株式投資

インカムゲイン・キャピタルゲインの違いとは?どちらがお得か徹底比較

インカムゲイン・キャピタルゲインの違い

インカムゲインとキャピタルゲインは、どちらも資産運用を実施した結果として得られる利益の名称です。

良く似た2つの言葉ですが、実際の意味は少し違いがあります。

資産運用の勉強をしていると頻出する言葉なので、早めに意味を理解しておき、使いこなせるようにしておきましょう。

ここからは、インカムゲイン・キャピタルゲインのそれぞれの違いを紹介します。

株初心者におすすめのネット証券ランキング!証券会社選びの4つのポイントもご紹介

インカムゲインとキャピタルゲインの違い

インカムゲイン=継続的に受け取れる利益

インカムゲイン

インカムゲインとは、継続的に発生する利益を指します。

例えば、不動産投資で得られる家賃収入などは、毎月継続して発生するインカムゲインとなります。

その他にも、以下のような例がインカムゲインに当てはまります。

  • 銀行預金
  • 利付債券の受取利息
  • 投資信託

インカムゲインは0になることはあってもマイナスになることはありません。

キャピタルゲイン=売却して受け取れる利益

キャピタルゲイン

キャピタルゲインは、保有した資産を売却して受け取れる利益のことです。

以下のように、価格の変動要素がある以下のようなものを売却する際は、キャピタルゲインが発生します。

  • 不動産
  • 債権などの有価証券
  • 絵画・宝石など

キャピタルゲインは、購入価格を基準にプラスとマイナスが存在します。

購入後に価格が値上がりすれば、売却時にプラスの利益が発生します。一方、当初の予想に反して値下がりするケースもあります。

この場合、発生する損失をキャピタルロスと呼びます。

投資の種類別にインカムゲイン・キャピタルゲインを紹介

インカムゲイン・キャピタルゲインの内容は、投資の種類によって異なります。

下記のような投資は、基本的にどちらの利益も存在します。

  • 株式投資
  • 投資信託
  • 不動産投資
  • 暗号資産(仮想通貨)
  • FX取引

一方で、ソーシャルレンディングのように、インカムゲインしかない投資も存在します。

逆に、せどりなどはキャピタルゲインしかない投資だと言えるでしょう。

ここからは、それぞれの投資のインカムゲイン・キャピタルゲインを見ていきましょう。

株式投資

メインの利益 両方
キャピタルゲイン 値上がり時の売却・カラ売りで得る利益
インカムゲイン 配当金・株主優待特典

株式投資は、銘柄を安い時に買い、高い時に売るのが主な利益の獲得方法であり、これはキャピタルゲインにあたります。

上手くいけばまとまった利益を得られますが、景気や会社の業績に左右されるので、損失のリスクもあります。

一方、会社の利益を株主に還元する配当金は、インカムゲインにあたります。

配当金の平均利回りは2%前後で、年1、2回の頻度で口座に振り込まれるのが一般的です。

【株初心者・入門】株式投資の始め方・買い方を解説!株の基礎知識から初心者必見の少額投資手法まで解説

投資信託

メインの利益 インカムゲイン
キャピタルゲイン 値上がり時の売却・カラ売りで得る利益
インカムゲイン 運用会社からの分配金

投資信託は、投資家からお金を集めた運用会社が投資の運用をおこない、得た利益を投資家に分配する仕組みです。

この仕組みはインカムゲインにあたりますが、値上がりしたタイミングで売買することでキャピタルゲインを作ることも出来ます。

インカムゲイン寄りの投資の中でも、収益が高めのものだと言えます。

【2021年最新】投資信託におすすめの証券会社・銘柄ランキング!選び方やメリットを初心者にも分かりやすく解説

不動産投資

メインの利益 両方
キャピタルゲイン 不動産の売却益
インカムゲイン 賃料収入

不動産投資は土地やマンションなどを購入し、大家として入居者・利用者を募り、彼らから賃料を得る仕組みです。

不動産は築年数の経過によって入居率が下がるので、頃合いを見て売却し、キャピタルゲインを得ることも重要となります。

賃料だけでなく売却益に焦点をあてた戦略的投資も可能です。

株式投資と不動産投資はどっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを徹底比較

暗号資産(仮想通貨)

メインの利益 キャピタルゲイン
キャピタルゲイン 売買の差益
インカムゲイン レンディング・ストーキング

暗号資産も株式投資と同じく、売買の差益であるキャピタルゲインを狙うことが可能です。

基本的に暗号資産で収益を得る方法は上記のやり方のみでしたが、取引所によってはレンディング・ストーキングと呼ばれる、貸付数量と期間に応じた利息(インカムゲイン)を得る仕組みも増えています。

FX取引

メインの利益 両方
キャピタルゲイン 売買の差益
インカムゲイン スワップポイント

FX取引は異なる2国間の通貨を売買した差益を得る投資で、キャピタルゲインを狙ったものになります。

ただし、FX取引は通貨ペアの政策金利差に応じてスワップポイントという利益を毎日得られる仕組みがあります。

スワップポイントは金利差をベースに、各FX会社が個別で数量を設定しています。

インカムゲインのメリット・デメリット

株式投資においては、配当や株主優待などがインカムゲインに含まれます。

インカムゲインにはどのような魅力と欠点があるのでしょうか?

インカムゲインのメリット

インカムゲインは、経済の短期的な動きに左右されないことが最大の特徴です。

日本経済全体が大きく変化していなくても、キャピタルゲインは業界の変化や短期的な株価変動で損失を被るリスクがあります。

一方、インカムゲインは短期の値動きには左右されず、安定した配当として利益を得ることが出来ます。

インカムゲインのデメリット

インカムゲインは大きな配当でも年間利回りが10%を超えるケースは稀です。

大きなリターンにはならないので、インカムゲインのみで生活をするなら、戦略が必要となります。

また、インカムゲインは継続的に利益が発生しますが、企業のサービス停止や倒産があれば、利益はストップしてしまいます。

インカムゲインの利益は継続しますが、永遠に続く訳ではないので注意が必要です。

キャピタルゲインのメリット・デメリット

キャピタルゲインのメリット

キャピタルゲインは短期間で大きな利益を狙えるのが最大のメリットです。

株式投資を例に挙げると、購入した銘柄の価値が1年で10倍以上に上がる例も少なくありません。

同じ金額をインカムゲインで得ようとすると、場合によっては10年以上かかる可能性もあります。

キャピタルゲインのデメリット

元本割れのリスク

株式投資でいえば株価暴落、不動産投資なら売れ残り、FXなら注文と逆方向に相場が動くケースなど、予想外の出来事が起こった時に大きな損失を被るリスクがあります。

また、実際の投資では良い値動きをするケースはそう多くないので、手数料払いなどでジワジワと資本金が減っていくこともあります。

キャピタルゲイン型の投資は長期間継続して勝ち続けるのは難しいので、短期で利益を得てやめるか、損失は小まめに切って抑える、インカムゲインと合わせて実施するなどの工夫が求められます。

インカムゲインとキャピタルゲインの選び方

インカムゲインかキャピタルゲインかは、使用する投資商品によって変わります。

片方しかできないもの、両方できるものなど様々あるので、自分の目的や好みに合わせて選択しましょう。

インカムゲインは手堅く安全に資産運用できる

インカムゲインの魅力は、短期の相場変動に一喜一憂することなく、手堅く資産運用が出きます。

減配・無配の可能性もありますが、基本的には配当金を保有している間は継続的に資産を受け取れます。

一回あたりの利益は小さいですが、リスクのない長期投資で確実に利益を積み上げていきたい方におすすめです。

キャピタルゲインは大きな利益が狙える

キャピタルゲインは一回の取引で大きな利益を得ることが出来ます。

株式投資の場合は10倍株(テンバガー)など収益性の高い株で投資をすれば、取引が上手くいった時に利益を一気に上げることが出来ます。

不動産投資やFXは、レバレッジをかけて取引をすることで、大きな利益効果が期待できます。

しかし、大きな利益を求めた取引は、失敗して損失を被るリスクも多数あります。

キャピタルゲインを継続的に得るためには、投資家自身の能力や戦略が重要となります。

2つをバランス良く狙うのが理想的

インカムゲインは少額ながら継続的に利益を得られる一方で、キャピタルゲインは利益率が高い裏に大きなリスクが潜んでいます。

キャピタルゲインを続ければ大きな利益が手に入りますが、景気の予測は非常に難しく、実際に無敗で勝ち続けられる人はいません。

キャピタルゲインを狙いつつ、失敗した時を想定してインカムゲインもコツコツ積み上げていくのが理想的です。

インカムゲインとキャピタルゲインは投資の基本原則

資産運用でどのように収益を得るかの選択は、投資をする上で非常に重要なポイントです。

利益を得るタイミングや頻度、金額などの設定は資産運用をする前に詰めておきたい重要なポイントです。

インカムゲインとキャピタルゲインをどのようにバランスよく得ていくかを考えていきましょう

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力