楽天証券

楽天証券の手数料は?他社と比べてお得?どこよりもわかりやすく解説

楽天証券,手数料

株式投資で利益を上げるためには支出を減らすことが大切になり、証券会社によって取引にかかる手数料は変わってきます。

株式取引には必ず手数料がかかるため、手数料が安いに越したことはありません。

そこで今回は、ネット証券の中でも人気がある「楽天証券」の手数料についてご紹介します!

楽天証券と他社の手数料も比較しておりますので、証券会社の口座開設をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

また、楽天証券の口コミ・評判、メリットデメリットを知りたい方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/rakutenshoken-review/

そもそも手数料には種類があることを理解しよう

株式投資には「取引手数料」がかかるのですが、取引手数料といっても1種類だけではありません。取引手数料は大きく3つに分けることが出来ます。

  1. 売買委託手数料…株を売買するときにかかる手数料で株式投資行うなかで、最もかかってくる手数料
  2. 入出金手数料…口座にお金を入金、出金するときにかかる手数料
  3. 口座管理料…口座を持っていることでかかる手数料

さらに、取引手数料は証券会社によって異なり、総合証券とネット証券では大きく違いがあります。

特に「売買委託手数料」には大きな違いがあり、総合証券の場合は最低2,000〜3,000円、ネット証券の場合は最低100円以下になるので、売買委託手数料はネット証券の方が安い傾向にあります。

さらに、ネット証券では「口座管理料」が無料なことが多いため、株式投資の利益を少しでも上げることに繋がります。

【保存版】株式投資における楽天証券の手数料一覧

楽天証券は、大手通販サイト「楽天」が運営している証券会社になり、ネット証券の中では人気のある証券会社になっております。

さらに、手数料に「楽天ポイント」が付与されるサービスもあり、貯まったポイントで投資をすることも可能です。

そんな楽天証券の手数料には、

  1. 1注文の約定代金に対して手数料がかかる「超割コース」
  2. 1日の約定合計代金に対して手数料がかかる「いちにち定額コース」

があります。

そして、現物取引と信用取引もありますので、楽天証券の手数料コースは大きく4つあるということになります。

現物取引「超割コース」の手数料

1回の注文金額 かかる手数料
5万円まで 50円(税込55円)
10万円まで 90円(税込99円)
20万円まで 105円(税込115円)
50万円まで 250円(税込275円)
100万円まで 487円(税込535円)
150万円まで 582円(税込640円)
3000万円まで 921円(税込1,013円)
3000万円超 973円(税込1,070円)

現物取引の「超割コース」では、最低手数料が「税込55円」になっており、小額の注文に見合った手数料を用意されているため、小額の注文をお考えの方でも安心です。

さらに、1注文の約定代金が3,000万円を超えたときは「税込1,070円」の定額になりますので、高額の注文をする際にも金額は変わりません。

現物取引「いちにち定額コース」の手数料

1日の注文合計金額 かかる手数料
50万円まで 0円
100万円まで 858円(税込943円)
200万円まで 2,000円(税込2,200円)
300万円まで 3,000円(税込3,300円)
以降100万円増毎に:1,000円(税込1,100円)

現物取引「いちにち定額コース」では、1日の約定合計代金が50万円以下の場合は、手数料が0円になります。

そのため、1日の注文回数が多い方には「いちにち定額コース」の方が手数料がお得になります。

しかし、現物取引と信用取引を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決まりますので、注意してください。

信用取引「超割コース」の手数料

1回の注文金額 かかる手数料
10万円まで 90円(税込99円)
20万円まで 135円(税込148円)
50万円まで 180円(税込198円)
50万円超 350円(税込385円)

「超割コース」でも、現物取引と信用取引では手数料が変わってきます。

信用取引の「超割コース」では、50万円を超える注文の際には、手数料は税込385円の定額になりますので、高額な注文でも手数料は変わりません。

信用取引「いちにち定額コース」の手数料

1日の注文合計金額 かかる手数料
50万円まで 0円
100万円まで 477円(税込524円)
200万円まで 2,000円(税込2,200円)
300万円まで
以降100万円増毎に:1,000円(税込1,100円)ずつ増加

「いちにち定額コース」は、現物取引でも信用取引でも手数料は変わりません。

現物取引の「いちにち定額コース」同様に、1日の約定合計代金が50万円以下の場合は、手数料が0円になり、300万円以降100万円毎に「税込1,100円」がかかります。

「いちにち定額コース」は、1日の注文回数が多い方におすすめです。

楽天証券の手数料が安いのは国内株だけではない!

楽天証券の手数料が安いのは、国内株だけではありません。

「ETF」や「外国株」の手数料も非常に安いです。

「ETF」の売買手数料は、現物取引でも信用取引でも「0円」になります。

他のネット証券の場合は、通常の売買取引と同様の手数料がかかることが多いのですが、楽天証券では無料になるため、「ETF」をする際にも楽天証券がお得になるのです。

対象になっている銘柄数も「103名柄」ありますので、満足いく資産運用を行うことができるでしょう。

外国株は取引する国によって手数料が異なるのですが、どの国の取引でも業界最安値水準の手数料になっております。

外国株の手数料は下記の通りです。

『米国株式』
1回の取引につき:0.495%(最低手数料0米ドル、手数料上限22米ドル)

『中国株式』

10万円まで 500円(税込550円)
10万〜100万まで 約定代金の0.55%
100万超 5,000円(税込5,500円)

楽天証券は、国内株も外国株でも手数料が安いということです!

手数料が安いネット証券で口座開設したい方は、楽天証券がおすすめです!

楽天証券以外に手数料が安い証券会社は?証券会社の手数料を徹底比較

楽天証券以外にも、手数料が安いネット証券はあるのでしょうか?

証券会社の手数料を徹底比較してご紹介していきます。

国内現物手数料(1注文の約定代金ごと)を徹底比較

証券会社名 1回の注文金額が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
楽天証券 55円 99円 115円 275円 535円
SBI証券 55円 99円 115円 275円 535円
マネックス証券 ー円 110円 198円 495円 1000円
松井証券 1注文の約定代金毎の手数料プランはありません
岡三オンライン証券 ー円 108円 220円 385円 660円

楽天証券と他社のネット証券の手数料を比較しましたが、楽天証券の手数料は業界最安値水準になっております。

SBI証券とは、手数料が同じですが、外国株やETFの手数料のことを考えると、楽天証券の方が安くなるでしょう。

さらに、楽天証券は10万円までの手数料ではなく、5万までの手数料も設定してくれておりますので、小額の取引でも損をしません。

国内現物手数料(1日約定代金合計ごと定額手数料)を徹底比較

証券会社名 1日の注文合計金額が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
楽天証券 ー円 0円 0円 0円 943円
楽天証券 ー円 0円 0円 0円 524円
マネックス証券 1日に何回取引をしても2,750円
松井証券 ー円 0円 0円 0円 1100円
岡三オンライン証券 ー円 0円 0円 0円 880円

楽天証券以外のネット証券でも、1日の約定代金合計額が50万円以下の場合は手数料が0円の事が多いです。

100万円までの手数料を比較しますとSBI証券が最も安くなりますが、取引手数料全体で見ると、楽天証券の方がお得になるでしょう。

国内現物取引以外の株式投資もお考えの方は、楽天証券をおすすめします。

手数料がとにかく安い!楽天証券でお得に株式投資を始めよう

この記事では、楽天証券の手数料についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

楽天証券は、とにかく手数料が安いです。国内株を含め、ETF、外国株の手数料も安いため、分散投資をお考えの方にはぴったりな証券会社になっております。

株式投資で利益を上げるためには、少しでも手数料を少なくすることが大切になりますので、是非楽天証券で口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力