大和証券

【保存版】大和証券の口座開設の流れをどこよりも丁寧に解説

大和証券

大和証券は「国内5大証券」の1つとされており、国内でもトップクラスの知名度と実績を誇っています。

120年以上の歴史がある証券会社になっているため、絶大なる安心感があります。

そんな大和証券で、口座開設しようと考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、「口座開設に何が必要になるの?」「大和証券の口座開設の流れがわからない…」などという悩みを抱えており、なかなか口座開設できていない方も多いと思います。

この記事では、大和証券の口座開設に必要なものや口座開設完了までの流れをご紹介しますので、参考にしてみてください。

ちなみに、大和証券の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/daiwashoken-review/

大和証券の口座開設で必要なもの

大和証券で必要になるものは「マイナンバーを確認できる書類」と「本人確認書類」です。

大和証券では「インターネット」「郵送」「店舗」での口座開設が可能になり、口座開設方法によって必要なものの組み合わせが変わります。

インターネットと郵送での口座開設は、必要になるものの組み合わせが同じになるため、「インターネット・郵送」と「店舗」に分けてご紹介します。

『インターネット・郵送』

  1. 個人番号カード+本人確認書類1点
  2. 通知カード+本人確認書類2点
  3. マイナンバーの記載された「住民票の写し」+本人確認書類1点
  4. マイナンバーの記載された「住民票記載事項証明書」+本人確認書類1点

※郵送での口座開設の場合は「印鑑」が必要になります。

『店舗』

  1. 個人番号カードのみ
  2. 通知カード+「顔写真つき」本人確認書類1点
  3. 通知カード+「顔写真なし」本人確認書類2点
  4. マイナンバーの記載された「住民票の写し」+本人確認書類1点
  5. マイナンバーの記載された「住民票記載事項証明書」+本人確認書類1点

※店舗での口座開設の場合は「印鑑」が必要になります。

以上が大和証券で口座開設する時に必要になるのですが、上記の組み合わせ1つだけ準備をしてください。

そして、「顔写真」の有無の表記がない本人確認書類はどちらの本人確認書類を準備しても構いません。大和証券で利用できる本人確認書類は下記の通りです。

『顔写真つき』

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

『顔写真なし』

  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

大和証券で口座開設をする前に必要なものを準備できていると、スムーズに口座開設することができるため、事前に準備しておきましょう。

大和証券の口座開設の流れ

上記でもご紹介しましたが、大和証券では「インターネット」「郵送」「店舗」3つの口座開設方法があり、口座開設の方法によって流れも変わってきます。

1つ1つの口座開設の方法の流れをご紹介します。

インターネットでの口座開設の流れ

インターネットでの口座開設は「最短1日」印鑑不要で口座開設が完了しますが、「ダイワ・コンサルティング・コース」の口座を開設することはできませんので、注意してください。

インターネットでの口座開設の流れは下記の通りです。

①規約に同意してメール登録

大和証券の公式サイトより「口座開設を申し込む」をクリックします。

クリックする際は「インターネットでの口座開設」の「口座開設を申し込む」をクリックするようにしてください。

そして、大和証券の規約を確認して「同意」をクリックします。

規約に同意しますと、メールアドレスを入力していきましょう。

登録したメールアドレスに「基本情報入力フォーム」と記載されてURLが送られてきます。

②口座開設に必要な情報を入力

メールが届きURLをクリックしますと、基本情報入力フォームに移りますので、名前や生年月日、住所などを入力していきます。

基本情報の入力が完了しますと、金融機関に関する情報などを入力していきます。

入力する情報に不備がある場合は、再度申し込みをしなくてはいけない可能性がありますので、最終確認を忘れずに行いましょう。

※こちらで入力する住所は本人確認書類と同一の内容である必要があります。

③本人確認書類をアップロード

必要な情報の入力が完了しますと、「本人確認書類」の提出になり、インターネットでの口座開設では「アップロード」という形で本人確認書類を提出します。

事前に提出する本人確認書類を撮影してファイル化していく必要があります。

提出する書類を選択してファイルを選択するだけでアップロードすることはできますので、提出の流れは至って簡単です。

以上で口座開設の申し込みが完了となります。

※「マイナンバーの確認書類」はこちらでは提出しません。

④マイナンバーの登録

口座開設の申し込みは完了しましたが、まだ口座開設が完了したわけではありません。

大和証券でのインターネット口座開設では「大和証券 マイナンバー登録用アプリ」でマイナンバーの登録をするのですが、画面に指示に従い、登録を行えば簡単に登録できます。

「大和証券 マイナンバー登録用アプリ」を利用できない方は、書面での登録が必要になります。

書面での登録は口座開設完了まで時間がかかりますので、「大和証券 マイナンバー登録用アプリ」を利用できる方は利用しましょう。

マイナンバーの登録が完了しますと、口座開設完了です。

郵送での口座開設の流れ

大和証券で口座開設を郵送で行う場合は、最短3日で口座開設が完了します。

郵送での口座開設の流れは下記の通りです。

①インターネットから口座開設に必要な情報を入力

郵送で口座開設は行うのですが、まずはインターネットより口座開設に必要な情報を入力していきます。

必要な情報は上記でもご紹介していますが、名前や住所などの基本情報や金融機関に関する情報、投資に関する情報などを入力します。

※こちらで入力する住所は本人確認書類と同一の内容である必要があります。

②申込書を印刷もしくは取り寄せ

口座開設に必要な情報の入力が完了しますと、「申込書」を印刷もしくは取り寄せてください。

自身で印刷した場合は「3日から1週間」、取り寄せた場合は「5日から2週間」ほど口座開設完了まで時間がかかりますので、少しでも取引を早く始めたい方は自身で印刷しましょう。

③申込書に捺印・著名して本人確認書類などと同封して投函

申込書が手元に届きますと、内容を確認し必須項目に記入していきましょう。

全ての必須項目の記入が完了しますと、「署名」と「捺印」を忘れずに行ってください。

そして、大和証券に返送するときは本人確認書類とともに返送します。

郵送での口座開設で必要になる本人確認書類は上記でご紹介していますので、参考にしてみてください。

申込書と本人確認書類などに不備がありますと、口座開設まで時間がかかりますので、注意しましょう。

④口座開設完了

郵送での口座開設では、本人確認書類とともに「マイナンバー」も提出していますので、申込書を大和証券に返送しますと口座開設完了です。

「口座開設のお知らせ」が届きますので、内容を確認して大切に保管しておきましょう。
「口座開設のお知らせ」が届くと取引も開始することができます。

店舗での口座開設の流れ

店舗では口座開設が「即日」で完了しますが、実際に店舗に足を運ぶ必要があります。

しかし、店舗で口座開設しますと「ダイワ・ダイレクト・コース」「ダイワ・コンサルティング・コース」の両方のコースの口座を開設することが可能です。

店舗での口座開設の流れは下記の通りです。

①大和証券の店舗に行く

自身のいきやすい大和証券の店舗にいきましょう。

②申込書の記入

郵送での口座開設でも記入した申込書を記入していき、署名、捺印を行います。

③必要書類の提出

本人確認書類やマイナンバーなどを提出します。店舗での口座開設で必要になる組み合わせは上記でご紹介していますので、参考にしてみてください。

④口座開設完了

店舗での口座開設は大和証券の担当者とともに進めていきますので、至って簡単に口座開設ができます。「マイナンバー確認書類」「本人確認書類」「印鑑」は必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。

大和証券の魅力

大和証券は国内5大証券会社の1つになっており、口座開設数は300万件を超えています。

店舗での取引とオンラインでの取引が可能になる総合証券になっているため、多くの投資家から高い人気を集めています。

そんな大和証券の魅力は「投資に関する情報の質」と「豊富な取り扱い商品」です。

大和証券では実際に担当者に相談をしながら投資を行うことができますので、投資に関する情報を頻繁に得ることができます。さらに、提供してくれる情報の質が好評です。

素人で調べられる情報を遥かに超えた情報を提供してくれるため、株初心者でも質の高い情報を得ることができます。担当者からの情報提供以外にも「セミナー」や「レポート」「マーケット情報動画」など、無料で閲覧できるようになっていますので、株初心者にもおすすめの証券会社です。

そして、取り扱っている商品の豊富さも大和証券の魅力の1つです。

株式、債券、投資信託はもちろん、ファンドラップ、預金、年金・保険、ローン、FX、先物オプションなど多彩な商品を取り揃えています。IPO株の取扱も豊富なため、様々な金融商品に投資をしたい方にはぴったりな証券会社になっています。

大和証券の魅力は「投資に関する情報の質」と「豊富な取り扱い商品」以外にも様々ありますので、株初心者にもベテラン投資家にもおすすめです。

大和証券で口座開設しよう

この記事では、大和証券の口座開設の流れをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

口座開設方法も3つ用意されており、あなたが希望する方法で口座を開設することができます。

さらに、口座開設に必要なものも「マイナンバーを確認できる書類」と「本人確認書類」だけになりますので、すぐにでも口座開設の申し込みをすることが可能です。

大和証券は120年以上の歴史がある証券会社になっていますので、是非口座開設してみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力