東海東京証券

東海東京証券の手数料は高い?現物・信用取引の手数料を他社と徹底比較

東海東京証券

東海東京証券は東海地方に基盤を置く老舗総合証券会社になり、国内の証券会社の中でもトップクラスの規模と知名度を誇っています。

そんな東海東京証券の手数料は安いのでしょうか?

ネット証券ではなく総合証券会社になるため、手数料以外に魅力的なことが多いのですが、株式投資を行う上で手数料の安さは欠かせません。

そこで今回は、東海東京証券の手数料について詳しくご紹介していきます。

手数料の種類は1種類だけではない

そもそも株式式投資には「取引手数料」が発生するのですが、取引手数料といっても1種類だけではなく、大きく3種類の手数料が存在しており、下記の通りになっています。

  1. 売買委託手数料…株式を売買するときに発生する手数料
  2. 入出金手数料…口座にお金を入金、出金するときに発生する手数料
  3. 口座管理手数料…口座を持っていることで発生する手数料

株式投資の取引手数料には、上記3種類の手数料が存在するのですが、最も肝心な手数料が「売買委託手数料」です。

売買宅手数料が株式を売買する度に発生する手数料なため、支払う頻度が多くなります。

さらに「入出金手数料」と「口座管理手数料」は証券会社が負担してくれる場合があるのですが、「売買委託手数料」を負担してくれる証券会社はありません。

そして、ネット証券と総合証券では「売買委託手数料」に大きく違いがあり、総合証券の場合は最低2,000〜3,000円、ネット証券の場合は最低100円以下になります。

サービス内容よりも手数料だけに重きを置く場合は、ネット証券がおすすめです。

株式投資における東海東京証券の手数料一覧

東海東京証券は総合証券になりますので、取引サービスは2種類あります。
オンラインでの取引がメインになる「かんたんダイレクトサービス」と店舗での取引がメインになる「あんしん総合サービス」があり、取引方法によって手数料は異なります。

2種類の取引方法によって手数料は変わってくるのですが、「基本委託手数料」は取引方法によって変わりません

基本委託手数料は下記の通りです。

100万円まで 1.2650%(最低手数料:2,750円)
200万円まで 0.9350%+3,300.0円
300万円まで 0.9075%+3,850.0円
400万円まで 0.8580%+5,335.0円
500万円まで 0.8470%+5,775.0円
1,000万円まで 0.7260%+11,825.0円
3,000万円まで 0.5830%+26,125.0円
5,000万円まで 0.2750%+118,525.0円
5,000万円超 0.0880%+212,025.0円

上記の基本委託手数料を踏まえてそれぞれの手数料をご紹介します。

「かんたんダイレクトサービス」現物取引の手数料

かんたんダイレクトサービスは、ネットやコールで取引をしたい方におすすめで、専任の担当者が付きませんので、投資に関する情報などは全て自分で収集することになります。

その分、合間の時間などでも取引することが可能になりますので、株式経験者などにはおすすめです。

そんな「かんたんダイレクトサービス」では「オンライントレード」と「コールセンター取引」2種類の取引方法が対象になります。それぞれの取引方法の手数料は下記の通りです。

『オンライントレード』(基本委託手数料から70%割引)
10万円 1,650円
25万円 1,650円
50万円 1,897円
75万円 2,846円
100万円 3,795円
150万円 5,197円
200万円 6,600円
300万円 9,322円
500万円 14,437円

 

『コールセンター取引』(基本委託手数料から30%割引)
10万円 2,475円
25万円 2,475円
50万円 4,427円
75万円 6,640円
100万円 8,855円
150万円 12,127円
200万円 15,400円
300万円 21,752円
500万円 33,687円

「あんしん総合サービス」現物取引の手数料

あんしん総合サービスは、店舗で専任の担当者と相談をしながら取引をしたい方におすすめで、投資に関する情報なども担当者が提供してくれます。

株初心者の方などにはおすすめのサービスです。そんな「あんしん総合サービス」では「営業店取引」と「オンライントレード」の2種類の取引方法が対象になります。

それぞれの手数料は下記の通りです。

『営業店取引』(基本委託手数料から最大18%割引)
10万円 2,750円
25万円 2,750円
50万円 5,186円
75万円 7,779円
100万円 10,373円
150万円 14,206円
200万円 18,040円
300万円 25,481円
500万円 39,462円

 

『オンライントレード』(基本委託手数料から40%割引)
10万円 1,650円
25万円 1,897円
50万円 3,795円
75万円 5,692円
100万円 7,590円
150万円 10,395円
200万円 13,200円
300万円 18,645円
500万円 28,875円

「かんたんダイレクトサービス」信用取引の手数料

東海東京証券では「かんたんダイレクトサービス」でしか信用取引を行うことはできません。

あんしん総合サービス」を選択した場合は、「かんたんダイレクトサービス」に変更しなくては信用取引を行うことができませんので、注意してください。

信用取引の手数料は下記の通りです。

10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 363円

東海東京証券の手数料を他の証券会社と徹底比較

東海東京証券の手数料についてご紹介してきましたが、大切なことは他社の証券会社よりも手数料が安いかということです。

東海東京証券以外にも、総合証券と言われる証券会社は数多くありますので、この記事では「野村証券」「大和証券」の手数料と比較をしてご紹介していきます。

現物取引を徹底比較

証券会社名 現物の取引額が
100万円まで 200万円まで 500万円まで 1,000万円まで 3,000万円まで 5,000万円まで
東海東京証券 1.2650% 0.9350%+3,300.0円 0.8470%+5,775.0円 0.7260%+11,825.0円 0.5830%+26,125.0円 0.2750%+118,525.0円
大和証券 1.26500% 0.96800%+2,970円 0.96800%+2,970円 0.71500%+15,620円 0.57750%+29,370円 0.33000%+103,620円
野村証券 0.9460% + 2,728円 0.8800% + 3,388円 0.8470% + 4,378円 0.7040% + 11,528円 0.5720% + 24,728円 .2640% + 117,128円

信用取引を徹底比較

東海東京証券の信用取引は、オンライン取引のみが対象になっておりましたので、他社の証券会社もオンライン取引の手数料で比較していきます。

証券会社名 信用取引での取引額が
10万円まで 20万円まで 50万円まで 50万円超
東海東京証券 99円 148円 198円 363円
大和証券 314円 314円 314円 524円
野村証券 1注文あたり一律524円

東海東京証券の手数料を他社と比較しますと、現物取引に大きな差はありませんでしたが、信用取引は東海東京証券の手数料が最も安くなっております。

信用取引を行う場合には東海東京証券がおすすめです。

信用取引をお考えの方は東海東京証券で口座開設しよう

この記事では、東海東京証券の手数料についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

東海東京証券は総合証券になりますので、ネット証券と手数料を比較しますと少し高くなります。

しかし、ネット証券にはない専任の担当者が付くサービスが東海東京証券にありますので「プロからのアドバイス料」と考えるとそこまで高くないでしょう。

さらに、東海東京証券の信用取引は総合証券の中でも最安値になっていますので、是非東海東京証券で口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力