株式投資

株式投資はやめとけと言われている理由と失敗しない為の心構えを解説

株式投資はやめとけと言われている理由

株式投資を始めようと思って周りに相談すると「投資はやめとけ」と言われたことがある人は多数存在します。

株式投資に対して偏見の目を持つ人もいますし、実際に失敗した人もいる為、上記のようなことを言う人が居ます。

今回は株式投資はやめとけと言われている本当の理由と、投資に失敗しない為の方法を詳しく解説します。

これから株式投資を始めようか悩んでいる人や、「投資はやめとけ!」と言われて心配になっている人は参考にしてください。

株式投資はやめとけと言われている理由

特徴

株式投資はやめとけと言っている人たちにも理由があります。

株式投資はやめとけと言われている理由

  • 損失リスク
  • 知識が必要
  • 利益を出すには長年努力する必要がある

投資は一見パソコンで利益を継続的に出せる簡単なシステムと思われがちですが、実際株式投資で儲けている人たちはラクに稼いでいる訳ではありません

少しでも株式投資をしたことがある人は、失敗の危険性や勝つ難しさを知っているので「やめとけ!」という言葉が出てしまいます。

資金を損失させてしまう可能性がある

投資は初期資金より資金を増やすこともできますが、損失してしまう可能性もあります。

資金で買った株が暴落し、株価が買った時の金額より大幅に下落してしまうと大損失してしまいます。

最悪の場合追証となり、資金をマイナスにしてしまう場合もあります。

株式投資は損失リスクもあるため、絶対に安心してお金を増やせるという確約がありません。

株式投資で失敗する原因は?失敗する人の特徴と成功するためのポイント

情報収集と勉強を徹底しないと負ける

株を購入する操作自体は簡単ですが、利益を上げる必要が有るため今後価値が上がって行く株を購入する必要があります。

よって株式投資をする際は企業の情報や世界情勢・株知識について勉強する必要があります。

場合によってはチャート上の動きから分析するテクニカル分析も必要になるので、株式投資に関する最低限の知識を持たないといけません。

ラクに投資して儲けたいと考えている人は、資金を大きく損失してしまう可能性があるためやめておいた方が良いでしょう

株の勉強は意味がない?意味がある勉強をする方法を徹底解説します

精神的に強くないと失敗してしまう

株を購入すると株価の上下によって資金が増加したり減少したりします。

利益が出ている時は精神的に安定しますが、損失が発生すると焦ってしまいます。

投資家は損失場面に出くわした時、冷静に対処する必要があります。

対処法は投資手法によって異なりますが、時には損切りといって損失を認める動きをすることがあります

損失を認められなかったり感情的になったりしてしまうと損失を更に増加させる可能性が高くなるので、精神的に強くなっておく必要があります。

株式投資は常に冷静に判断する能力が必須なので、感情的になってしまう人はすぐに負けてしまいます。

長年努力する必要がある

株式投資は勉強したからといって利益を出せる訳ではありません。

実践経験を積む必要もありますし、予想外の相場状況になることもあります。

長年努力を続けている人たちが億以上稼いでいる世界なので、努力が続かない人は向いていいないでしょう

株式投資で負けてしまっている人は、上記のような長年の努力をしていない人が多い印象にあります。

株式投資はやめとけと言う人は投資を知らない人が多い?

株式投資は損失リスクがある上に勉強や実践経験が必要となってきます。

しかし、「株式投資をやめとけ」と言っている人は株式投資に関して詳しくない可能性もあります。

株式投資は損失することもありますが、しっかりとした真実を知っていれば失敗を回避することもできます

資金管理を徹底すると大失敗すること回避できる

株式投資は資金管理を徹底することによって大失敗は回避できます。

ネット上で上がっている失敗談を見ると、目先の利益に眩んでギャンブルトレードをしてしまっていたり誰かの情報を信じて失敗してしまっていたりする事例が多くあります。

株式投資はギャンブルでは無い上に自己責任でやるものなので、資金を自分で管理する必要があります。

株式投資としっかり向き合うことができる人であれば大きな失敗はしないと考えておきましょう。

少額投資で勉強することも可能

巨額の借金をしてしまう可能性があると言う人もいますが、株式投資は通常借金する可能性の無い投資です。

資金を損失する恐れがあっても、借金してしまうことはありません。

更に株式投資には新しいシステムが導入されており、1株単位の少額投資も可能となっています。

1万円程度から始められる投資なので、少額で実戦経験を積むことも可能です。

株式投資=お金持ちのやることと思われがちですが、スマホで1万円程度から株を購入できるサービスもあるので、手軽に学んでみるのも一つの手段です

ミニ株・単元未満株のメリット・デメリットは?取引するときの注意点やおすすめの証券会社を解説

いきなり借金してしまうことは無い

株式投資をはじめていきなり借金が100万円になったという人はいません。

現物取引であれば投資自体で借金になることはまずありえません。

投資で借金してしまう人は、資金をゼロにして自分で借金を作ってしまっている可能性が高いです。

投資は借金をしてしまう恐れがあると勘違いしている人が多くいますが、実際に借金する人はすべで自分の行動によって作り出しているので、間違った認識で不安要素を増やすのはやめましょう

株式投資に失敗しない為の心構え

株初心者 いくらから

株式投資は正しい知識を持てば大失敗しないといっても、ある程度心構えを持っておかないと資金をゼロにしてしまう可能性があります。

株式投資をこれからはじめようと考えている人は、失敗しない心構えを把握して資金をゼロにしてしまうことの無いようにしましょう。

株式投資に失敗しない為には?

  • 生活費などの資金ではじめない
  • 損切りできるようにしておく
  • 感情を切り捨てて客観的に物事をみる

株式投資は感情で左右されてしまうと失敗する可能性が高くなっていきます

どんな状況であっても冷静な判断を下せるように、感情をコントロールできるようにしておきましょう。

余剰資金で投資を始める

投資は損失する可能性もあるので、必ず余剰資金で始めましょう

借金した資金で始めたり、生活費を資金に回したりすると正常な考えで売買判断できなくなります。

また、資金を損失させてしまうと生活が困難になってしまうこともあるのでおすすめできません。

精神的にもやられてしまう可能性があるので、株式投資に利用する資金は損失しても問題のない余剰資金で始めましょう。

損切りできる体制を整える

株式投資において最も重要なのは利益を上げることではなく、損切りすることです。

損切りは損失を抑えて次のチャンスに活かす行動です。

目先の利益に眩んでしまうと、損切りタイミングを逃してしまうので冷静にどんな時でも損切りできるようにしておきましょう。

投資初心者は、損切りできず株を塩漬けにしてしまうことがあります

塩漬けにしてしまうと、利益を上げるどころか損失を増やしてしまうことにも繋がるので絶対にやめましょう。

損切りとは?株式投資で失敗しないための基本【初心者向け用語解説】

感情をコントロールする

資金を損失してしまった事によって、焦ったり怒ったりしてしまうと正常な判断で投資することができません。

損失してしまった場面では、なぜ損失したのか原因を考えて次の投資に繋げられる行動をしましょう。

投資で失敗してしまった際に感情的になってしまった場合は、一旦相場から離れて感情を落ち着かせて見ましょう。

その場その場での感情で取引すると、後に後悔することになるので控えましょう。

株式投資はやめとけと言われる理由は多数あるが失敗を回避する方法もある

株式投資はやめとけと言われるには理由があります。

しかし言われていることを鵜呑みにする必要はありません。

株式投資は知識を身に着け実践経験を積んでいけば、利益をだすことも可能です。

場合によっては長年利益を出せないこともありますが、日々努力を続けていると資金を増やすことができるので、投資初心者は無駄に怖がらず正しい投資知識を身に着けましょう

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力