株主優待

ダイソー(大創産業)の株価はどうなる?株主優待が今後新設される?予想されている優待内容や上場準備について解説

ダイソーは今後株主優待を実施するのか解説

大創産業は、100円ショップ「ダイソー」を全国展開している会社で、100円ショップ業界でトップを走っています。

海外にもダイソー店舗があるので、海外でも認知度のある大手100円ショップ会社となっています。

ダイソーは、非上場企業で経営していく会社方針なので上場企業ではなく株主優待もありません。し

しかし2017年代あたりからダイソーは上場するのではと噂されています。

今回はダイソーが今後株式市場を上場して株主優待を新設するのかについて詳しく解説していきます。

ダイソーが本当に上場するのか興味のある人や、新設される可能性のある株主優待について知りたい人は参考にしてください

ダイソーは非上場企業なので株主優待は現在無い

ダイソー

ダイソーは現在、非上場企業なので株主優待は実施していません

大創産業の矢野博丈社長は非上場企業のままで運営していく事を経営方針においており、上場していないのが現状です。

株式上場は市場から資金調達することが主な理由で、大創産業は大きな資産があり資金面で余裕があったので上場する必要がなかったと言われています。

しかし、近年ダイソーの方針が少しずつ変わりはじめ資金調達をしようと考えている動きがあります。

【2021年最新】株主優待おすすめランキングTOP10

会社方針として非上場企業であることにこだわりがあった

ダイソーの会社方針として、非上場企業でも良いという考え方で運営していました

海外店舗や全国に店舗を展開している大企業なので、資金も潤沢にあり非上場しなくても会社を大きくしていける力があったという見解があります。

実際2021年現在もダイソーは大企業で100円ショップの代名詞とも言われている大手会社です。

しかし創業2代目になり事業を継承するために、株式上場をして事業を売ろうとしていると日経ビジネスで報じられました。

創業2代目を決めるような動きになると今後IPO市場に乗り出す可能性がでてきています。

大創産業は知名度もあり上場すれば高い人気を得る可能性がある

ダイソーは知名度もあり、海外にも店舗が存在するので上場すれば投資家から高い人気を得られることが予想できます

コロナショックにより販売業界は打撃を受けていますが、100円ショップやホームセンターといった業界は逆に業績を伸ばしている企業もあります。

今後上場して株主優待も新設されれば、人気銘柄になる可能性が高いです。

ダイソーは今後上場する可能性はある?

確率を上げる方法

日経ビジネスで報じられているように、ダイソーは今後株式上場する可能性があります。

可能性があるというだけで上場はまだ確定していません

2021年現時点で上場を発表していないので、今後どうなるか確定的な動きはわかりませんが可能性が高いことは把握しておきましょう。

2017年時点で株式上場を準備している噂があった

2017年11月15日の日経ビジネスの記事で、「100円ショップ最大手、事業継承カウントダウン」という題名で株式上場の準備をはじめている記事が報じられました。

ダイソーの業績を見る限り株式市場からの評価も低くなく、株主優待が新設される場合、株主優待目的で投資する人も増えると予想されます。

更に2020年に上場が期待される会社に名前が乗っていたので、株式上場は秒読みなのではないかと噂している投資家が多いです。

2021年に上場する可能性が高いとされている

2020年にダイソーは株式上場を果たしませんでしたが、2021年に上場する可能性は充分にあります。

2017年頃から事業継承を噂されている企業なので、2021年に上場しなかったとしても数年以内に株式上場すると言われています

大創産業の矢野博丈社長は年齢もかなり高齢になってきている為、これからの数年間はダイソーの動きから目が離せません。

ダイソーが株式上場すると株主優待は受取れる?

いつ届く

ダイソーが株式上場すると、株主優待目的で投資している人たちは優待内容が気になります。

しかし実際に上場している企業で株主優待を実施していない所もあります

会社方針によって、利益還元を株主優待で行うかは変わってくるので、株式上場したからといって一概にも株主優待が新設される訳ではありません。

会社方針によって新設する可能性がある

各会社の考え方によって株主優待は変わります。

営業利益を株主優待や配当に回さず商品割引などで還元していく企業や、配当利回りを高くして還元していく企業など、考え方は多数あるのでダイソーが確実に株主優待を実施するかは不明です。

しかしダイソーが株主優待を実施した場合、人気企業なので優待目的で株を購入する人たちが増加することが予想できます

資金調達面を考えると株主優待を提供する可能性もあることを把握しておきましょう。

ダイソーの株主優待の内容を予想

もしダイソーの株主優待が新設されたらどんな内容になるのか予想してみました。

現在企業が提供している株主優待の内容は、色々な物がありますが大きくジャンル訳することができます。

一般的な株主優待内容

  • 優待券
  • 自社商品
  • クオカード
  • 商品カタログ
  • 寄付
  • 食品

ダイソーの場合、販売業なので優待券や自社商品になる線が濃厚です。

優待券

ダイソーの株主優待が優待券になる可能性は高い印象があります。

理由として、同じ100円ショップを展開している「キャンドゥ」は100円割引券を配布しているからです

同じ業界が優待券を提供しているので、ダイソーも同じジャンルで提供するのではないかと予想できます。

自社製品詰め合わせ

店舗で優待券を利用するのではなく、ダイソーに売っている商品を貰える可能性もあります。

100円ショップ「キャンドゥ」は優待券を返品すると自社商品と交換する制度がありました

現在は廃止していますが、ダイソーも同じ業界なので似たような内容にする可能性があります。

商品カタログ

商品カタログは、自社製品でない物も選ぶことが可能です。

主に不動産事業をおこなっているところや、自社商品が物販ではない企業が提供している印象があります。

ダイソーが商品カタログを提供する可能性は未知数ですが、他の会社で提供している事例があることを把握しておきましょう

ダイソーが株式上場した場合に株を購入する方法

ダイソーが株式上場した場合、すぐに株を購入できるわけではありません

株式上場をすると新規公開株のジャンルに入り、IPOの抽選をおこなって当選しないと株を購入することができません。

一般公開されてから買うことも可能ですが、IPO抽選で当選した場合割安で株を購入できる上に大きな利益も見込めるのでかなりお得になります。

IPO株に応募する

ダイソーのIPO株を提供している証券会社で、抽選を受ける必要があります。

IPO株は各証券会社に振り分けられますが、振り分けが各証券会社によって異なります。

少ない振り分けの証券会社で応募した場合、当選確立がかなり低くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

IPO株は初心者でも投資できる?メリット・デメリットやおすすめの証券会社を紹介

一般公開されてから証券口座から株を購入する

IPO株は当選確率が低いので、当たらない可能性もあります。

IPO株に当選しなかった場合は、一般公開されてから株を購入することができます

一般公開されてからでも、新規公開株は上昇する傾向があるので充分利益を狙うことができます。

稀に暴落することもあるので、株価変動のリスクを考えて投資するように心がけましょう。

ダイソーは近々株式上場する可能性が高い会社

ダイソーは株式上場する可能性が高い会社ということがわかりました。

株式上場を果たすと株主優待を新設する可能性があるので、優待目的で投資をしている人はダイソーの株式上場について随時チェックしておきましょう