楽天証券

【楽天証券IPO情報まとめ】楽天証券のIPO申し込み方法や抽選方式、必要資金を徹底解説

楽天証券 IPO

「IPO投資をしたいけど、どこの証券会社がいいのかわからない…」とお悩みの方多いのではないでしょうか。

IPOは、証券会社によって取り扱っている銘柄や抽選方式が全く異なります。

そこで今回は、楽天証券に焦点を絞り、楽天証券でのIPOの申し込み方法や抽選方式、必要資金など、欲しい情報をまとめて解説いたします!

IPO投資をどこの証券会社で行うか迷っている方、必見です!

ちなみに、楽天証券の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/rakutenshoken-review/

そもそも「IPO」とは?知っておいてほしい基礎知識

では、楽天証券に的を絞ってご説明する前に、そもそもIPOとはどのようなものか、また皆さんに知っておいてほしい基礎知識を解説していきます。

今からご紹介することは、IPO投資における証券会社を選ぶうえでも非常に大切なことばかりですので、株初心者の方は特に、ぜひ参考にしてください!

そもそもIPOとは?企業が新たに売り出す株のこと

では、まずはそもそもIPOがどのようなものかご説明していきます。

IPO…Initial Public Offeringの略。(新規)株式公開と言われる。上場していない会社が株式市場に上場し、株式市場での売買を可能にすること。上場することで、投資家はこれまで非公開だった株を買うことができ、企業は株を買ってもらうことで事業資金を調達できるようになる

つまり簡単に言えば、IPOとは、企業が資金を集めるために上場することで自社の株を一般の個人投資家に買ってもらうことを言います。

企業がIPOを行う最も大きな理由は「資金を集めること」なので、株が売れ残らないよう最初に設定する株の価格は安く設定されています。

ちなみに、この最初に設定する株の価格のことを「公募価格」と言います。

公募価格…資金を集めたい企業が、証券会社と協議して決める上場前の一時的な株価

このIPOの公募価格が安いことは、投資家にとって非常に有利なことなのです。

詳しく説明していきます。

IPO投資の最大の魅力は「利益が簡単に出ること」

では、IPOは投資家にとってどんな利益があるのでしょうか。

IPOとは、資金を集めたい企業が上場することだとお伝えしました。

上場する企業は資金を得るのが目的ですから、株が売れ残ったら資金が調達できず困るのです。そのため、株が売れ残らないように公募価格を安く設定します。

IPO投資は、この公募価格が安いことを利用して「利益を簡単に出す」ことができます。

通常、よっぽどのことがない限りIPOで売り出された株は、上場後値上がりするため、IPO投資では上場前の株を公募価格で手に入れて、市場に売り出された日に初値で売ることで利益を出すのです。

ちなみに「初値」とは何かご存知ですか?

初値…上場初日の最初につく株価のこと

初値が公募価格を下回ることはよっぽどのことがない限りありえないので、銘柄や売買のタイミングで悩む必要なく利益を出すことができるのです。

つまり、IPOは「簡単に利益が得られる方法」なのです!

IPOの購入方法は「抽選」

IPOは投資家にとってとても魅力的だとお分かりいただけたのではないでしょうか。

では、そんな魅力的なIPOはどうしたら手に入れることができるのでしょうか。

答えは「抽選で当選すること」です。

IPO株はご説明してきた通り、簡単に稼げるとても魅力的な投資方法なので、投資家に大人気です。

そのため、手に入れるには証券会社の抽選で当選しなければならないのです。

「え、そんなの絶対あたらないでしょ」と思われた方、残念ながらその通り、なかなか当たりません。

当たらないがゆえに、証券会社選びが非常に重要になってくるのです。

更に詳しく理解したい方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/ipo-toha/

【保存版】楽天証券のIPO情報まとめ

では、皆さんお待ちかねの楽天証券IPO情報を、徹底ご紹介いたします!

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

楽天証券は、SBI証券と並ぶネット証券最大手の証券会社です。

株式投資をするだけで楽天ポイントがどんどん貯まり、また手数料も業界最安値水準のため、お得に株式投資をしたい方にピッタリの証券会社です。

手数料
取扱商品
サポート
情報量
IPO
スマホ対応
注文方法
人気

楽天証券IPOの基本情報と抽選方式

店頭配分
ネット配分
抽選方式 100%抽選
IPO取扱い数 26件

楽天証券は、公平な抽選を行うため、会社に入ってきたIPO株を大口機関に回すのではなく、すべて抽選対象としています。

そのため、抽選に当選する確率が高いので、個人投資家には非常にありがたい証券会社です。

楽天証券のIPO取扱い実績(過去5年)

2019年 26
2018年 11
2017年 7
2016年 8
2015年 10

楽天証券のIPO取扱い実績は、SBI証券など業界でも最多の証券会社と比べると数はかなり少ないです。しかし、2019年は前年から10以上取扱い数を増やしていることから、これからどんどんIPOの取り扱い数が増えると考えることができます。

楽天証券の手数料一覧

IPOを取引するのにも、当然手数料はかかります。

楽天証券の国内株式手数料は以下の2つのコースから選択することができます。

  • 超割コース…1回の取引額で手数料が決まる
  • いちにち定額コース…一日の取引額で手数料が決まる

ここでは、超割コースの現物取引・信用取引、いちにち定額コースの現物取引・信用取引をそれぞれご紹介します。

超割コース(一回の取引額ごと)の手数料一覧

【現物取引】
取引金額 手数料
5万円まで 50円(55円)
10万円まで 90円(99円)
20万円まで 105円(115円)
50万円まで 250円(275円)
100万円まで 487円(535円)
150万円まで 582円(640円)
3000万円まで 921円(1,013円)
3000万円超 973円(1,070円)
【信用取引】
取引金額 取引手数料
10万円まで 90円(99円)
20万円まで 135円(148円)
50万円まで 180円(198円)
50万円超 350円(385円)

いちにち定額コース(一日の取引額ごと)の手数料一覧

【現物取引】
1日の注文合計金額 かかる手数料
50万円まで 0円
100万円まで 858円(税込943円)
200万円まで 2,000円(税込2,200円)
300万円まで 3,000円(税込3,300円)
以降100万円増毎に:1,000円(税込1,100円)
【信用取引】
1日の注文合計金額 かかる手数料
50万円まで 0円
100万円まで 477円(税込524円)
200万円まで 2,000円(税込2,200円)
300万円まで
以降100万円増毎に:1,000円(税込1,100円)ずつ増加

楽天証券IPOの申し込み方法と必要資金を解説

楽天証券のIPOの情報はご理解していただけたのではないでしょうか。

では、ここからは楽天証券IPOの申し込み方法と申し込みに必要な資金を解説していきます。

楽天証券IPO申し込みに必要な資金は?

では、最初に楽天証券のIPO申し込みに必要な資金はいくら程度かご紹介していきます。

まず、IPO抽選に必要な資金は、申し込みをするIPO株によって異なるので、はっきりと「〇円」とお伝えすることはできません。

しかし、一般的にはIPO株の申し込みには5万円~30万円程度の資金が必要です。

高いものでも50万円以下の金額で買うことができます。

つまり、30万円程度あれば、十分余裕を持ってIPO投資が行えるということです。

では、それらの資金はIPOに申し込むどの段階で拘束されるのでしょうか?

このIPO申し込みの際の資金拘束のタイミングは、証券会社によって異なるのですが、今回ご紹介している楽天証券の場合、抽選に申し込む段階では資金は拘束されません。

IPO株を買う「購入申し込み」を行った時点で拘束されます。

つまり、楽天証券からであれば、お金を準備せずに無料(0円)でIPO抽選を受けられるということです!資金を多く準備できない人でも気軽に申し込むことができるので、とても嬉しい制度です。

楽天証券IPOの申し込み方法を4ステップでご紹介

楽天証券は、IPOを購入する段階で資金が必要になるため、気軽に抽選に応募できることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

ではここからは、楽天証券におけるIPO申し込み方法を4ステップでご紹介していきます!

【楽天証券IPO申し込みの4ステップ】

楽天証券 IPO

楽天証券のIPO申し込み方法は

  1. ブックビルディングに参加する
  2. 購入申し込みをする
  3. 抽選
  4. 売却する(当選の場合)

の4ステップです。それぞれ詳しくご説明していきます。

Step①ブックビルディングに参加する

まずは、ブックビルディング(需要申告)期間内に参加しましょう。

このブックビルディングで申告できる株数の上限は、申し込み上限株数と参加時点での預かり資産によって決定します。申し込み上限数が決められている場合は、その株数を超える申告はできないので注意してください。

(公式サイトより)

Step②購入申し込みをする

乳申し込み期間に必要資金を用意し、購入申し込みをしましょう。

募集・売出価格×ブックビルディングで申込した株数の資金が必要となります。

ちなみに、NISA口座では新規公開株の購入をすることはできないので注意してください。

また、楽天証券はIPOの購入時の手数料は無料となっています。

(公式サイトより)

Step③抽選

購入申し込みが締め切り後、購入申し込みが多数であった場合には抽選が行われます。

抽選方法:コンピューターの乱数を用いて、お客様の申し込みごとに「抽選番号」をひとつ付与して抽選を行う

「抽選番号」の発表は抽選日当日の大引け前(14:00ごろ)までに、表示されます。

Step④売却する(当選の場合)

当選した場合、IPOの公開日(売買開始日)の全営業日の17:00から通常の株と同様に売却することができます。

また、売却時には通常の取引手数料がかかりますので注意してください。

楽天証券IPOの4つのメリットを徹底解説

IPO株は「簡単に利益がでることが大きな魅力」とお伝えしましたが、具体的にどんなメリットがあるのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、楽天証券IPOの4つのメリットを徹底解説していきます!

楽天証券IPOの主なメリットは以下の4つです。

  1. 購入金額の「数倍」の利益を得ることができる
  2. 株初心者でも簡単に新規参入できる
  3. 口座が0円でもIPOに参加できる
  4. 損失リスクが小さい

では、それぞれ詳しくご説明していきます。

メリット①購入金額の「数倍」の利益を得ることができる

IPO株のメリット1つ目は、購入金額の「数倍」の利益を得られることです。

IPOも参入する企業は将来性が高いベンチャー企業が多く存在します。

特に、IT関係の企業は時代の変化に伴い、急速な成長を遂げているため、株価が何倍にも化ける可能性があります。

以下は実際に2019年に上場したIPOの上場結果です。

IPO 初値で売った場合の利益
サーバーワークス 132.2万円
Welby 128.3万円
AI inside 90万円

上記の表からもわかるように、うまくいけば100万円単位の利益が「何も考えず買って売るだけ」で手に入れることができるのです!

100万円単位とはいかなくても、ほとんどのIPO株で買い値の数倍となっているのです。

メリット②株初心者でも簡単に新規参入できる

IPOのメリット2つ目は、株初心者でも簡単に新規参入できることです。

何度もお伝えしていますが、IPOは「抽選に応募して当選したら初値で売るだけ」

で利益が得られるので、買う銘柄やタイミングを考える必要がありません。

そのため、株式投資の知識が浅い株初心者でも簡単に新規参入できるのです!

メリット③口座が0円でもIPOに参加できる

IPOのメリット3つ目は、口座が0円でもIPOに参加できることです。

「お金がなくても買えるってどういうこと?」と思いますよね(笑)

詳しくご説明していきます。

結論から申し上げますと、IPOの抽選に参加するための資金が必要ないということです。

ただし、もし抽選に当選して株を購入する場合には資金が必要なので注意してください。

抽選に参加するのに資金がいらないということはリスクもないということですから、気軽にIPOに参加することができますよね。

ただ、IPOは抽選資金を用意した方が抽選に応募できる証券会社が増えるため、当選確率も上がります。

「結局お金いるじゃん」と思われた方も多いと思いますが、銀行でただ貯金しているだけのお金があったら、ぜひIPOに投資してみるのも一つの手ではないでしょうか。

  • 10万円あれば、全体の1割のIPOに参加できる。
  • 20万円あれば、全体の5~6割のIPOに参加できる。
  • 30万円あれば、全体の8~9割のIPOに参加できる。

メリット④損失リスクが小さい

IPOのメリット4つ目は、損失リスクが小さいことです。

IPOは利益が出やすく時には買い値の「数倍」にもなるとお伝えしましたが、「じゃあ失敗したときも大きな損失を被るのでは…」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

しかし、心配はいりません!IPOの損失リスクは株式投資の世界のなかでも非常に小さいと断言できます。

IPOの最も大きなリスクは不人気のIPO株を買ってしまった場合に上場後の株価が公募価格を下回ってしまう場合です。では、実際どの程度の損失が出ているのでしょう?

ここで、2019年のIPO公募割れランキングを見てみましょう。(単元株での損失)

順位 IPO銘柄 損失
1位 大英産業 -1.9万円
2位 SRE HD -1.75万円
3位 HPCシステムズ -1.2万円

公募割れランキング1位の銘柄でも-1.9万円です。

利益が出るのは数十万単位なのを考えるとかなり小さい額ですよね。

このように、そもそも損失が出る可能性が低いこと、またたとえ損失が出てしまっても損失額が低いことは、IPOの大きなメリットであると言えるでしょう。

初心者必見!IPO抽選の当選確率を上げる方法をご紹介

IPOは非常に魅力的な投資方法だとご理解していただけたのではないでしょうか。

しかし、魅力的な分抽選倍率も非常に高いです。

そこでここからは、IPO株の当選確率を上げる方法を3つご紹介していきます。

①資金が多い方が有利になる

IPOの当選確率を上げる方法1つ目は、資金を多く用意することです。

IPO株に抽選するには資金はいりませんが、もしIPO株に当選したら当選分の株を買う資金は必要となります。

では、どの程度資金があればいいのでしょうか?

過去の統計から、約50万円もあれば大抵のIPO銘柄は購入できると考えることができます。

同時に複数IPO抽選がある場合もあるため、資金は多ければ多いほど抽選に参加でき、当選確率を上げることができのです。

②複数の証券会社で口座を開設する

IPOの当選方法を上げる方法2つ目は、複数の証券会社で口座を開設することです。

IPO株は証券会社によって取り扱っている銘柄が異なるからです。

そのため、できるだけ多くのIPO株に当選するには、できるだけ多くの証券口座を開設するのが最も良い方法です。

のちほどIPO株に適した証券会社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

③主幹事の証券会社の口座から応募する

IPOの当選方法を上げる方法3つ目は、主幹事の証券会社の口座から応募することです。

先程、資金は多ければ多いほどいいとお伝えしましたが、実際そこまでの資金はなかなか用意できないですよね。

そこで、効率よく当選確率を上げる方法が、主幹事の証券会社からIPOに抽選することです。

主幹事の証券会社を見つけるには Yahoo!ファイナンスの新規上場銘柄一覧「引受証券」を確認してみてください。

IPOを取り扱う証券会社と割当比率が表示されるので、この割当比率が他より高い証券会社が、そのIPOの主幹事証券会社ということです。

IPOで売り出される株数は、各証券会社によって異なるのですが、最も多くIPO株を売り出しているのが主幹事なため、そこからIPO抽選には参加すれば当選数が多い分、当選確率を上げることができるのです。

楽天証券でIPOを始めてみよう

いかがでしたでしょうか。

IPOは、株の知識が浅くて資金が十分にない株初心者でも簡単に利益を得られるとてもお得な投資手法です。

今回ご紹介した楽天証券は、IPOの数はまだ少ないもののこれからどんどん取扱い数が増えていく可能性が高いです。

ぜひ楽天証券でIPOを始めてみましょう!無料なので気軽に始められますよ。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力