ロボアドバイザー

信用ロボアドの評判は悪い?利用者の声からわかる特徴を徹底分析

信用ロボアドの評判は悪い? 利用者の声からわかる特徴を徹底分析

信用ロボアドの評判は悪い?利用者の声からわかる特徴を徹底分析

「auカブコン証券の信用ロボアドを使いたい」

「信用ロボアドの特徴は?」

以上のように考えている人も多いのではないでしょうか?

現在ロボアドバイザーは投資初心者でも使いやすいものが多く出ていますが、ロボアドバイザーごとに特徴が大きく異なります。

この記事では信用ロボアドの評判と具体的な特徴について解説して、どんな人に向いているか紹介していきます。

おすすめのロボアドバイザーを徹底比較!選び方・始め方やメリット・デメリットも紹介

株式投資におすすめの証券会社【2022年07月最新】
auカブコム証券
  • Pontaポイントが貯まる!
  • 25際以下の方は国内株式(現物取引)の手数料0円
  • 100円から投資できる!
手数料(1注文5万円まで) 55円(税込)
手数料(1注文10万円まで) 99円(税込)
取扱商品 NISA、IPO、投資信託
5,000,000Pomtaポイントが貯まるキャンペーン実施中!

信用ロボアドの基本情報

信用ロボアド
サービス名 信用ロボアド
運営会社 auカブコン証券
種類 助言型
手数料 月額1100円+成功報酬運用益の11%
最低投資額 100万円
投資対象 国内個別株式

信用ロボアドは、auカブコン証券が提供する助言型のロボアドバイザーです。

助言型のロボアドバイザーは投資のタイミングやコツを教えてくれるだけで、投資自体は本人がするロボアドです。

投資一任型のロボアドとは異なり、リバランスなど自分で行う必要があるので手間がかかりますが、手数料が低めに抑えられる傾向があります。

信用ロボアドでは月額1100円+運用益11%となっていますが、利益が出なければ成功報酬は支払う必要がありません。

最低投資額が100万円と少し高めでかなり投資にお金をつかうことと合わせると、手数料はかなりお得であると考えられます。

選べる運用コース

運用コース 信用ロボアド

信用ロボアドでは、どのように資金を運用するか2つの運用コースから選ぶことが出来ます。

積極型ではリターンを追及し、安定型ではリスク軽減を追及します。

また資金も100万円から1000万円の範囲で選択できるようになっており、合計10種類の運用方法に分けられます。

利用者ごとに適した運用方法でできるだけ利益が出るようにサポートしてくれるので、かなり使いやすいです。

信用ロボアドの評判

信用ロボアドの評判

信用ロボアドは徐々に利用者が増えています。

ですが、本当に稼げるのか、利用勝手は良いのか、気になる人も多いでしょう。

実際に個人投資家の口コミを紹介していきます。

投資歴5年 30代男性

信用ロボアドは高い金額で高い利益を得るロボアドです。

他のロボアドは通常ローリスクローリターンで行うところが多いですが、信用ロボアドは利益20%~を目指して運用しているため、かなり高いリターンを得ることが出来ます。

大きく勝つことが出来たときはかなりありがたいですが、その分損失も大きいのでどちらがいいとは言いづらいです。

ただ、資金が多くなれば運用できる金額も増えるので、勝率は高くなっているようです。

投資歴10年以上 40代男性

信用ロボアドはそもそもの最低投資金額が100万円と高額なので、投資中級者~上級者が利用するロボアドバイザーです。

しかし投資上級者が利用するにしては、手数料が高めに設定されています。

年間13200円の定額に加えて成功報酬11%は、投資資金によって差が出ますが100万円投資の人にはかなり高いです。

ある程度投資の力がある人は、わざわざ高い手数料を支払って信用ロボアドを利用する必要はないと思います。

投資歴10年 50代男性

信用ロボアドは買い戦略だけではなく、売り戦略も実践しているので下落相場でも利益を出すことが出来ます。

利益を出す機会が多く、必ずしも下落相場で赤字にならないのはありがたいです。

ただ、やはり手数料の高さは気になります。

ロボアドバイザーのデメリットとは?初心者におすすめできない理由や実績を解説

信用ロボアドのメリット

信用ロボアドは高い運用実績から、利用者も増えてきています。

その信用ロボアドのメリットは次の通りです。

  • 利益率が高い
  • 投資解説セミナーを受けられる
  • 短期的に利益を出せる
  • 発注アシスト機能も完備
  • 下落相場でも利益を狙える

以下にそれぞれ解説していきます。

利益率が高い

2021年3月~2022年1月
利益率
積極 安定
100万 3.38% 5.30%
200万 3.49% 3.43%
300万 5.68% 5.12%
500万 7.17% 2.98%
1000万 9.02% 2.56%

全コースに置いて、これまでの運用実績は高い利益率を出しています。

特に500万円、1000万円の資金で積極運用をした場合の利益率が非常に高いです。

当然累計なので月ごとに見れば赤字なこともありますが、通してみると高い利益率を出せることが分かります。

運用する場合は、できるだけ高いパフォーマンスを出しているコースを選択するといいでしょう。

運用解説セミナーを受けられる

信用ロボアドでは契約者限定で、より詳しい運用実績レポートやパフォーマンス解説した動画セミナーを配信しています。

月ごとの結果だけではなく詳しく解説してくれるので、利用しやすいでしょう。

また信用ロボアドの運用を担うシステムトレード講座も公開しているので、利用者向けコンテンツが多いです。

動画ライブに参加すれば、講師にチャットで直接質問もできるので気になる点を解消することもできます。

短期的に利益をだせる

信用ロボアドは、ロボアドバイザーにしては珍しく短期的な利益を出すことが可能です。

ロボアドバイザー投資はユーザーに合ったポートフォリオを提案して、リバランスを繰り返しながら長期的に利益を出すのが普通です。

しかし信用ロボアドは短期で売買することで長期保有のリスクを抑え、他のロボアドバイザーを上回る年利回りを目指しています。

月ごとの利益率を公表しているように、短期間での利益率を追及しているため、短期間で大きく勝つことも可能です。

発注アシスト機能も完備

信用ロボアドでは、発注アシスト機能がついています

信用ロボアドは助言型のロボアドバイザーで、銘柄・売買タイミングなどを知らせてくれます。

基本的に助言に従って売買するので、自分が注文しなければ新しく株を購入することはできません。

しかし、発注アシスト機能を使えば設定した日々の注文を自動で行なってくれるので、注文の手間を省くことが出来ます。

忙しい人には最適の機能です。

下落相場でも利益を狙える

信用ロボアドでは下落相場でも利益を上げることが出来ます。

信用ロボアドは、信用取引とロボアドバイザーを掛け合わせたサービスのため、買いポジションだけでなく売りポジションを持つことができます。

下落相場でも、売り戦略を取れば利益を狙うことが可能です。

一般的なロボアドバイザーはETFに投資しているため、下落相場で利益を出すことはほぼ不可能です。

臨機応変に対応できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

株式投資におすすめの証券会社【2022年07月最新】
auカブコム証券
  • Pontaポイントが貯まる!
  • 25際以下の方は国内株式(現物取引)の手数料0円
  • 100円から投資できる!
手数料(1注文5万円まで) 55円(税込)
手数料(1注文10万円まで) 99円(税込)
取扱商品 NISA、IPO、投資信託
5,000,000Pomtaポイントが貯まるキャンペーン実施中!

信用ロボアドのデメリット

信用ロボアドのデメリットは次の通りです。

  • リスクが大きい
  • 月額手数料が高い

メリットとデメリットを比べて、デメリットの方が大きく感じる人は利用すべきではないと言えるでしょう。

以下にそれぞれのデメリットを解説していきます。

リスクが大きい

信用ロボアドはハイリスクハイリターンのロボアドバイザーです。

通常投資一任型のロボアドは、1%程度の手数料で年利2%~5%のリターンを長期的に狙います。

一方、信用ロボアドは11%の成功報酬(+投資顧問料 1,100円)で、20%~25%のリターンを短期的に狙います。

リターンを大きく狙うということは、リスクも大きくなるということになります。

リスクを抑えて運用したい人には向いていないと言えるでしょう。

月額手数料が高い

信用ロボアドの月額手数料は、他のロボアドバイザーと比べても高いです。

信用ロボアドの手数料は1100円の月額手数料と11%の成功報酬ですが、特に1100円の月額手数料は高額です。

毎月1,100円の投資顧問料は損失がでたとしても支払わなければいけません。

他のロボアドバイザーの手数料は運用額の1%前後のため、100万円投資して1万円程度です。

信用ロボアドではこれに追加で成功報酬の11%が手数料でかかるため、同じ100万円投資したとしても年間で5%の利益が出るとさらに追加で6000円程度はかかります。

利益が出たとしてもかなり削られる可能性があります。

1000万円投資すれば手数料は割安になる

月額固定の手数料のため、投資額を増やせば増やすほど割安になります。

100万円投資では月額手数料は全体の1.1%ですが、1000万円投資では0.11%です。

成功報酬は別に支払う必要があるのでこれより大きくはなりますが、それでも投資資金を増やせば手数料を割安にすることが出来ます。

もし手数料が気になる場合は、無理のない範囲で投資資金を増やしてみると良いかもしれません。

信用ロボアドを利用すべき人は?

信用ロボアドを利用すべき人は?

信用ロボアドを利用すべき人は次の要件に当てはまる人です。

  • 投資歴が長く、自身である程度運用できる人
  • 投資資金が多い人
  • 短期間で稼ぎたい人

信用ロボアドは助言型のロボアドバイザーのため、ある程度投資経験がある人が利用するのがおすすめです。

自分でリバランスを行わないといけない上に、助言してもらう投資も選定しなければならないため、完全に初心者で利用するのは難しいです。

また投資資金が少ないと手数料が割高になるので、できる限り高額で投資できる人が利用におすすめです。

他にも、信用ロボアドは他のロボアドバイザーとは違い、短期間で大きく稼ぐことを目標にしています。

短期で稼ぎたい人は信用ロボアドの利用は向いていると言えるでしょう。

【株初心者・入門】株式投資の始め方・買い方を解説!株の基礎知識から初心者必見の少額投資手法まで解説

信用ロボアドの始め方

信用ロボアドを利用しようと考えた人は、早速口座を開設しましょう。

信用ロボアドの始め方は、次の流れになります。

  1. auカブコム証券の口座と信用口座の開設
  2. 投資顧問契約を申し込み
  3. 運用コースを選択
  4. 投資助言をもらうメールアドレスを設定
  5. 口座に入会してサービス開始

以下にそれぞれのステップごとに解説していきます。

auカブコム証券の口座と信用口座の開設

信用ロボアドを利用するためには、まずauカブコム証券で証券総合取引口座と信用口座を開設する必要があります。

口座開設はウェブでも郵送でもでき、次の流れになります。

  1. 必要事項の入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. 口座開設の通知が送付される

本人確認書類の提出から口座開設の通知が送付されるまで、大体一週間程度かかります。

またマイナンバーカードが必要になるので、早めに準備しておきましょう。

投資顧問契約を申し込み

口座開設が完了すれば、auカブコム証券にログインして、らくらく電子契約画面から信用ロボアドの申込をしましょう。

Web上から申し込みできるので、利用約款を読んで規約に同意することで申し込みできます。

登録時にはログイン用のパスワードも作成します。

運用コース選択

登録できれば、auカブコム証券にログインし、運用コースの選択を行います。

信用ロボアドメニューをクリックし、運用コースを選択してください。

コース選択に悩んでいる人は、「運用コース診断」をしておすすめしてもらうと良いでしょう。

投資助言をするメールアドレスを設定

続いて、投資助言を送付するメールアドレスを設定します。

基本的には信用口座開設時に設定されたメールアドレスに送付されますが、設定すれば別のアドレスにすることも、メールを停止することもできます。

自分の運用状況に応じて、メールの設定を変えると良いでしょう。

口座に入金してサービス開始

信用ロボアドの運用を始めるには、証券総合取引口座へ入金する必要があります。

最低投資額以上を入金しなければ始まらないので、自分が設定した金額を入れると良いでしょう。

入金することで、発注アシスト機能も利用できるようになります。

信用ロボアド利用時の注意点

信用ロボアドを利用する場合、次の3点に注意しましょう。

  • 助言がないことがある
  • 約定しない場合もある
  • プランごとにパフォーマンスに差がある

以下にそれぞれ解説していきます。

助言がないこともある

信用ロボアドは助言型のロボアドバイザーですが、状況によっては助言がない場合もあります。

信用ロボアドはパターンマッチング型のため、決められた値動きした場合に買いか売りの判断をして、助言してくれます

買いか売りの判断は17種類の売買戦略から選択されますが、そのうちに当てはまらなかった場合は助言がないことになります。

数か月間値動きがほとんどなければ、助言がないまま進行するため、物足りなく感じたり不安に感じる人もいます。

常に利益を出す助言ができるわけではないと、事前に理解しておきましょう。

約定しなくても手数料はかかる

信用ロボアドは助言がない月があるため、一度も約定しないこともあります

しかし、信用ロボアドでは一度も約定していなかった月も投資顧問料が1,100円かかります。

助言もない上に手数料がかかることになるので、損失が大きくなる可能性もあります。

コースによって助言の数も変わるので、助言を増やしたい場合は運用プランを再度選択すると良いでしょう。

プランごとにパフォーマンスに差がある

信用ロボアドでは、運用プランごとにパフォーマンスに差があります。

前述したように、運用プランによって2~10%ほどのパフォーマンス差があるので、場合によっては損する可能性もあります。

しかし運用プランを10種類用意しておくことで、各プランごとに推奨できる銘柄や購買方法が変わるので、ユーザーそれぞれに適したプランを提供できます。

信用ロボアドなどの助言型ロボアド利用時のコツ

信用ロボアドのような助言型ロボアドを利用するときには、助言型ならではのコツがあります。

助言型のロボアドでは、次の3点を意識しましょう。

  • ある程度投資経験を得てから始める
  • 時間を確保する
  • 必ずしも利益が出るわけではないことを理解する

以下にそれぞれ解説していきます。

ある程度投資経験を得てから始める

助言型のロボアドバイザーは、投資初心者でも始めることが出来ると言われていますが、できれば自分で運用できるくらいの投資経験があった方が良いです。

投資一任型は運用からリバランスまですべて行ってくれるのに対して、助言型はある程度自分で運用しなければなりません。

ある程度自分で投資経験がないと、投資理由がいまいちわからず投資することになります。

助言型で投資を勉強するならいいですが、安心して稼ぎたいなら投資一任型を利用した方が良いでしょう。

時間を確保する

全てを任せられる投資一任型と比較すれば、自分で投資の発注や運用を行い、運用途中に再配分を行う必要があります。

どうしても時間がとられるので、忙しくあまり投資時間が取れない人は利用しづらいです。

また、初心者の人は自分でリバランスする際にも時間がかかるので、気を付けた方が良いでしょう。

必ずしも利益が出るわけではないことを理解する

助言型のロボアドバイザーに関わらず、ロボアドバイザーは必ずしも利益が出せるわけではありません。

信用ロボアドの月ごとの結果を見ると、赤字になっている月もあるように、助言通りに運用してもマイナスになることはあります。

そのため、完全に頼るのはあまりよくないです。

助言型のロボアドバイザーを利用するときは、ある程度自分で考えて投資するようにしましょう。

さらに大きく利益を出せるかもしれません。

信用ロボアドは投資資金が多ければ多いほど割安になるロボアドバイザー

信用ロボアドは最低投資額が少し高めですが、投資資金が多ければ多いほド手数料が割安になります。

助言型のロボアドバイザーなので、時間が取れる投資経験者の人が利用におすすめです。

ロボアドバイザーを上手く使って、投資を効率的に進めましょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力