楽天証券

楽天証券で積立NISAを始めよう!超お得なポイント制度や始め方を徹底解説

楽天証券 積立NISA

積立NISAは貯金に比べて利回りがよく、投資のなかでもリスクが低いため、昨今注目されている資産運用方法です。

社会人になったことや子供が生まれたことをきっかけに積立NISAを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、同じ積立NISAでも証券会社によってサービス内容は異なります。

そこで今回は、業界のなかでもお得度も人気も非常に高い楽天証券の積立NISAについて、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

また、楽天証券の口コミ・評判、メリットデメリットを知りたい方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください!

https://mane-toku.com/kabu/rakutenshoken-review/

積立NISAをどこよりもわかりやすく徹底解説

では、そもそも積立NISAとはどのような制度なのでしょうか。

一言で言ってしまえば、一定の投資額まで税金がかからない超お得な制度です。

積立NISAは、2018年1月から開始された長期の積立・分散投資を少額から行うことを支援する非課税制度です。積立NISAの商品は、金融庁が長期の積立・分散投資に適したと認めたもののみが投資対象となるため、失敗するリスクが非常に低いことが特徴です。

ちなみに、ここでいう分散投資とは「時間分散」のことを指します。

時間分散とは、投資するタイミングと金額をあらかじめ決めておき、そのタイミングになったら決めた金額を投資するというものです。

例えば、積立NISAでは多くの利用者が月単位で投資金額を決めて投資しています。

積立NISAは
「少額から投資可能」
「一定額まで税金がかからない」
「時間分散投資が簡単にできる」
という投資初心者に嬉しいメリットがそろっているため、非常に始めやすい制度となっています。

積立NISAとは?4つのポイントをご紹介

積立NISAは、投資初心者の方におすすめな制度だとおわかりいただけたのではないでしょうか。

では、具体的に積立NISAがどのような制度なのか、4つのポイントに分けてご紹介していきます。

【積立NISA:4つのポイント】

  1. 非課税となる期間が最長20年
  2. 非課税投資額は年間40万円
  3. 買い付けは定期的に継続したもの(積立)であること
  4. 対象商品は金融庁が認めた投資信託等

投資をした年から最長20年間の間に得た分配金と売却益(譲渡益)が非課税になり、通常口座でかかる20.315%の税金がかかりません。

そのため、非課税で投資できる総額は最大800万円(年間40万円×20年)となります。

つまり、積立NISAは長期運用することで、メリットを得られる制度だということです。

短期で稼ぎたい方には不向きの投資制度だと言えるでしょう。

積立NISAとNISAは何が違う?徹底比較

ここまで読んでくださった方のなかには「積立NISAはNISAと何が違うの?」と疑問に思っておられる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは積立NISAと普通のNISAは何が違うのか、制度を比較していきます。

以下の表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

積立NISA NISA
口座開設について 対象者 日本在住で20歳以上
必要提出書類 マイナンバー
金融機関変更
お取引について 取引主体者 口座名義人(ご本人)
非課税投資枠 40万円/年 120万円/年
非課税期間 最長20年 最長5年
口座開設期間 2037年まで 2023年まで
対象商品 金融庁が認めた投資信託等 上場株式、ETF、投資信託等
ロールオーバー 不可
払出期間 なし

簡単に言えば、積立NISAのほうがより長期の資産運用に向いている制度であるということです。そのため、積立NISAのほうがリスクも低く、株式投資の知識がなくても始めやすい制度であると言えるでしょう。

積立NISAはどんな人におすすめ?

積立NISAとNISAの違いはご理解していただけたでしょうか。

しかし、「違いは分かったけど結局積立NISAはどんな人におすすめなの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

楽天証券は積立NISAがおすすめな人を以下のように紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

楽天証券 積立NISA

つまり、積立NISAは「株を初めてやる人」「株の知識がない人」が簡単に株式投資を始められるとてもおすすめの制度なのです。

貯金をするより利回りもよいため、年齢・性別・社会的地位を問わず始めることをおすすめします!

楽天証券のここがすごい!楽天証券積立NISAの3つのメリット

積立NISAが初心者でも気軽に始められる投資方法であるとおわかりいただけたのではないでしょうか。

しかし、実際に積立NISAを始めようと思っても「どこの証券会社でNISA始めればいいのかわからない」という方が大半ではないでしょうか。

そこでここからは、業界のなかでも群を抜いてお得だと言われている楽天証券で積立NISAを始めるメリットやお得なサービスについて、徹底解説していきます!

楽天証券で積立NISAを始めるメリットは大きく分けて以下の3点です。

  1. 取り扱い商品が豊富
  2. 楽天カード決済でポイントがたまる
  3. ポイントで積立が可能

それぞれ詳しくご説明していきます。

メリット①取り扱い商品が豊富

楽天証券積立NISAのメリット1つ目は、取り扱い商品が豊富なことです。

楽天証券の積立NISAでできる商品は、156本です。それに対し積立NISAの投資対象商品は、金融庁が定めた要件を満たした積立・分散投資に適した投資信託のみなため、全部で159本です。

つまり、積立NISAの対象商品をほぼすべてを買うことができるのです。

また、楽天証券は積立NISAの対象商品が豊富なのに加えて、それらの商品を複数の投資信託にまとめて積立投資することも可能なのです。

各商品100円以上1円単位で気軽に積み立てることができるので、自由に資産形成プランを立てることができます。

メリット②楽天カード決済でポイントが貯まる

楽天証券積立NISAのメリット2つ目は、楽天カード決済でポイントが貯まることです。

では、そもそも楽天カード決済とは何でしょう?以下ポイントをまとめたので、参考にしてください。

  1. 投信積立の引き落とし方法としてクレジットカードで決済ができる(毎月50,000円まで)
  2. 「楽天カードクレジット決済」を選ぶと毎月1日に積立になる
  3. 毎月の積立額に楽天スーパーポイント、または楽天証券ポイントが利用可能
  4. 決済額に応じて楽天スーパーポイントが寄与される

つまり、積立の方法を楽天クレジットカード決済ですることで、楽天スーパーポイントをためることができるのです。

楽天会員の方は分かるかと思いますが、楽天スーパーポイントは楽天のサイトでお金と同様に利用することができます。

積立方法を変えるだけで、ただでお金がもらえるなんてお得すぎると思いませんか?

メリット③ポイントで積立が可能

楽天証券積立NISAのメリット3つ目は、ポイントで積立が可能なことです。

その名も「ポイント投資」です。具体的な概要は以下のようになっています。

  • 投資信託の買付代金の一部または全てに楽天ポイント、楽天証券ポイントを利用できる
  • 投資信託の積立でもポイントを利用できる
  • SPU達成にはポイント投資(投資信託)が条件となる

つまり、積立NISAによって楽天ポイントを貯められるだけでなく、積立NISAの積立金をポイントで代用できるのです!

カードやポイントの制度が普及している楽天証券だからこそできることですよね!

楽天証券で積立NISAを始めよう!始め方と利用方法を徹底解説

楽天証券での積立NISAは、楽天だからこそできるお得なポイント制度が充実しているとお分かりいただけたのではないでしょうか。

ではここからは、そんな楽天証券の口座開設の方法や、ポイント制度の利用方法を徹底解説していきます。

一目でわかる!楽天証券での積立NISAの口座開設方法

まずは、楽天証券での口座開設方法をご紹介します。

ここでは、「楽天証券総合取引口座持っていない方」「楽天証券総合取引口座を持っている方」にわけてご紹介します。それぞれご自分に当てはまる方を参考にしてください。

①楽天証券総合取引口座を持っていない方

楽天証券 積立NISA

②楽天総合証券取引口座を持っている方

楽天証券 積立NISA楽天証券 積立NISA

口座開設ができたら…積立NISAの設定をしよう!

口座開設ができたら、積立NISAの設定をしましょう!ここでは、2段階に分けてご説明していきます。

①積立てる金額を決める

楽天証券は、毎日または毎月の単位で定額積立をすることが可能です。

そのため、毎日または毎月の定額積立する金額を年間40万円の範囲内で設定します。

ちなみに、「毎日積立」と「毎月積立」のそれぞれの特徴は以下の通りです。

「毎日積立」のポイント

  • 毎日の積立金額の上限は、40万円÷その年の営業日数
  • 毎日の積立可能上限額及び営業日数は年ごとにのせ変わる

2019年の場合、40万円÷年間営業日数244日=毎日積立上限額1,639円

2020年の場合、40万円÷年間営業日数243日=毎日積立上限額1,646円

2021年の場合、40万円÷年間営業日数245日=毎日積立上限額1,632円

  • ファンド休日が発生した場合、買い付けがおこなわれない

「毎月積立」のポイント

  • 毎月の積立金額の上限は33,333円
  • 年2回までボーナス設定月を決めて、指定月に買付額を増やすことが可能。この金額も年間の40万円の枠の中に含まれます。

②希望する場合、増額設定をする

増額設定とは、1年間の投資枠に余裕がありその年の投資額を増やしたい時に利用できます。

年の途中で設定する場合も、毎月積立の上限33,333円、毎日積立の上限1,632円は変わりません。

1年間の投資枠に余裕があり、その年の投資額を増やしたい時に増額設定が利用できます。

増額設定の有効期限は設定した年のみです。

すでに買付設定されている金額に、増額設定した金額を上乗せして買付がおこなわれます。

ポイントが貯まる!楽天証券での積立NISA利用の流れ

楽天証券での口座開設方法・積立NISAの設定方法はご理解していただけたのではないでしょうか。

では、最後に楽天証券での積立NISA利用の流れをご紹介します。

具体的な積立NISA利用の流れは以下のようになります。

  1. 商品を選ぶ
  2. 積立を申し込む
  3. 積立開始
  4. 楽天カードクレジット決済でお支払い

順番に詳しくご説明していきます。

①商品を選ぶ

まずは、楽天証券で積み立てたい投資信託を選びます。

②積立を申し込む

楽天証券にログインして「投信」の「積立注文」から積立購入(買い付け」を申し込みます。この時積立注文画面で、「楽天クレジットカード決済」を選ぶようにしましょう。

③積立開始

申し込み後、翌月1日より積立が開始されます。積立日は毎月1日で、積立購入をします。

④楽天カードクレジット決済でお支払い

積立日の当月27日に、楽天カードクレジット決済で支払いが行われます。

楽天証券で積立NISAを始めよう

いかがでしたでしょうか。

楽天証券の最大の魅力は、「ポイント制度が充実している」ということです。

ただでさえお得な積立NISAに加えて、ポイントが貯まるなんてダブルでお得です!

このお得なポイント制度は楽天証券にしかありません。

ぜひ、この機会に楽天証券でお得な積立NISAを始めてみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力