証券会社

静銀ティーエム証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

静銀TM証券

静銀ティーエム証券のひと目で分かるみんなの評価

手数料 ★★★☆☆
取扱商品 ★★★★☆
サポート ★★★★★
情報量 ★★★☆☆
IPO ★★☆☆☆
スマホ対応 ★★★★☆
注文方法 ★★★☆☆
人気 ★★★☆☆

静銀ティーエム証券の口コミ・評判

地元の証券会社と取引をしたいと思って「定時定額買付」を始めた女性の口コミ

年齢20代
性別女性

生まれた時から静岡に住んでいて、少しでも地域に貢献できたらと考えていた時に静銀ティーエム証券のことを知りました。投資ならネット証券もあるけど、地元の静岡銀行グループなので安心感もあります。投資信託をするなら長期的にと考えていたので、1万円から投資ができる「定時定額買付」があるのも決め手になりました。口座開設の際に営業員による説明が受けられるというのも、投資初心者には安心です。申込の書類を見ているだけではわからないことも、対面で説明を受けると理解ができます。こうした丁寧な説明をしてもらえて、フォローもしっかりしているというのは、ネット証券にはありません。私は投資が初めてだったので、手厚いサポートが受けられる静銀ティーエム証券は合っていました。

すでに投資信託をしていて新規開拓を考え取引を開始した男性の口コミ

年齢30代
性別男性

20代の頃から大手の証券会社で投資信託をしていました。資産運用を考えると新規開拓も必要と感じたのが、静銀ティーエム証券への口座開設のきっかけです。静岡にもいくつか地方銀行はありますが、静岡銀行に口座を持っていたというのも口座開設への後押しになりました。ファンドの種類も多く、自分に合ったものが選びやすいというのも投資信託をする上では大きなメリットです。しかも、静岡銀行との連携サービスもあり、ポイントも高いと感じました。ただ、申込がインターネットではなく、直接店舗に行かなければならないのは、仕事をしている身とすると不便です。申込に手間がかかる以外は、満足度が高い証券会社といえます。”

ずっと気になっていた株式取引を始めた男性の口コミ

年齢40代
性別男性

ずっと株をやってみたいと思っていたのですが、リスクを考えるとチャレンジできませんでした。地元の静銀ティーエム証券は、国内の上場している株であればネット取引もできると知り、口座開設をしました。静銀ティーエム証券は、最初に説明をしてもらえます。私みたいな株の初心者でも、不安がなく取引できます。株を始めてからニュースに対する見方も変わりました。職場でも同僚や上司と株に関する情報交換をしています。海外の株にも興味があるので勉強中です。40代のうちに静銀ティーエム証券で取引をしている「外国株式」にも挑戦したいです。しっかりとリスクについても理解をした上でチャレンジできるように準備をしておきます。”

子供の教育資金を増やしたくて投資信託を始めた女性の口コミ

年齢40代
性別女性

静銀ティーエム証券で投資信託を始めたのは、子供の教育資金に不安を感じたからです。夫とも銀行に預金するよりも、多少リスクはあってもお金を増やせる方がよいと判断し、投資信託を選択しました。静銀ティーエム証券の良い所は最初に説明をしてくれることでしょう。対面での説明になるので、知りたいことを聞き逃さずに済みます。不安なこともその場で質問できるので、問題もすぐに解決できます。スタッフの人もライフプランニングを確認した上でピッタリなファンドを紹介してくれました。主婦なのでたくさんは投資ができませんが、コツコツと資産を増やしていきたいです。投資って子育てに似ていると思いながら、楽しんでいます。

静銀ティーエム証券のメリット

地域密着型である

静銀ティーエム証券は、静岡銀行と三菱UFJ銀行が出資して作られた証券会社です。

企業理念は「地域に根ざし、お客さまの資産形成に資する提案営業に徹する」と掲げており、地域密着型の経営を心掛けています。

店舗数は静岡県内で15店舗、神奈川県内で2店舗の計17店舗で、静岡県内では最も店舗数が多い証券会社となっています。

地元の人のニーズに応えるということを大事にしており、利用者の投資目的に合ったサービスを提供しています。

証券会社はたくさんありますが、地元の会社で取引をしたいという人もいるでしょう。そのような場合、静岡銀行のような地域密着型の証券会社は利用しやすいといえます。

静岡在住という人にはおすすめの証券会社です。

サポート体制がしっかりしている

静銀ティーエム証券の良い所は、サポート体制がしっかりしている所でしょう。

静銀ティーエム証券は対面での対応を大切にしていて、営業員のわかりやすい説明が好評の証券会社です。

投資にはリスクもあるので、徹底的にヒアリングをした上で投資目的に合った商品を紹介しています。

また、静銀ティーエム証券で投資をする人には、営業員や本社のサポートセンターが定期的にフォローします。

投資について気になることがあれば気軽に相談できるので、投資初心者でも利用がしやすい証券会社と言えるでしょう。

さらに、静岡銀行グループという強みを活かして、銀行と提携をした資産運用もできます。

ライフプランに合わせてしっかりサポートしてもらえるというのは店舗型証券会社ならではのメリットですね。

投資信託のファンド数が多い

静銀ティーエム証券では、国内外のファンドの取り扱いがあります。

その数は140ファンド以上なので、投資の目的に合わせて選ぶことができ、投資初心者から経験者まで幅広く利用ができる証券会社と言えるでしょう。

WEBサイトで取り扱いファンドが全て掲載されているのでぜひ参考にしてください。

また、WEBサイトの販売額ランキングでは月次ベースで売上高10位まで紹介しているのでファンド選びの参考にもなります。

さらに、WEB上には投資信託に関するQ&Aも掲載されているので、気になることはWEBでも確認できます。

静銀ティーエム証券はファンドの選択肢が多いだけでなく、説明もわかりやすいということで利用がしやすい証券会社といえるでしょう。

静銀ティーエム証券のデメリット

外国株式や新株予約権はインターネット取引ができない

オンライントレードという言葉もあるように株式取引に関しては「インターネット取引」が主流になってきています。

静銀ティーエム証券でも投資信託や上場取引をしている「日本株式」や「ETF」と呼ばれる「上場投信」については、インターネット取引ができます。

ただ、日本株式でも「新株予約権」はインターネット取引ができません。また、外国株式も営業員経由のみになります。

ネット証券会社では、外国株式や新株予約権に関してもインターネット取引ができますし、大手証券会社も対応する所が増えています。

忙しい人だと営業員を経由して取引を行うのが負担に感じてしまうこともあるでしょう。

静銀ティーエム証券をインターネットで利用する場合は、投資信託メインにするのがおすすめです。

インターネット経由では大口取引がしにくい

インターネット経由で取引をする時は約定料金が5,000万円以下であれば、一括で購入することができます。

しかし、約定料金が5,000万円以上になると分割もしくは営業店に連絡をして取引をする必要があります

これだと営業員経由で購入するのと変わりがなく、インターネット取引の利便性が失われてしまいます。

静銀ティーエム証券は、人と人の繋がりを大切にする証券会社です。

対面でのサポートを大切にしているため、大口の取引は営業員経由でとなるのかもしれません。

大口の取引は避ける、約定料金5,000万円までなら一括購入できると考えるのであれば、静銀ティーエム証券は利用しやすい証券会社です。

店舗数が少ない

静銀ティーエム証券は、静岡銀行グループの証券会社ということもあり、静岡県内を拠点にしています。

静岡県内では15ヶ所に店舗があるため、静岡が地元の人には利用しやすい証券会社です。

では、他の地域に住んでいる人にとっては使いやすいのでしょうか。

静銀ティーエム証券は、静岡県以外の地域では、神奈川県のみに店舗があります。それも横浜市と藤沢市の2店舗のみになります。

大手証券会社のように全国展開というわけではないので、支店があるエリア以外に住んでいる人はインターネット取引をしたくても不便かもしれません。

地方に拠点を置いている証券会社は、地域密着型を掲げている所も多いので、静銀ティーエム証券は静岡県や神奈川県に住んでいる人向きといえます。

静銀ティーエム証券はどんな人におすすめ?

長期に渡ってサポートをしてもらいたい人

静銀ティーエム証券では利用者が取引を継続しやすいように営業員やサポートセンターがフォローします。

最初は初心者向けにリスクが少ない商品からはじめて、慣れてきたらリターンが大きい商品に挑戦していくということもできます。

例えば20代の頃から投資を始めれば、ライフプランニングに応じてサポートを受けることもできるのです。

長期に渡って株式の取引をしたいという人向きの証券会社といえます。

静岡県に住んでいる人

静銀ティーエム証券は、静岡県でもっとも店舗数が多い証券会社です。

静岡銀行の支店と同じ所に店舗を設けている所もあります。

静岡県内に住んでいる人なら、大手証券会社よりも店舗に行きやすいという人もいるでしょう。

特に静銀ティーエム証券は資産形成のサポートに力を入れています。

静岡銀行と資産運用の提携もしているので、銀行口座を持っている人には利用しやすい証券会社といえるでしょう。

静岡県在住の人にピッタリのサービスが受けられる証券会社です。

投資信託を始めたい人

静銀ティーエム証券は、幅広い商品展開で知られていますが、なかでも投資信託の充実ぶりは目を見張るものがあります

国内外のファンドの他に、NISAや1万円から投資ができる「定時定額買付」もできるのです。

少ない金額でも投資できるのなら、初心者でも口座が開設しやすいでしょう。

営業員やサポートセンターのスタッフによるフォローも受けられるので、投資信託に挑戦したい人に向いています。

静銀ティーエム証券の手数料

静銀ティーエム証券の最低手数料は、インターネット経由だと1,650円、営業員経由では2,750円です。

一見インターネット経由の方がお得に見えます。

ただ、投資というのは、同じ日に同一銘柄で複数の売り買いがあった場合、経由先で手数料が異なることもあります。

静銀ティーエム証券は、インターネット経由の場合取引ごとに手数料が発生します。

営業員経由で行った場合は、一つの注文での手数料で済みます。

株式の動向によっては1日に何度も売り買いをすることもあるため、利益があったとしても取引のたびに手数料が発生すればリスクを感じてしまうでしょう。

投資を行う時は、取引の手軽さだけでなく、売り買いにおける手数料の金額についてもしっかり確認する必要があります。

静銀ティーエム証券の取扱商品

静銀ティーエム証券の取扱商品は「投資信託」「株式等」「債券」の3種類になります。

特前述したように投資信託については取り扱い商品が多く、140件以上のファンドから自分に合ったものを選べます。

また「NISA」や「定時定額買付」もできます。

株式については「日本株式」と「外国株式」があります。

日本株式は「東京証券取引所上場株式」「マザーズ」「JASDAQ」の他に、REITやETFも取り扱っています。

外国株式は、ニューヨーク証券取引所とナスダック市場の「米国市場上場株式」の証券になります。債権は「国内社積」と「外国社積」の2種類です。

外国社積は「円建て」「米ドル建」「豪ドル建」「ブラジルレアル建」「インドルピー建」「メキシコペソ建」になっています。

静銀ティーエム証券口座開設の流れ

  1. 店舗の窓口に電話で問い合わせをする
  2. 店舗の窓口にて説明を受ける
  3. 店舗の窓口で口座開設を申し込む

①店舗の窓口に電話で問い合わせをする

静銀ティーエム証券は「ネット型」ではなく「店舗型」の証券会社です。

口座開設に関しては、インターネット取引を希望する人も店舗で受付をする必要があるため、証券取引及び口座開設について説明を受けることは必須です。

対面で説明をすることで、静銀ティーエム証券の商品や証券取引についても理解を深めることができますよ。

静銀ティーエム証券で取引を希望する人は、まず最寄りの店舗に電話をして、説明を受ける日程を決めましょう。

その際、希望の取引方法についても伝えておくと当日の説明がスムーズになります。

説明を受ける際に持って行く書類があるかも確認しておくとよいでしょう。

②店舗の窓口にて説明を受ける

静銀ティーエム証券では、口座開設に関してだけでなく、取り扱い商品についても窓口で説明をします。

インターネット取引をする場合も対面で説明を行います。

特に証券取引が初めての人は、投資に関しても不安を抱えているでしょう。

わからない点や不安なことについても対面ならその場で丁寧に教えてもらえるというメリットがあります。

電話やメールでは質問しにくいということも、対面なら聞きやすかったりしますよ。

③店舗の窓口で口座開設を申し込む

説明時に口座開設に必要な書類を渡されます。

書類に必要事項を記入して、窓口に申込をします。本人確認に必要な書類も忘れずに用意しましょう。

インターネット取引の場合は、後日、本人限定郵便でログイン情報が送られてきます。

パソコンかスマートフォンでお客様コードとパスワードを入力すれば口座開設完了です。

静銀ティーエム証券の会社情報

  • 会社名 静銀ティーエム証券株式会社
  • 事業所所在地 〒420-0853静岡市葵区追手町1番13号(アゴラ静岡4階)
  • 電話番号 054‐254‐6111
  • 登録番号 東海財務局長(金商)第10号
  • 設立 2000年12月22日
  • 資本金 30億円
株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力