株主優待

コストコの株主優待はない?優待がなくてもお得に利用できる方法や新設予想についてくわしく解説

コストコに株主優待はあるのか解説

コストコはアメリカ発祥の大型会員制の倉庫店です。

現在日本では全国に26店舗展開しており、食品や日用生活品をリーズナブル価格で購入することができるため、家庭持ちの人達から高い人気を得ています。

今回はコストコの株主優待について詳しく解説していきます。

日本にあるコストコは、コストコホールセールジャパン株式会社が経営しており、大元のコストコはアメリカのナスダックで上場しています。

日本事業展開しているコストコホールセールジャパン株式会社は子会社となるため、異なる株ということを把握しておきましょう。

コストコを割安で利用する為に株主優待制度を利用してみたいという人や、株主優待の内容をしりたい人は参考にしてください。

【2021年12月最新】おすすめ株主優待人気ランキング!食品がもらえる優待や女性におすすめの優待など厳選

株式投資におすすめの証券会社【2022年08月最新】
SBI証券
  • 国内株式 個人取引シェアNo.1
  • 手数料が業界トップレベルに安い
  • 丁寧なサポートが業界最高評価を獲得
手数料(1注文5万円まで) 55円(税込)
手数料(1注文10万円まで) 99円(税込)
取扱商品 NISA、IPO、投資信託
【完全無料】5分で申込完了!人気No.1&最高評価サービス

コストコに株主優待はない

注意事項

結論から言うと、コストコに株主優待はありません

コストコはアメリカのナスダックで上場していますが、日本で事業展開しているコストコホールセールジャパン株式会社は日本の株式に上場していません。

ちなみにアメリカのナスダックに上場しているコストコに株主優待はありません。

株主優待は日本株式の独特な制度であるからです。

コストコホールセールジャパン株式会社が非上場企業であるため

大元の企業であるコストコはアメリカで上場しているものの、子会社であるコストコホールセールジャパン株式会社は、非上場企業となっています。

コストコホールセールジャパン株式会社が上場企業にならない限り、株主優待に必要な株自体購入することができません。

コストコの株主優待を期待していた人には残念な情報となりますが、コストコでは株主優待が無くてもお得に商品を購入することができます。

お得なサービスを提供しているので、後に紹介するサービスを見てコスパ良く商品を購入しましょう。

今後上場する可能性はある

2021年現時点でコストコホールセールジャパン株式会社は非上場企業ですが、今後上場する可能性もあります。

上場すれば株主優待制度を新設することができるので、大きく期待を持てます

2020年のコロナショックによって、食品販売業者や飲食業界は大きな打撃を受けましたが、コストコは生活必需品を販売している会社なので業績がV字回復する可能性は大きくあります。

上場後も株価を安定させて伸ばせる期待が持てるので、上場した時に株の購入を検討してください。

【2021年最新】コストコの株主優待が無くてもお得に利用できる方法

コストコの株主優待はありませんが、株主優待が無くてもお得に商品を購入することができるサービスを提供しています。

割引券の配布や特別価格で販売していることがあるので、より安く商品を手に入れたい人は必見です。

コストコ公式サイトの割引クーポン券を利用する

コストコは公式サイトで割引クーポン情報を掲載しています。

食品から医薬品・日用品まで割引されているので、必ずチェックしておきましょう。

割引クーポン情報には、割引価格と期限・対象倉庫店舗が書かれています

多くの商品は全倉庫店舗対象となっていますが、稀に特定の倉庫店舗のみ対象となっているクーポンがあるので注意しましょう。

毎週特別価格で販売している商品がある

コストコは割引クーポンの他に、毎週特別価格で販売している商品があります。

コストコ人気商品も特別価格になっている時があるので、随時チェックすることをおすすめします。

通常のスーパーで割引になりにくいフルーツやパン類も割引している時があるので、よりコスパ良く購入したいという人は、特別価格のタイミングを狙って購入しましょう。

コストコが株主優待を新設した時に優待を受け取る方法

コストコホールジャパン株式会社が株式上場した場合、株主優待を新設すると株主優待をうけることができます。

これからコストコが株主優待を新設した場合に優待を受け取る方法を紹介します。

株主優待の内容によって条件が若干異なるので、予想と違う場合もありますが、大枠の手順は同じなので、今後の為にも事前準備しておきましょう。

コストコの株主優待の内容をチェックしよう

コストコの株主優待が新設された場合、株主優待内容が会社側から提示されます。

多くの会社は100株以上から株主優待を設定しているので、100株保有できる資金を用意する必要があります

100株に必要な資金は株価によって変動するので、いくら必要になるか明言することはできませんが、数十万円程度の資金は必要になるでしょう。

株主優待を受ける条件を満たしていれば優待を受けることができますが、優待内容が自分の思っている通りのものではない場合があります。

一般的に提供されている優待内容

  • 自社商品
  • 商品カタログ
  • 自社サービス割引
  • 社会貢献

株主優待といっても会社ごとに優待内容は異なるので、自分の欲しい優待内容にならないこともあることを把握しておきましょう。

コストコの銘柄を提供している証券会社で口座開設する

株主優待の内容をチェックした後は、コストコの株を購入する為に証券会社で口座開設します。

証券会社によって取り扱い銘柄が多少異なるので、コストコの株を提供している証券会社かどうか事前にチェックしておきましょう。

既に証券会社の口座を持っている人は、新しく口座開設する必要はありませんが、コストコの株を提供していない証券会社だった場合、口座開設が必要となります。

どの証券会社が対応なのか又は非対応になるのか予想はできませんが、日本株式なので大半の証券会社で購入できると予想できます。

権利確定日までに株を購入しよう

コストコに株主優待が新設されると、権利確定日までに株を保有する必要があります。

会社側が決定した株主優待の内容をチェックして、権利確定日を把握しておきましょう。

会社によって株主優待が年に2回おこなわれるところと、1回のところがあります。

複数回実施される場合、権利確定日は年に2回あることになるので、各日付をチェックしておきましょう。

コストコの株主優待が新設したら金券ショップで入手できる?

逆張りオタクとは

株主優待は株を購入しなくても入手する方法があります。

優待内容が割引券や無料引換券だった場合、金券ショップで手に入れることができます。

コストコの株主優待は内容が予想できないので、金券ショップで入手できるかは不明です。

もしコストコの優待内容が割引券等であれば、金券ショップで入手可能となります。

投資資金が足りないという人は、金券ショップやオンラインチケット販売などを通して入手することを検討してみてください。

株主優待の内容によって異なる

金券ショップに出品されるかは株主優待の内容によって異なります

コストコの株主優待が、自社商品提供であったり優待カードであったりすると金券ショップで購入することは難しくなります。

マクドナルドやANAの株主優待のように金券ショップで売ることができる物が優待内容にならないと難しいことを把握しておきましょう。

コストコは株式上場して株主優待を新設する可能性はある?

逆説

コストコが今後株式上場した場合、株主優待を新設する可能性についてですが結論から言うと低いです。

コストコは外資系企業なので、株式優待を導入する文化がありません。

日本にもいくつか外資系企業がありますが、株主優待のある株はごくわずかです。

しかし、可能性が低いとしても株主優待を実施している外資系企業もあるので期待ゼロという訳ではありません

コストコは外資企業なので可能性は低い

コストコは本社がアメリカにあり、コストコホールセールジャパン株式会社は子会社になります。

大元の会社が海外にある会社は株主優待を実施する可能性が低い傾向があり、コストコも上場したとしても株主優待を実施しない可能性があります。

同じ外資企業であるスターバックスは株主優待制度を提供していた

外資系の企業は株主優待を提供しないイメージがありますが、スターバックスは株主優待を実施していました。

スターバックスの株主優待は高い人気を得ていましたが、現在非上場に戻っている為廃止しています。

上記のように外資系企業でも株主優待を実施している例はあるので、可能性は少なからずあると捉えておきましょう。

コストコに株主優待はないがお得に商品を購入できるサービスがある

コストコに株主優待はありませんが、お得に商品を購入できるサービスがあることがわかりました。

割引クーポンや特別価格の販売をおこなっているので、よりお得に商品を買いたい人は有効活用していきましょう

株式上場すれば株主優待を新設する可能性がある

コストコは現在非上場企業ですが、株式上場すれば株主優待を新設する可能性はあります。

現在株を購入することはできませんが、コストコの業績などをチェックして上場する可能性を見ておきましょう

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力