株式投資

株の自動売買は儲かる?仕組みと魅力・注意点をわかりやすく解説

株の自動売買

株式投資の中には、機械の代行システムを使って取引をする自動売買があります。

多忙な方でもチャートに張り付く必要なしに取引ができる上、投資初心者でもプロが考案した取引手法を利用できるのが大きな魅力です。

また、株式投資では、焦りや緊張で判断を誤って失敗するリスクがありますが、自動売買なら感情に惑わされず取引を進めることが出来ます。

今回は、株の自動売買の基本的な仕組みから、通常の取引と比較したメリットと注意点を紹介していきます。

株式投資とは?株式投資の仕組みや事前に知っておくべきポイントを解説

株の自動売買の仕組み

株の自動売買では、購入から売却までの流れをシステムが代行してくれます。

株式投資の場合は運用に自信があっても銘柄の選定が上手くいっていなければ大きな利益は見込めません。

株の自動売買は、最初に自分が希望する手法や条件を選択することで、チャートが条件に達した時に思い通りの取引をしてくれます。

自動売買とロボアドバイザーの違い

自動売買は取引をシステムなどに委託しておこなう仕組みなので、その中にはロボアドバイザーも含まれます。

ただ、一般的に自動売買とロボアドバイザーは、以下のような違いがあることが多いです。

  • 自動売買:トレーダーがシステム・プログラムの選択や条件を選択する
  • ロボアドバイザー:AI(ロボット)の意思に任せる

ロボアドバイザーはAIが本人に代わって取引をする仕組みなので、事前に設定が必要な自動売買とは似て非なるものです。

毎日チャートに張り付く必要がないのはどちらも同じですが、自分が決めた方針で進めたい人は自動売買を、戦略も1から任せたい人にはロボアドバイザーがおすすめです。

株の自動売買の始め方

株の自動売買の始め方は、証券会社が提供しているツールを利用する方法と、販売・提供されている外部のシステムを導入する方法の2通りです。

一般的には、自動売買をこれから始めたい初心者は、証券会社が提供している自動売買を利用し、よりレベルの高い取引や複雑なアルゴリズムを求める方は外部ツールの購入を検討していきます。

ここからは、それぞれの方法の違いを見ていきます。

➀証券会社が提供しているツールを利用する

証券会社が提供している株の自動売買

SBI証券、楽天証券、auカブコム証券など、多くの人気証券会社は口座開設者が利用できる自動売買プログラムを用意しています。

これらのプログラムは初めての方でも扱いやすいように使い方の丁寧な説明がされていて、使いやすさ・始めやすさに優れています。

プログラムも複数提供されている中から自分の好みに合わせて選択できることが多く、楽しみながら始められます。

②外部のシステムを導入する

有料の自動売買ツール

自動売買のソフトを販売する外部の会社から購入し、それを取引システムに導入してトレードをする方法もあります。

証券会社のツールを使う際と異なり、システムを設定する作業も自身でおこなわなければいけない場合が多いです。

外部ツールの組み合わせは無限にあるので、自分の要望を100%実現したい投資家には挑戦する余地があります。

株の自動売買のメリット

株の自動売買を利用することは、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

具体的な魅力を、詳しく紹介していきます。

時間に縛られず株式投資ができる

株の自動売買を使えば、投資家本人が操作をしなくても株式投資を進めることが出来ます。

日中が仕事の方だと、株式投資を副業で本格的に始めるのは時間的に難しいです。

時間を気にせず取引をしたいサラリーマンの方は特におすすめです。

株式投資における取引時間とは?株の売買ができるのは平日のお昼だけで土日はできないってほんと?

感情ではなく明確な基準で取引できる

株式投資は、「○○円で買い、○○円で売り」など、取引のルールを各人なりに設定しておく必要があります。

ただし、人間である以上、決めた取引ルールがあっても感情に流されて違うことをして、失敗するケースは多々あります。

良かれと思っていつもと違う手法をいきなり試すのも、失敗のリスクが大きくなるので注意が必要です。

自動売買は感情に惑わされず明確な基準のもとで取引ができ、感情の揺れ動きでチャンスを逃すことがありません。

また、決まったルールで一定期間運用されるので、成功時も失敗時も結果の検証が容易で、次につなげることが出来ます。

チャート分析の労力を抑えられる

一般的な株式投資では、チャートを分析して適切な手法を考えて実行することが重要です。

チャートが常に良い形である訳ではないので、チャートを分析するには一定以上の時間をかける必要があります。

また、チャートパターンを分析して適切な手法を選んだと思っても、勘違い(ダマシ)だったという事例も少なくありません。

特に初心者は、正しいチャートパターンを勘違いして覚えている事例も多いです。

自動売買を使用すれば、こうしたデメリットを回避することが出来ます。

また、毎日動くチャートと距離を取って投資が出来るので、株依存症やノイローゼなどのリスクも少ないです。

株の自動売買のデメリット

株の自動売買はまだ未発達

FXは自動売買という取引手法が人気を集めてしばらく経っており、ツールの質が高く利用するトレーダーも非常に多いです。

一方で、株は自動売買をする人の割合が少なく、ツールも未発達な部分が多いです。

高性能な株の自動売買ツールは、FXと比べると以下の点で開発が難しいです。

  • FXの通貨ペアに比べて株の銘柄は非常に多い
  • 取引時間が短い(集積できるデータが少ない)

自動売買そのものは便利ですが、全幅の信頼をおくのは危険です。

株主・投資家の感情を理解できない

株の自動売買を使うと、決まった条件に基づいて、おすすめだと思われる銘柄の購入をおこないます。

ただ、中には条件は満たしているものの、ネット上で炎上していたり、悪いニュースが取り上げられたりしている企業の銘柄を購入することもあります。

投資家自身は絶対に買わないであろう銘柄を自動売買ツールが勝手に購入してくるリスクは十分あるので、注意が必要です。

株の自動売買は本当に儲かる?

株の自動売買の使用を検討している方が最も気になるのが、「自動売買は本当に儲かるのか」という点でしょう。

実際のところどうなのか、自動売買の収益性を詳しく見ていきましょう。

株式投資勝利の法則|株式投資で勝つ確率を上げる方法はあるのか?考え方や勝率を上げる手法解説

初心者が使うと早く利益が出やすい

自動売買は規則性に則って取引を進めてくれる上、決めたルールと異なる取引は絶対におこなわないので、投資家がチャートを見ていなくても安心して取引を任せることが出来ます。

副業で株式投資をおこなう方が稼ぎにくい最も大きな理由は、投資にかける時間を十分にとれないためです。

株の自動売買を利用すると、この課題が一気に解決されるので、収益を得られるようになるまでのスパンが短くなります。

稼げるかどうかはトレーダー次第

よく自動売買は「何もしなくても稼げる」という方がいますが、システムはあくまで投資家が決めたルールで動いているので、設定のミスがあれば失敗する可能性は高いです。

自動売買を使って何もしなくても稼げる仕組みを作るには、投資家自身の学習や検証と、相場傾向の定期的なチェックが必要となります。

システムに信頼をおき、トレーダー自身が成長しないと、いつか必ず大きな損失を被ります。

大きな利益を狙いたい方には不向き

自動売買は事前に決めたルールの中でしか、取引が出来ません。

また、証券会社や外部会社が提供しているアルゴリズムは過去の相場の動きが元になっており、今後訪れる未知の事態へ柔軟に対応することはできません。

取引の中で相場の予想が当たった場合、これ以上はリスクと捉えて売るか、それともトレンドに乗ってより利益を増やすかの判断が重要になります。

相場を深追いしてリスクを被るケースも多々ありますが、予想がはまって高い収益を得られるのは投資の醍醐味でもあります。

また、過去のリーマンショックやチャイナショック、新型コロナの蔓延など、予想外の出来事によって相場が急変することを自動売買は想定していないので、放置していると大損失を被る可能性が高いです。

損切り設定をすることで相場急落に備えることも出来ますが、経済情報のチェックや分析などは、自動売買でもしておく必要があります。

株の自動売買ができるおすすめ証券会社

実際に株の自動売買に取り組みたいと思ったら、どの証券会社がおすすめなのでしょうか?

ここからは、高性能な自動売買を提供している人気の証券会社を紹介していきます。

株初心者におすすめのネット証券ランキング!証券会社選びの4つのポイントもご紹介

SBI証券

SBI証券

SBI証券は圧倒的な人気を誇る、国内No.1規模の証券会社です。

どんな人も利用しやすいのが魅力で、FX、投資信託、外国株など幅広い金融商品を提供しています。

SBI証券オリジナルの自動売買ツール「オートレ225」は、日経平均株価(日経225)のCFD取引に特化しており、自動的に分散投資を始めることができます。

買いからだけでなく、売りから注文できるのも珍しい点で、相場が下落中でも利益を得る戦略が立てられます。

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

楽天証券

楽天証券

SBIと規模・人気ともに同等なのが楽天証券です。

使いやすさやお得さだけでなく、投資額相当の楽天スーパーポイントが貯まるなど、独自のメリットも魅力です。

楽天証券の最新版自動売買ツール「マーケットスピードⅡ」は、アルゴ注文を使って、分割発注ができるのが大きな特徴です。

例えば10万株を5回発注する場合、手数料は発注する度に発生します。しかし、アルゴ注文では10万株を1回だけ発注し、数量を5分割するという手法がとられるので、実際の内容は一緒でも手数料は大幅に節約されます。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

auカブコム証券

auカブコム証券

auカブコム証券は2019年12月に出来た新しいネット証券で、KDDIと三菱UFJフィナンシャル・グループの提携によって運営されています。

信用取引の手数料が一律0円に設定されているなど、リーズナブルで初心者にも使いやすいのが魅力です。

auカブコム証券の自動売買ツール「kabuステーション」は逆指値、リレー注文など様々な注文方法を選択することができ、自分なりに戦略をたてて検証・レベルアップが可能です。

auカブコム証券の評判・口コミはどう?メリット・デメリットや取引手数料・取引ツールを解説

株の自動売買は万能ではない!特徴を把握して活用する必要あり

株の自動売買ツールは「アルゴリズムで相場を読んで、絶対稼げるタイミングで注文してくれる」といった万能なものではありません。

特に株は銘柄が膨大にあるので、完璧なアルゴリズム・システムの作成が難しいというネックがあります。

副業サラリーマンが時間に捉われず株式投資をするなら魅力的なツールですが、事前に強みと弱みはしっかり把握しておく必要があります。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力