仮想通貨

仮想通貨のIEOとは?IEOの特徴やICO・STOとの違いを徹底解説

仮想通貨のIEOとは? IEOの特徴やICO・STOとの違いを徹底解説

IEOは2021年7月、日本に始めて取引が始まった仮想通貨における資金調達方法の一種です。

日本で初めて導入された資金調達方法なこともあり、非常に注目が集まっています。

ICOやSTOと言ったトークンを利用した投資とは実態が異なります。

この記事ではIEOの仕組みやICO・STOとの違いを解説してから、IEOに参加するメリットやデメリットを紹介していきます。

ビットコインの少額投資では儲からない? 少額でできる取引方法と儲けるコツを徹底解説

IEOとは?

IEOとは?

IEOとは、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering)の略です。

ブロックチェーンプロジェクトを発行するトークンを仮想通貨取引所で販売し、投資家に購入してもらうことで資金調達ができる仕組みになっています。

トークンの販売を取引所が仲介して行うため、信頼できるトークンしか販売されず、詐欺被害に遭う可能性が非常に低いことが特徴です。

投資家側は新規銘柄を割安価格で購入できるため、購入後に値上がりが期待できるため利益を生み出しやすくなっています。

高い利便性と信頼度のおかげで、IEOは投資家から非常に人気を集めています。

IEOの仕組み

IEOの仕組みは株式会社が上場する仕組みと似ています。

IEOは、取引所に銘柄を審査してもらい、審査に通った銘柄だけが取引所に仲介されて投資家に購入してもらえます

企業は取引所を利用して売買をしてもらえば資金調達ができるため、買い手が見つかりづらい銘柄は積極的にIEOに参加しています。

投資家も取引所を利用している人であれば新規トークンを見つける必要もなく割安価格で購入できるメリットがあるので、今後IEOは成長していくことが予想できますね。

ICOとの違い

ICOはイニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略で、IEOの前例と言えるトークンの販売方法です。

ICOは各会社が銘柄のプロジェクトをインターネット上で公開して、投資家がトークンを仮想通貨で購入する仕組みです。

簡単に言えば、IEOの仲介している取引所がない状態で資金調達・投資を行っていたと考えればいいです。

しかしICOは仲介業者がいないことで、信頼性の低いトークンで資金調達をして金稼ぎをするといった詐欺まがいの取引が横行したため、一気に衰退していきました。

IEOはICO に比べて取引所が仲介する分手数料がかかりますが、信頼性の低いトークンが販売されることはあり得ないため、安心して投資を行うことができます。

STOとの違い

STOとは、セキュリティ・トークン・オファリング(Security Token Offering)の略称で、株式や不動産などの「証券(Security)」と定められるトークンだけを販売する仕組みです。

近年IEOと同様、信頼度が高く人気を集めている投資方法です。

STOは有価証券に適用される法律に準拠していることが条件なので、信頼性の高いトークンだけが対象にされます。

STOは投資対象が証券と定められるためIEOで購入できるトークンが取引されるわけではなく、流動性が低いのがIEOとは異なります。

しかし、IEOに扱えない有価証券をブロックチェーン上で扱っているため、STOも利用している人は非常に人気があります。

アルトコインのおすすめ7選!今後の見通しと将来性のあるコインを徹底解説

IEOで投資するメリット

IEOで投資するメリット

IEOで投資する際、メリットは次の3つです。

  • 信頼度が高い
  • 取引所を利用しているなら誰でも参加可能
  • 大きな利益がだせる可能性がある

IEOを利用することで、仮想通貨取引を有利に進めることができます。

以下にそれぞれのメリットを解説していきます。

信頼度が高い

IEOは取引所が選んだ銘柄だけが新規上場できるので、信頼度が高いのが最も大きなメリットです。

株の上場の仕組みと同じで、ある程度の基準やプロジェクトを審査したうえで新規上場できる銘柄が決定するため、粗悪なトークンをIEO取引で購入することはありません。

取引所では以前流行したICOで多発した信頼性の低いトークンを事前に排除することで、仮想通貨取引の活性化を進めています。

取引所を利用しているなら誰でも参加可能

IEOは対象の仮想通貨取引所に登録している人であれば、だれでもIEO取引に応募できます。

ICOがそれぞれのトークン発行元と直接繋がっていなければ取引できない仕組みでしたが、IEOはトークン発行元とつながる必要がないため、参加へのハードルが下がりました。

新規トークンを自分で探す手間がなくなったため、投資初心者でも取引しやすくなっています。

今後IEOが注目されて取引に参加する人が増えれば、仮想通貨の価格が全体的に上昇することも見込まれます。

大きな利益が出る可能性が高い

IEOで購入できる銘柄は今まで流通していなかった仮想通貨銘柄なので、今後取引が始まれば価格が急上昇して大きな利益を出せる可能性が高いです

またIEOの購入時は先行価格として割安価格で販売されるのに加えて、審査を通る実力を秘めている通貨です。

人気になりやすい通貨を安値で購入できるため、購入しておけば短期間で大きな利益を出せることもあります。

ビットコインやイーサリアムなどの有名通貨に比べれば、今後上場するマイナーコインへの投資は価格推移が読めないためリスクが高いとされています。

しかし、IEOで新規上場する通貨は審査を受けてプロジェクトの内容と通貨の価格が適正な水準であることは証明されているため、リスクは他のマイナーコインに比べると小さいです。

リスクを抑えながら大きく稼ぎたい人は特におすすめの投資方法です。

IEOのデメリット

IEOは信頼度が高く利益も比較的出しやすい投資方法でメリットが大きいですが、購入する際にはデメリットもあります。

IEOの銘柄を購入する際のデメリットは次の3つです。

  • 上場するトークンが少ない
  • 規制強化の可能性がある
  • 上場後の暴落リスクがある

以下にそれぞれ解説していきます。

上場するトークンが少ない

IEOの上場時の審査は非常に厳しくなっているため、新規上場できるトークンの数が少ないです。

ICOのような信頼性の低いトークンを上場させるわけにはいかないため、特に最初の頃は取引所の審査が厳しくなることが予想されます。

審査が厳しい分上場できるトークンの数が少ないことで、投資の選択肢も少なくなるので、投資家間は似通った投資戦略になってしまいます。

今後上場したトークンが増えて安定すれば審査が調整されるため、投資の幅も広がる可能性があります。

規制強化の可能性がある

IEOは、日本で2021年に始まったばかりの新しい仮想通貨取引方法です。

そのため今後の発展によっては、規制強化がされる可能性もあります。

例えばICOも最初は非常に画期的な投資と人気が出ましたが、信頼性の低いトークンの出現で衰退し、規制強化が行われました。

IEOはICOに代わる新たな投資方法と人気ですが、関連する法律やルールが整えば規制強化される可能性はあります。

現時点ではIEOは信頼性が高い取引ですが、今後も確実に安全とは言えません。

上場後の暴落リスクがある

IEOは比較的安全な銘柄だけが上場できる仕組みですが、上場後の価格暴落リスクはあります。

ほとんどのIEOでは、販売されたトークンは上場後に価格が上昇していますが、情勢などによっては価格が暴落して損してしまうこともあるでしょう。

IEO取引自体が新しい取引なので、暴落のリスクも高いです。

IEOはICOよりも安全だからと胡坐をかかず、常にリスクを分析しながら投資を行うことが重要です。

ビットコイン(仮想通貨)にかかる税金は? 所得に応じた税率や確定申告の方法を解説

日本で行われた初めてのIEO

IEOの推移

日本では2021年7月に、初めてコインチェックによるIEOが始まりました。

新規上場したのはパレットトークン(PLT)というトークンです。

ブロックチェーン開発を手掛ける株式会社Hashpaletteと、マンガアプリを運営する運営の株式会社Link-Uが共同出資し、国内のIEO第1号として上場しました。

パレットトークンは「パレット(Palette)」と呼ばれるマンガ・アニメ、音楽などのコンテンツを利用するためのブロックチェーンプラットフォームを指します。

上記のグラフのように、上場直後の価格は急騰し一時46.129円まで上昇しました。

その後も最大94.8円まで高騰しましたが、現在は38円程度まで下落しています。

価格の変動が激しいですが、上場直後の価格は上昇しているため、購入後しばらく高騰をしてから価格が上がったタイミングで売却すれば大きな利益を得られます。

今後も新たなトークンが上場すれば、似たような動きになると予測できます。

IEOの参加方法

IEOは始まったばかりですが、今後成長が期待できるため注目している人も多いでしょう。

IEOに参加する流れは次の通りです。

  1. アカウントを作成する
  2. コインを購入する
  3. 抽選と交換

IEOはいつでも始められるわけではなく、銘柄が上場したタイミングで申し込みをして購入する必要があります。

以下にステップごとに解説していきます。

アカウントを作成する

IEOに参加するためには、取引所のアカウントを作成する必要があります。

事前に仮想通貨取引をしていない人、他の取引所でアカウントを作成していた場合は、対象の取引所でアカウントを作成し口座を開設しましょう。

口座開設に必要な書類は主に次の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

上記書類を提出すれば審査を受けて、審査に通れば登録完了です。

IEOに参加しようと思っている場合、事前に作成しておくとスムーズにIEOの申し込みができます。

コインを購入する

口座を開設したら、取引所で使う仮想通貨を購入しておきましょう。

IEOでは仮想通貨を用いて取引を行うため、無理のない範囲で保有しておくと良いです。

コイン購入の方法は、取引所で指定されている口座に日本円を振込んで自分のアカウントへの入金を可能な状態にしてから、必要な量を指定すれば購入できます。

抽選と交換

IEOが新規上場されることになれば、購入するために申し込みを行います。

IEOは誰でも申し込みはできますが、抽選に当たらなければ購入できません。

IEOは注目度も高いので、今後新規上場するトークンがあった場合も、応募数が増えて抽選に当たりづらいことが想定されます。

当選した場合のみトークンを購入する権利が得られ、購入手続きをすれば保有できます。

当選したら、自動的に保有している仮想通貨がトークンに交換されるので、できるだけコインを購入しておくと良いでしょう。

イーサリアム(ETH)の今後の見通しは?価格変動の要因と価格予想を徹底分析

IEOへ参加できる海外取引所

日本ではコインチェックだけでIEOは参加できますが、海外ではすでに取引できる取引所があります。

できるだけ早くIEOに参加したい場合は、海外の取引所を利用すると良いです。

特に人気のあるIEO海外取引所は次の3つです

  • Binance
  • OKEx
  • Huobi

以下にそれぞれ解説していきます。

Binance

バイナンス

Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所として知られており、IEO取引にも対応しています。

Binanceは、2017年12月に世界初のIEOプラットフォームとしてローンチされ、1ヶ月に約1〜3件のペースでIEOが行われているためIEO取引のチャンスが多いです。

BinanceでIEOに参加するには、バイナンスコイン(BNB)を利用しますが、BNBはIEO取引時に価格が上昇しやすい特徴があります。

IEOに参加する場合はBNBの保有量に応じて抽選券が配布されるので、IEOが実施されていない期間にBNBを保有しておきましょう。

OKEx

OKEx

OKExは中国三大取引所の一つで、先ほどのBinance同様人気の取引所です。

現在は日本人の利用も増えており、手数料が国内取引所より安価なメリットがあります。

IEO取引も活発なので、海外取引所に抵抗がなければアカウントを作成することをおすすめします。

OKExでIEOに参加するためには、コインを15日間の保有しておく必要があるため、できるだけ早いタイミングで保有しておきましょう。

Huobi

フォビジャパン

Huobi Japanは、2018年に作られた仮想通貨取引所で、日本語にも対応しているため非常に日本人に人気があります。

Huobiでは約1か月に1回のペースでIEOが行われているため、BinanceほどではありませんがIEOに手っ取り早く参加できます。

独自トークンのフォビトークン(HT)を一定期間保有しておくことが参加条件なので、IEOに参加したい人は早めに登録しておきましょう。

IEOは信頼性の高い仮想通貨取引で利益も出しやすい

IEOは新規上場する銘柄を取引所が選定したうえで、上場を決定する仕組みです。

以前詐欺被害が多かったICOとは異なり限られた銘柄しか上場できないので、非常に信頼性が高く人気があります。

抽選に当たって新規トークンを購入できれば割安価格に加えて注目銘柄のため、利益を出しやすいこともポイントです。

まだ日本では始まって間もない取引なので、今後価格が暴落するリスクはありますが、現状は安全に利益を出しやすい取引として注目を集めています。

IEOに参加するためにはIEOを行う取引所に登録しておく必要があるので、始める場合は事前に登録しておきましょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力