株主優待

ヴィアホールディングス(7918)の株主優待が改悪された?廃止内容を詳しく解説

ヴィアホールディングスのお株主優待は改悪された?

ヴィアホールディングスは「やきとりの扇屋」や「いちげん」などを経営している飲食企業で、株主優待内容が自社商品交換と優待割引券となっていました。

しかし2021年ヴィアホールディングスの株主優待内容は改悪されています。

今回はヴィアホールディングスの株主優待が改悪された内容と原因を詳しく解説します。

現在ヴィアホールディングスの株を保有している人や、株の購入を考えている人は参考にしてください。

ヴィアホールディングスの株主優待内容と変更点

ヴィアホールディングスの株主優待は改悪?

ヴィアホールディングスの株主優待内容は前回と比べて改悪に変更されています。

変更された内容

  • 商品交換が不可能になった

ヴィアホールディングスは前回まで、商品券と商品交換のどちらか選択できましたが、処品交換が廃止されています。

原因として業績赤字の拡大が挙げられます。

商品交換が廃止

ヴィアホールディングスは商品券と自社製品の商品交換どちらか選べる方式でしたが、商品券のみの特典に変更しています。

株主優待の回数は年に2回ありますが、商品交換が廃止された為、株主達は改悪されたと認識しています

2016年の株主優待内容では、商品交換内容も豪華でしたが、現在は経営悪化により商品券のみとなりました。

ヴィアホールディングスの株主優待が改悪された原因

ヴィアホールディングスの株主優待が改悪された原因は業績悪化が挙げられます。

ヴィアホールディングスの経営は飲食店がメインとなっており、2020年に起きたコロナショックで大ダメージを受けています

コロナショック前からヴィアホールディングスの株価は右下がりになっており、今後復帰する兆しが見えない状態となっています。

業績が大幅の赤字になっている

ヴィアホールディングスの業績は赤字が拡大しており、復活が難しい状態です。

2016年頃に事業拡大後に東証1部に上場を果たしましたが、上場後の業績が伸びず苦しい状況が続いています

コロナショックの影響を受けている

元々株価が2017年以降から右肩下がりでありましたが、2020年のコロナショックで拍車がかかった状況となりました。

株主優待の内容を変更せざるおえない状況まで追い込まれているので、株を保有している人は損切りを考える必要があります

ヴィアホールディングスの株主優待は改悪し続けている?

ヴィアホールディングスは2016年に東証1部に上場を果たしましたが、業績悪化が止まらず株主優待内容も比例して改悪し続けています。

2016年頃の株主優待では、スパークリング清酒澪MIOを300ml×12本も貰える優良な株主優待内容でした。

しかし、業績を維持できなかったことが原因で2020年には商品交換できないところまで改悪されています

2016年の株主優待内容と比較すると改悪され続けていることが判明

2016年の株主優待内容と2020年の株主優待内容を比較すると、改悪され続けていることがわかります

ヴィアホールディングスの株主優待内容

  • 2016年:商品券&商品カタログ
  • 2020年:商品券

2021年のヴィアホールディングスの株価は300を切っている状況なので、企業倒産までありえる状態です。

業績が黒字にならない限り株主優待は改善されない可能性が高い

ヴィアホールディングスは営業売上ですら赤字状態なので、全体的に売上を黒字に戻さない限り株主優待は改善されない可能性が高いです。

2020年のコロナショックで、大きく業績を伸ばしている飲食業界でさえ影響を受けていたので、現状復活はかなり厳しいです

株主優待内容を改善するには、大元の原因を取り除く必要がありますが、改善される兆しが今の所全く見えていません。

ヴィアホールディングスの株主優待に関する口コミ

ヴィアホールディングスの株主優待に関する口コミをまとめました。

株価が暴落している状態を見て購入している人もいれば、後悔している人もいます。

全体的に株主優待内容が自分に取って有効的な内容でも購入は控えたほうが良い口コミが多いです。

ヴィアホールディングスが運営している飲食店が好きで、株を購入している人もいますが、投資家目線でいうと損をする可能性が高いのが現状です。

口コミ①優待利回りが魅力的

口コミ②持ち株がボロボロになってしまった

口コミ③株主優待が続くかな?

口コミ④優待に振り回されるのはやめる

口コミ⑤100株購入してみました

ヴィアホールディングスの株主優待内容が復活する可能性はある?

ヴィアホールディングスの株価は四年間で半値以上の時価総額がなくなっているので、今後の見通しは厳しい状況となっています。

東証1部は一度上場すれば落とされることがないので、東証1部の名称を維持することができていますが、時価総額を見ると110億円程度しか維持できていないので、東証1部の条件を大きく下回っていることがわかります

このまま株価が下がり続けると買収される危険性もあるため、株主優待の内容が復活する可能性はかなり低いです。

運営している飲食店がすべて赤字なので厳しい

ヴィアホールディングスは、運営している飲食店舗がほぼ赤字の為、株主優待にかける費用が無いと考えるのが妥当です。

他の企業に買収されてしまう可能性もある企業なので、株主優待どころではありません。

ヴィアホールディングスが実施していたM&Aを復活させれば業績を伸ばすことも可能ですが、企業資産がM&Aを実施するほど残っていない可能性が高いです。

株主優待をすべて廃止する可能性もある

今後の流れとして株主優待自体廃止する可能性もあります。

2020年のコロナショックにより、ヴィアホールディングスの株価は226辺りをさまよっています。

2016年頃の株価から大幅に下がっている為、経営を維持する為に株主優待を廃止する可能性があることを把握しておきましょう

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力