株主優待

ルミネの株主優待はない!親会社のJR東日本の株主優待内容をご紹介

ルミネ,株主優待

ルミネは、新宿ルミネを筆頭に全国に名の知れたおしゃれなショッピングセンターです。

田舎者の筆者は初めて新宿のルミネに行ったとき、広すぎて&おしゃれすぎて、感動してしまいました(笑)

もしルミネの優待券があったらとてもうれしいですよね。

そこでここからは、ルミネの株主優待はあるのか、徹底解説いたします!

ルミネを運営しているJR東日本の株主優待内容

実は、ルミネは「ルミネ」という会社が運営しているわけではありません。

ルミネは、特に電車や新幹線でおなじみの「JR東日本」が運営しています。

なので、ルミネは駅チカに建っていることが多いのですね!

そこでここからは、ルミネを運営しているJR東日本の株主優待内容を詳しくご紹介していきます。

JR東日本の基本情報

JR東日本は通称で、正式名称は東日本旅客鉄道と言います。銘柄番号は9020です。

事業内容 国内最大の鉄道会社「JR東日本」を運営している。近年は、商業施設やホテル事業に力を入れ、収益を伸ばしている。
市場 東証1部
業種 交通・娯楽
優待種類 旅行・交通
権利確定月 3月
優待回数 1回
1株あたりの配当 0円
配当利回り 0%
株価 8022円
単元株数 100株
優待の最低取得額 802,200円

JR東日本の株主優待内容

JR東日本の株主優待内容は、運賃・料金の割引券です。

具体的には主に2つの優待があります。

  1. 20%の運賃料金割引券
  2. 関連施設の優待

1つ目の優待内容は、20%の運賃料金割引券です。保有株数に応じて以下のように増加します。

100株以上 100株ごとに1枚贈呈(500株なら5枚、800株なら8枚)
1,000株以上 10枚+1,000株超過分200株ごとに1枚
10,000株以上 55枚+1万株超過分300株ごとに1枚
20,000株 100枚
50,000株 250枚
100,000株 500枚

正直、株価の割にはあまりもらえない印象ですね、、株主優待向きの株とは言えないです。

2つ目の優待内容は、関連施設の優待です。具体的には、以下のような株主優待があります。

  • メトロポリタンホテルズ宿泊割引券(20%割引)3枚
  • メトロポリタンホテルズレストラン・バー割引券(10%割引)3枚
  • ホテルメッツ等宿泊割引券(10%割引)3枚
  • GALA湯沢スキー場リフト割引券(50%割引)3枚
  • GALA湯沢スキー場レンタル料金割引券(20%割引)3枚
  • リラクゼ料金割引券(15%割引)3枚
  • 新幹線車内販売コーヒー割引券(100円割引)3枚
  • ベックスコーヒーショップ・ベッカーズコーヒー割引券(90円割引)3枚

このように見ると、ルミネに関する株主優待はありませんね…。

ルミネでお得になりたいからという理由でJR東日本の株を買うのはおすすめできません。

もっと手軽にルミネでお得になるいい方法があります!

株主優待より手軽!ルミネでお得になる方法

上記に記載してあるように、JR東日本の株を購入したところでルミネでお得になる方法は現在のところありません。

しかし、株をわざわざ購入しなくてももっと手軽にお得になる方法が存在します!

ここからは、ルミネでお得になる方法をご紹介していきます。

ルミネでお得になる方法は株主優待より「ルミネカード」

ルミネでお得になる方法は、ずばり「ルミネカード」です。

ルミネカードには以下のようなお得になる利点があります!

  • 年4回、ルミネでの買い物が10%オフ
  • ルミネでの買い物が常時5%オフ
  • suicaが付帯

つまり、ルミネカードを発行すれば、常時5%オフはもちろん年に4回も10%オフで買い物ができるのです!

わざわざ80万円以上を使って株を買う必要がないので、株主優待よりよっぽど手軽でお得です!

ルミネが株主優待を導入する可能性はある?

ここで気になるのが、「今後ルミネが株主優待を導入する可能性はあるのか」という点ですね。

筆者も関係者ではないのではっきり明言はできませんが、十分にあり得る話だと思います。

なぜなら、ルミネのような商業施設は金券を発行すればよいので、株主優待を出しやすいのです。現に、同業種である「マルイ」は株主優待があります。

ルミネのような商業施設が優待として商品券を発行すれば、客足が増え、企業全体の利益につながります。

今後、株主優待に注目してみるのもありですね!

JR東日本(9020)の株主優待を受け取る方法

最後に、JR東日本の株主優待を受け取る方法をご紹介していきます。

ここでは以下の3つに分けて詳しくご説明しますね。

  1. お得な証券会社を選ぶ
  2. JR東日本の株主になるための最低金額
  3. おすすめの証券会社

①お得な証券会社を選ぼう

株を買うには証券会社に口座を開設しなければなりません。

ネット証券は今や40社以上あります。その中で自分に合った証券会社を見つけるのはなかなか難しいです。

しかし、以下の4つのポイントを重点的に確認することで、自分に合った証券会社を見つけやすくなります。

ネット証券を選ぶポイント

  1. 手数料
  2. 情報の充実度
  3. 取扱商品
  4. 経営の安全性

特に違いが出るのは手数料です。

手数料は1日にどの程度運用するかで、お得になる証券会社・コースが異なります。

そのため、まずは自分が1日にどの程度運用するのか、どのようなスタイルで投資をしていくのかをしっかり決めるとよいでしょう。

②JR東日本の株主になるための最低金額

では、JR東日本の株主になるには大体どれくらいの金額が必要なのでしょうか。

冒頭の表にも記載されていますが、JR東日本は東証1部に上場しています。そのため、証券会社での口座を開設している人であれば、証券会社から注文を出して購入することが可能です。

JR東日本の単元株数は100株で、大体の株価は約8000円ほどです。

そのため、100×8000円=約80万円程度、多く見積もって100万円弱あれば余裕を持ってJR東日本の株主になれるでしょう。

決して安いわけではありませんので、よく考えて株主になりましょう。

③おすすめの証券会社をご紹介

先程ご紹介した4点を中心におすすめの証券会社をご紹介していきます!

特に手数料とサービスの評価が高く人気の証券会社を厳選したので、安心して申し込みしてください!

SBI証券

SBI証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

国内現物取引手数料「約定単位」

10万円 99円
50万円 275円
100万円 535円

国内現物取引手数料「1日定額」

10万円 0円
50万円 0円
100万円 838円

国内信用取引手数料「約定単位」

10万円 99円
50万円 198円
100万円 385円

国内信用取引手数料「1日定額」

10万円 0円
50万円 0円
100万円 524円

SBI証券の手数料がお得なポイントを3点ご紹介します。

①国内現物手数料が業界最安値

SBI証券の約定ごとプランは「スタンダードプラン」と言われており、5万円以下の場合は「55円」、10万円以下の場合は「99円」、20万円以下の場合は「115円」とネット証券の中でもトップクラスの安さです。

上記2つのネット証券と比較しますと、手数料は劣ってしまうかもしれませんが、ネット証券の中で見ると最安値水準です。

②1日定額は50万円以下が手数料無料

SBI証券1日定額プランは、国内現物取引手数料と国内信用取引手数料ともに、50万円以下の場合は手数料が「0円」になります。

SBI証券では1日定額プランを「アクティブプラン」と言います。

SBI証券ではスタンダードプラン、アクティブプランともに手数料が安いです。

③スタンダードプランの手数料1.1%「Tポイント」が付与される

SBI証券では、手数料の月間合計金額の1,1%が「Tポイント」として付与されるのですが、付与されるプランは「スタンダードプラン」のみになりますので、注意してください。

1,1%付与されるということは、1000円の手数料に対して「11ポイント」付与されることになります。

SBI証券では、Tポイントを獲得することが出来ますので、私生活でポイントを利用することもできます!

楽天証券

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

国内現物取引手数料「約定単位」

10万円 99円
50万円 275円
100万円 535円

国内現物取引手数料「1日定額」

10万円 0円
50万円 0円
100万円 943円

国内信用取引手数料「約定単位」

10万円 99円
50万円 198円
100万円 385円

国内信用取引手数料「1日定額」

10万円 0円
50万円 0円
100万円 943円

楽天証券の手数料がお得なポイントを2点ご紹介します。

楽天証券は1日定額がお得

楽天証券では、1日定額プランを「いちにち定額コース」と言われており、50万円以下の場合は手数料が無料になります。

約定ごとプランの手数料も業界最安値水準になっているのですが、楽天証券を利用する場合は「いちにち定額コース」で資産運用をしましょう。

②手数料の1%が楽天ポイントとして付与される

楽天証券の国内株式手数料コースを超割コースに選択しますと、1日の手数料の合計金額の1%が楽天ポイントとして付与されます。

さらに、貯まった楽天ポイントは私生活で使用することも可能ですし、国内株式などの購入にも利用することが出来ます。

ルミネでお得にしたいなら株主優待は×

いかがでしたか?

ルミネでお得になりたいなら、株主優待は得策ではありません。

ルミネでお得になりたいなら、ルミネカードを持つようにしましょう。

最低購入価格が100万円弱するので、株主優待目当てで買うのはおすすめしません。

ぜひルミネカードを作りましょう!

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力