株式投資

AT&Tの配当が減配された?増配ストップの原因や今後株価が下落するのか解説

AT&Tは米国の大手電気通信会社です。

地域の固定通信事業やスマホなどの情報通信事業を手掛けている企業で近年は「Netflix」のような情報コンテンツも作成提供しています。

日本国で例えるとドコモ・AUのような企業ですが、2021年Q1で減配が決定し株価が下落してしまいました。

AT&Tは連続増配銘柄として有名でしたが、今回の増配ストップで「これからAT&Tを買っても大丈夫なの?」と不安になる人もいますよね。

今回はAT&Tの株価推移や配当実績から今後の見通しを詳しく解説します。

2021年の買い時も紹介するので、「AT&T株の購入を検討している」「AT&Tについて知りたい」という人は参考にしてください。

米国株の始め方は?特徴や買い方を初心者向けにわかりやすく解説

AT&Tの株価推移

AT&Tの株価推移は上記の通りです。

AT&Tの株価推移引用元:ブルームバーグ

2017年~2018年の間にS&P500が急上昇していた反面AT&Tは下落していました。

ATアンドTとVZとS&P500

9兆円近く投資したワーナーメディアのエンターテイメント部門の売上がイマイチで、約20兆円の利子負債が発生したことから減配が懸念されていました。

リーマンショック後の米国市場は、情報技術セクターの銘柄が牽引して全体的に上昇傾向でしたが、企業単位の問題が要因でAT&Tは伸び悩む時期がありました。

2017年~2018年の下落は減配の懸念が原因

2017~2018年は利子負債などの問題で減配が懸念されて下落していましたが、2018年末の配当利回りが7%あったことから減配懸念が和らぎ上昇傾向に切り替わりました。

減配の懸念が消えた後はS&P500と同じ様な動きで上昇転換していますが、2020年のコロナショックによって再び大暴落しています。

2018年に買収したワーナーメディア事業が今後どのような動きをするかによって今後の株価が大きく左右されると予想できます。

2019年は株価が急上昇

2018年末の配当利回りが7%あったこともあり、2019年からは株価が再び上昇しています。

米国の有名なファンド「エリオットマネジメント」が5G本命銘柄とAT&Tを取り上げて32億ドルの巨額出資をしたことを報道された後、株価が更に上昇しました。

5Gの普及はコロナウィルスによって進捗が予想通りに進んでいませんが、コロナ終息後の成長に期待です。

2020年のコロナショックから回復できていない

コロナショック引用元:TradingView

2020年のコロナショックはAT&T株だけでなく、米国市場全体が下落しました。

暴落した後にS&P500や競合のVZは回復していますが、AT&Tは暴落前の水準に戻せていません

市場の評価として競合であるVZの方が市場価値ありとみなされているのが現状です。

AT&Tの配当実績は?減配されたって本当?

AT&Tの配当実績は下記の通りです。

AT&Tの配当実績引用元:A2 Finance

配当実績をみると分かりますが、配当金は右肩上がりになっています。

連続増配銘柄としてAT&Tは人気が高く、インカム目的の投資に適しています。

AT&Tの増配記録は35年間続いており、過去10年の増配率平均が2.1%と高い水準を保持しています。

元々高配当株なので、増配率が低くても仕方ないと考えられます。

2020年の増配金額は0.04ドルとなっており、過去10年の増配実績をみても同じ金額で増配されています。

連続増配銘柄として有名

AT&Tは35年連続増配しているので、連続増配銘柄でインカム投資する投資家達から高い人気を得ています。

しかしコロナショックによる下落や配当利回りの高さから、「そろそろ増配がストップするのでは?」と不安に思っている人もいます。

2021年1Qの配当では増配がストップしており、配当金の発表と共に株価も下落傾向なので雲行きが怪しくなっています。

2021年1Qの配当で増配がストップ

2021年1Qの配当は1株あたり0.52ドルと発表されました。

増配ストップ引用元:A2 Finance

この配当額は、2020年1Qの配当金額と同じなので、四半期ベースで増配していた記録がストップしてしまいました。

AT&Tは前回まで四半期配当で毎年増配してきたので、今までとは違う動きになっています。

2Q以降に増配する可能性もあるので、年間ベースで増配がストップするとはまだ言い切れません。

AT&Tの業績

AT&Tの業績は下記の通りです。

AT&Tの業績推移

AT&Tは通信事業がメインの大手企業なので業績が安定していると思われがちですが、2011年頃の営業利益は10%ほど減少しており、不安定な時期もありました。

一方でワーナーメディアを買収したことによって売上高は回復し、営業利益率も15%で安定してきました。

2015年以降の売上高・営業利益率が安定している

AT&Tの業績は2015年以降から安定してきています。

2021年3月期(連)の業績は下記の通りです。

決算日 2021年3月31日
売上高 43,939,000千
営業利益 7,661,000千
税引前利益 10,012,000千
当期利益 7,550,000千
EPS
(一株当たり利益)
1.04
総資産 546,985,000千
自己資本 165,488,000千
自己資本比率 30.25%
BPS
(一株当たり純資産)
23.18
資本金 7,621,000千
有利子負債 160,694,000千

引用:Yahoo!ファイナンス

去年のEPSがマイナスだったのに対し、2021年はマイナスから回復している状態です。

新しいコンテンツ事業の成長次第では、コロナショック前の株価水準に戻す可能性もあります。

AT&Tの株は購入すべき?

AT&Tの銘柄分析をしていきましたが、「結局AT&Tは買うべきなの?」と悩んでいる人もいますよね。

結論から言うと、AT&Tは5%を超える高配当銘柄であり35年連続増配している銘柄なので長期投資を考えている人におすすめです。

ワーナーメディアの買収で20兆円近くの利子負債がありますが、メインの通信事業が今後も安定的に収益を出せる見込みがあるので、不安要素にはなりません。

アナリストは「買い」の予想

INVESTING.comのアナリスト達の予想・テクニカル分析は下記の通りです。

INVESTINGアナリスト引用:INVESTING.com

現状維持の中立の人もいますが、買いを予測する人の方が売り予想の人より多いです。

テクニカル引用:INVESTING.com

テクニカル分析を月単位でみてみると、移動平均が中立になっているもののテクニカル指標では買い姿勢になっています。

減配の可能性による下落が懸念ポイント

アナリストやテクニカル分析を見ると、買い目線ですが増配がストップになっている状態が懸念材料です。

今後年間ベースで増配がストップ或いは減配発表されると、再び下落してしまう可能性があるので、企業情報を随時チェックしておきましょう。

長期投資の場合「買い」

AT&Tの直近の動きは下落するリスクがある状態ですが、5%超えの高配当や35年連続増配中という安定感を見ると、長期投資している人は「買い」判断で良いでしょう。

ただし近年始めたメディア事業には競合が多く、Netflixやアマゾンプライム・Apple・Disneyなども参入しているので競争率の高い分野になっています。

買収したワーナーメディアをそのように利用するかによって株価の上下も決まっていく可能性が高いので、業績に関する情報は常にチェックしておきましょう。

AT&Tの増配はストップしたが安定感のある企業なので長期投資におすすめ

AT&Tの増配はストップしてしまいましたが、30年以上増配している銘柄なので安定感があります。

長期投資を考えている人に適している条件なので、長期保有でじっくり利益を上げていく人におすすめです。

米国投資の長期投資はシーゲル流という投資理論が注目されており、国内投資家も実践している人が多いので必見です。

2021年もコロナによって相場が左右されてしまう可能性もあるので、リスクヘッジをおこなった上で投資することをおすすめします。

シーゲル流を活用した株式投資とは?高配当株を活用する理論や注意点を解説