにおこなえますし、サーバーがとても安定しているので実際におこなった取引が不成立になってしまうといったこともありません。

そのため実は知名度の低さに反して初心者にもおすすめできる証券会社ではないかと個人的には考えています。また通貨ペアの多さが国内の証券会社トップであるため、中上級者にとっても魅力的な証券会社です。

サクソバンク証券はどんな人におすすめ?

サクソバンク証券におすすめの人はどんな人なのかまとめました。

サクソバンク証券は取扱商品の豊富さと高性能ツールが魅力的で、ガッツリ運用したいという人におすすめです。

これから詳しく紹介するので、当てはまるかチェックしてみてください。

豊富な通貨ペアで取引をしてみたい人

サクソバンク最大の特徴はやはり160以上という国内最大の通貨ペアの多さです。

そのためほかの証券会社では取引できないような通貨での取引をしたいという人には真っ先におすすめできる証券会社です。

FXの情報収集をしていて通貨価値が大きく上昇している通貨を見つけたら、まずはサクソバンク証券で取引をしていないかをチェックすると誰よりも早くその通貨での取引が行えるのではないでしょうか。

月曜日の早朝から取引を行いたい人

サクソバンクでは月曜日の早朝3時から取引をおこなうことができます。

通常の時間帯とは異なり、この時間であればあまり取引を実施している証券会社もないためじっくりと取引をすることができますし、誰よりも早く利益を確保することも可能です。

早起きに自信がある人は口座を持っておいて損はないでしょう。

安定した取引をしたい人

せっかく利益が出ると思ったときに取引をしようとしてもサーバーが安定せずに取引を受け付けてもらえなければ大損してしまうことになります。

サクソバンク証券は約定率が業界トップクラスなので取引したいと思ったときに安定して取引をおこなうことができ、利益を確実に確保することが可能です。

サクソバンク証券口座開設の流れ

サクソバンクでの口座開設の流れは以下のようになります。

  • サクソバンク証券で口座開設を申し込む
  • 申し込み後、本人限定郵便物通知が届く
  • 口座開設完了通知が届きます

サクソバンク証券で口座開設を申し込む

まず、サクソバンク証券で口座を開設するにあたっては個人番号が確認できるものと本人である証明ができる書類が必要になります。

マイナンバーカードを所有していればそれ1枚で証明が可能ですが、持っていない場合は個人番号が確認できるものと運転免許証などの本人証明ができる書類が併せて必要です。

必要書類が準備できたらサクソバンク証券のホームページから「いますぐ口座開設」というアイコンをクリックします。口座開設はスマホでもおこなえるのでスマホでの手続きが楽でしょう。

基本事項を確認し、同意したら氏名や生年月日、住所や勤務地などの基本情報を入力していきます。入力が終わったら内容に間違いがないか確認しましょう。

必要事項の入力が完了したら先ほど準備した本人確認用の書類をアップロードします。これで口座開設の手続きは完了です。

本人限定郵便物通知が届く

申込みをしてからだいたい3日くらいで本人限定郵便物到着の通知が自宅に届きます。

この郵便物は配達してほしい日時を郵便局に電話して配送してもらうか、直接郵便局へ行くかすると受け取ることができます。

口座開設完了通知が届き取引開始

本人限定郵便物の内容は「口座開設完了通知」です。この通知書にはユーザーIDが記載されているので忘れないようにどこかにメモするか、書類を保管しておきましょう。

ユーザーIDを確認したらサクソバンク証券のサイトを開き、ログインするための最終手続きをします。ここでは口座の種類とEメールアドレスの設定、そしてユーザーIDを入力する必要があります。

入力するとパスワードを設定する画面になるので任意のパスワードを設定し、パスワードを入力すればログインが可能になります。これでサクソバンクで取引がおこなえるようになります。

サクソバンク証券の会社情報

会社名 サクソバンク証券株式会社
事業所所在地 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー22F
電話番号 03-5511-6070
登録番号 第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
設立 平成18年4月
資本金 3億円

サクソバンク証券は手広く資産運用したい人におすすめ

サクソバンク証券は、様々な金融商品を利用して手広く資産運用したい人におすすめです。

各商品の手数料も安く抑えられているので、利益効率を落とさず取引できます。

様々な商品を一つの口座で管理できる為、メイン口座を探している人にもおすすめです。

【株初心者・入門】株式投資の始め方・買い方を解説!株の基礎知識から初心者必見の少額投資手法まで解説

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力