株式投資

株式投資での企業分析のやり方は?指標の見方や情報収集のやり方をわかりやすく解説

株式投資での企業分析とは

株式投資は、企業の株を勝って値上がり率や配当金で利益を得る投資です。

企業の状態によって大きく株価が変動する為、購入する前に企業分析は必須です。

しかし企業分析といってもどの指標からみたら良いのか、注目すべきポイントはなんなのか初心者は分かりにくいのが現状です。

今回は、株式投資での企業分析に使える情報収集のやり方や指標の見方を詳しく解説していきます。

初心者でも企業分析能力を培っていくと、継続的に利益を出せるようになります

企業分析が上手くいかなくて困っている人や、指標の見方を知りたいという人は参考にしてください。

株式投資にセンスは必要?株で成功する人、しない人

株式投資での企業分析は必須事項?

確率を上げる方法

株式投資での企業分析は必須事項で、企業分析をしないまま「なんとなく」で株を購入すると利益を継続的にせなくなります。

投資にはビギナーズラックが存在し、ある程度「なんとなく」で勝つことができます。

しかしある一定水準に進むと、原因不明の負けを連発して相場から退場してしまいます。

投資をはじめて1年以上続けられる投資家初心者は1割程度というデータが出ています。

企業分析ができるか否かは1年以上相場に生き残る材料の一つになるので、分析方法を知らない初心者は必ず学びましょう。

株式投資で失敗する原因は?失敗する人の特徴と成功するためのポイント

企業分析をしないまま取引しても勝てない

企業分析をしないまま自分の感覚で株を売買しても勝つことは不可能です。

株式投資は有名企業の銘柄も多数存在しているので、「ここは大手だし上がるだろう」という感覚で資産運用をはじめている人も多いです。

しかし実際有名企業でも不祥事が発生すれば予想外の損失が発生しますし、将来的に成長が見込める企業の株を購入した方が利益を大きくできた事例もあります。

投資先の企業情報を分析しないと「効率良く利益を得られない」・「原因がわからないまま負けてしまう」ので注意しましょう。

分析していないと勝っても負けても成長できない

企業分析をしていない=根拠のある売買をしていないことになるので、取引で利益をだしても損失しても投資スキルが成長しません。

企業分析は取引根拠を持つ材料の1つになるので、必ずやっておくべき事項です。

企業分析は勝つ取引をするだけでなく、負けた時も成長に繋げられるので、特に初心者は取引前にしっかり分析しておきましょう。

株の勉強は意味がない?意味がある勉強をする方法を徹底解説します

株式投資で初心者でも簡単に企業分析する方法

サーバ

初心者でも簡単にはじめられる企業分析方法を紹介します。

企業分析というと業績を見たり株価の割安率を計算したりすると思いますが、もっと基本的な部分を見つめて企業を分析する方法があります。

一般投資家や初心者の場合、「消費者目線」という強い武器をもっています。

企業サービスの良さ・悪さは消費者が一番感じられる部分なので、武器を上手く使って分析していきましょう。

企業の「ブランド力」に注目

世界的に有名のウォーレンバフェットが、M&Aや株式投資をおこなう際どういったポイントに注目しているのか「バフェットからの手紙」で色々と語られています。

中でも象徴的なのが企業の本質的価値を見極める方法で、バフェットと全く同じような観点から分析することは難しいですが、初心者でも分析できる部分が2つあります。

その1つが企業の「ブランド力」です。

ブランド力は業績に反映されている部分もありますが、明確に数値化することはできません。

しかしブランド力のある企業は消費者達からの信頼もあり、新しいサービス事業を展開しても集客力があり成功する確率もあがります

ブランド力は高級メーカーの商品販売ということでは無く、消費者からの信頼によって培われているものです。

ブランド力を算出することは明確にできませんが、初心者でもできる分析はあります。

企業の提供しているサービスや新商品をみて、「周りの人達の反響が良いか」・「自分で利用してみてどうか」という分析を行えばブランド力を測ることができます。

主婦層の人たちが株式投資を成功させている事例をメディアが取り上げていますが、主婦層の人達が感じている消費者目線の信頼を有効的に使って成功している部分もあります。

アナリストより鋭い目線で企業を見られる場合もあるので、まずは投資する企業がどのようなサービスを行っていて自分も良いとおもう商品を提供しているか分析しましょう。

「仕入れ力」があるか見極める

仕入れ力は、優秀な人材を仕入れる・商品を多くの企業と契約するといった内容もありますが一番重要なのは、「どれだけコスト削減できているか」です。

コスト削減は、「今日から弊社はコスト削減を目標にします!」と発言しておこなうものではなく、当たり前におこなわなければ効果がないと言われています。

投資家として有名なウォーレンバフェットはコスト削減を宣言しなければいけない状態というのは企業として問題があり、甘えを捨てて会社のお金をどのくらい節制して有益な部分に回すか常に考える必要があると発言しています。

コスト削減を企業文化に置いている企業は、しっかり有益な部分にお金を使って無駄な部分を削ぎ落とすことができているので結果が業績に反映されます。

株式投資で企業分析する時に使う指標を紹介

上記では初心者でも分析できる企業分析方法を紹介しましたが、これから紹介するのは一般的な投資家が利用している指標です。

企業分析をする時に、業績を見るとPERやPBRといった英語が羅列されているのを見ますよね。

指標がどのような意味を表しているのか理解できていないと、分析できない状態で取引をはじめてしまいます。

これから最低限知っておくべき指標を紹介するので、覚えておきましょう。

PER

PERは会社の利益と株価の関係を表している指標で、割安株かどうか見極めることができます。

PERが低ければ低い程、企業が利益を出しているにも関わらず株価が低いとわかり、逆であれば企業が利益をだしていないにも関わらず株価が高いとなります。

PERの計算式

  • PER=株価÷1株あたりの純利益

今後株価が成長していく可能性がある銘柄をPERの数値で見極めることができるので、少額投資で爆益を狙いたい人はPERを必ずチェックしておきましょう。

PERとは?株を買うときには必ずPERをチェックしよう!【初心者向け用語解説】

PBR

PBRはPERと同じ様に割安株かどうか見極められる指標で「会社の純資産と株価の関係」をみることができます。

企業の株主資本からみた割安株の度合いがわかるので、PBRと組み合わせ分析するとより正確な株価予想が可能です。

PBRの計算式

  • PBR=株価÷1株あたりの株主資本

PBRが低ければ株価が割安であるとされていて、会社がもし会社を解体しても資金が残って株主の物になる可能性があります。

PBRとは?株式の銘柄選びに必要不可欠な指標を分かりやすく徹底解説

ROE

ROEは企業の収益性を分析することができます

自己資本は会社が自由に使えるお金となり株主のお金でもあります。

ROEの計算方法

  • ROE=当期純利益÷自己資本×100

企業がどのくらい利益をだしたのか確かめることができるので、企業の状況を把握することができます。

ROEとは何か?ROAとの違いや株式投資において重要な指標を徹底解説

株式投資初心者が企業分析する時の注意点

注意事項

株式投資での企業分析について解説していきましたが、投資初心者が分析するときに注意するポイントがいくつかあります。

企業分析は取引とって大切ですが、間違った分析を繰り返していると負け続けてしまいます。

分析方法も日々修正していく必要があるので、自分の投資スキルに合わせてスキルアップしていきましょう。

消費者目線の考えを捨てない

企業分析を極めていくと企業情報で使われている指標や業績を見て判断しがちになります。

しかし消費者目線での良し悪しの判断を捨ててしまうと、予想外の展開に巻き込まれたり予想外に伸びる企業があって利益を逃したりしてしまいます。

消費者目線の分析は、数値を見るよりあたることがあるので、消費者目線を捨てて分析する方法はおすすめしません

テクニカル分析も勉強する

企業の動きによって株価は変動しますが、チャート上の分析で利益を得る手法があります。

企業分析だけでは補えない部分もあるので、テクニカル分析もしっかり学びましょう。

テクニカル分析は企業分析などのファンダメンタル的要素が一切ないので、株価の数値と素直に向き合うことができます

億トレーダーとして有名なBNF氏もテクニカル分析を使って売買判断をしているので、やり方がわからない人は勉強しておきましょう。

株式投資での企業分析は勝つ為に必要なので初心者もはじめよう

株式投資での企業分析は勝つために必要です。

取引根拠の1つになるので、投資スキルを成長することもできます。

しかし偏った考えで企業を分析したり、大衆が考えている事と全く異なる答えをだしてしまったりすると失敗してしまいます。

絶対に成功する企業分析方法はありませんが、自分で試行錯誤すると勝率を高められるので取引する前に取り組みましょう